キラッとわたしのチャンネルやってみた!! 4月からテレビ東京ほかにて新番組「キラッとプリ☆チャン」放送開始!

株式会社タカラトミーアーツ 2018年01月24日

From PR TIMES

「プリティーシリーズ新プロジェクト」第2弾

 2010年7月にアミューズメントゲーム『プリティーリズム・ミニスカート』が稼動開始し、翌2011年4月からは『プリティーリズム・オーロラドリーム』としてテレビアニメ化スタート。その後『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』『プリティーリズム・レインボーライブ』を経て、2014年7月からは『プリパラ』が展開を開始、2017年4月からの『アイドルタイムプリパラ』へと続き、8年間継続してきた「プリティーシリーズ」は、“女の子の夢を形にするコンテンツ”として女児を中心に広く愛され、2020年には誕生から10周年をむかえます。

 この「プリティーシリーズ」の新たなプロジェクトとして、歴代の主人公たちを集めた「プリティーオールフレンズプロジェクト」が既に発表されていますが、この度第2弾となる新プロジェクト『キラッとプリ☆チャン』を2018年4月から展開することに決定いたしました。アニメ新番組を中心に、アミューズメントゲームも生まれ変わります。



★テーマは「チャンネル発信」!新番組『キラッとプリ☆チャン』4月放送開始!
[画像1: (リンク ») ]

常に女児のトレンドに寄り添ってきた「プリティーシリーズ」。今回のコンセプトも“イマドキの女の子”の心を捉えるものになっています。

アンケートによると、3歳から9歳の女児の60%以上はスマートフォンやタブレットを日常的に使用。「インターネットによる動画サイトを利用している」と答えた女児も55%以上にのぼります(※)。また、人気小学生YouTuberが誕生するなど、動画サイトは子どもたちにとってますます身近なものとなっています。
※2017年タカラトミーアーツ調べ(N=600)。

そんな「動画サイト」「自分発信」をキーワードに、これまで「プリティーシリーズ」が育んできた“歌とダンス”、“おしゃれ”、“友だち”というテーマを融合した新コンテンツ、それが『キラッとプリ☆チャン』です。

『キラッとプリ☆チャン』の世界では、大企業や有名人は「プリ☆チャンシステム」を使って様々な番組を放送しています。「プリ☆チャン」はテレビやスマホで見ることができる国民的エンターテイメントで、女の子たちの夢は「プリ☆チャン」で自分だけのチャンネルをプロデュースして「大人気プリ☆チャンアイドル」を目指すこと。そんな世界を舞台に、なりゆきで「プリ☆チャン」デビューした2人の中学1年生が物語を繰り広げます。

新番組『キラッとプリ☆チャン』はテレビ東京系6局ネット、BSジャパンにて2018年4月から放送スタートです!
[画像2: (リンク ») ]

桃山みらい(CV:林 鼓子)
きらりヶ丘中学校の1年生。好奇心旺盛なわりに引っ込み思案で、自分からグイグイ前に出るのは苦手。幼なじみのえもに引っ張られて行動することが多い。人が普段は気づかない“キラッときらめく良い所”を見つけるのが得意。趣味はヘタウマなイラストを描くこと。口癖は「キラッと☆」。
[画像3: (リンク ») ]

萌黄えも(CV:久保田未夢)
きらりヶ丘中学校の1年生。みらいの幼なじみ。スポーツ万能で、考えるより先に行動するタイプ。流行にも敏感で情報通だが、反面飽きっぽい一面も。自分のことよりもまず他人のために動く。基本、お節介。学校ではチアリーディング部に所属している。口癖は「えもい」。

[画像4: (リンク ») ]

青葉りんか(CV:厚木那奈美)
きらりヶ丘中学校の1年生。みらい、えもの同級生。クールでしっかり者。物静かな優等生タイプだが、なぜかプリ☆チャンのことに詳しく、プリ☆チャンデビューしたみらいとえものマネージャー役として二人をサポートする。



★「キラッとプリントシステム」「フォロチケ」がポイントの新筐体登場!
アニメの世界観を再現し、女の子たちにリアルな“アイドル体験”を提供している「プリティーシリーズ」のアミューズメントゲーム。 100円を入れ、写真撮影やライブ体験リズムゲームを遊ぶと、最後にゲームで使えるファッションアイテムと、自分のキャラクターのアイドル名刺が印刷された「プリチケ」がもらえるシステムに加えて、 2018年4月から稼動開始する新アミューズメント筐体『キラッとプリ☆チャン』では2つの新システムを搭載いたします。
[画像5: (リンク ») ]

まずは「キラッとプリントシステム」。ゲーム中に「キラッとボタン」が7色に輝くと、“超あたり”のキラキラ輝く「キラチケ」をゲットすることができます。
[画像6: (リンク ») ]

もう一つは「フォロチケ」。これまでの筐体では、ゲームで配出された「プリチケ」のアイドル名刺部分(=「トモチケ」)をパキッ!と折って切り離し、友だち同士で交換しお互いのキャラクターを自分のライブゲームに登場させる「トモチケ交換」がムーブメントを巻き起こしました。 『キラッとプリ☆チャン』では、ここにSNSの要素を追加した「フォロチケ」を新たに採用。「フォロチケ」をゲームに読み込むと、お互いのキャラクターがネットワークでつながってフォロワーになり、「いいね★」を送りあうことができます。フォロワーが増えてつながっていくSNSの喜びを、「フォロチケ交換」というアクションとゲーム筐体のビジュアルで体感できる新時代のコミュニケーションスタイル。それが『キラッとプリ☆チャン』 の「フォロチケ」です。


[画像7: (リンク ») ]

★アニメ『キラッとプリ☆チャン』番組概要


タイトル:キラッとプリ☆チャン
放送:2018年4月アニメ放送開始 テレビ東京系6局ネット+BSジャパンにて
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア
アニメーション制作:タツノコプロ・Dongwoo A & E
監督:博史池畠
シリーズ構成:兵頭一歩
キャラクターデザイン:満田 一
音楽:加藤達也
主題歌:Run Girls, Run/タイトル未定
コピーライト:(C) T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH製作委員会
ストーリー:プリ☆チャン! それは……
誰でも簡単にはじめることができて、誰でもアイドルになれる夢のチャンネル!
キラッとトキめく自分だけのチャンネルをプロデュースして、大人気プリ☆チャンアイドルを目指すのが、女の子みんなに共通の夢……

きらりヶ丘中学1年の桃山みらいと萌黄えもは、同じ学校の人気プリ☆チャンアイドル・赤城あんなへの対抗意識から、なりゆきでプリ☆チャンデビューすることになってしまう。

プリ☆チャンに詳しい優等生・青葉りんかを仲間に入れて、トッププリ☆チャンアイドルを夢見る3人のチャンネル作りが始まった……。
キャスト
桃山(ももやま)みらい:林 鼓子
萌黄(もえぎ)えも:久保田未夢
青葉(あおば)りんか:厚木那奈美   ほか
番組HP: (リンク »)
製作委員会参加企業(50音順)
エイベックス・ピクチャーズ株式会社/株式会社小学館/株式会社タカラトミーアーツ/株式会社タツノコプロ/株式会社テレビ東京/Dongwoo A & E CO., LTD /株式会社日本アドシステムズ



★「プリティーオールフレンズプロジェクト」続報!
昨年末に発表された「プリティーオールフレンズプロジェクト」。『プリティーリズム・オーロラドリーム』から『アイドルタイムプリパラ』まで、歴代5作品の主人公たちが新衣装を着たビジュアルを描き下ろしています。

今後、このブランドでグッズの商品化など、様々な展開を予定しております。
詳細は順次発表いたしますのでご期待ください!

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]