製造業向けIoTフィールドサービス効率化支援パッケージの販売を開始

東京エレクトロン デバイス株式会社 2018年01月24日

From PR TIMES

~IoTと業務システムを効果的に連携し、ダウンタイムと保守コストを削減~

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、製造業向けIoTフィールドサービス効率化支援パッケージを2018年1月24日より販売します。



・背景
IoT 市場は着実に拡大しており、今後も高い成長性が期待されています。IoTサービスの現場では、これまでのPoC を目的とした「データの可視化」から、そのデータを活用した本格運用への拡張や、人的リソースの最適化などの業務との連携が求められています。特に製造業では、機器の故障によるダウンタイムの削減を目的とした定期的なメンテナンスや迅速な修理のために、IoTを用いたフィールドサービス業務の効率化への関心が高まっています。しかし既存のIoTサービスでは、IoT機器から取得したデータの可視化やアラートを上げることはできますが、アラート情報への対応やタスク管理機能は別に用意する必要があります。

・製造業向けIoTフィールドサービス効率化支援パッケージの内容
製造業向けIoTフィールドサービス効率化支援パッケージは、IoT機器からのアラート情報を自動的にタスクに挙げ、保守要員アサインや作業指示書作成などのタスクのマネジメントを簡単に実現するための支援パッケージです。マイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft Azureと Microsoft Dynamics 365 for Field Serviceを活用することにより、迅速な問題対応やタスク管理を行い、必要に応じて保守要員を効率的にアサインすることで、ダウンタイムの削減と保守コストの削減が可能です。また、これまで独立していたIoTサービス開発とOT(Operational Technology)開発のプラットフォームを統一することで効率化が図れ、開発工数の削減が可能です。機械学習を用いた故障予測による予兆保守を行うことで顧客満足度向上も実現します。

TEDは、IoT市場、特に製造業のお客様へのご提案で培った技術力、ナレッジと、Microsoft Azure を使ったIoTを融合することで製造業向けフィールドサービス業務の効率化を支援します。

[画像1: (リンク ») ]

                 IoT × フィールドサービス連携イメージ

[画像2: (リンク ») ]

           Microsoft AzureとMicrosoft Dynamics 365のアーキテクチャ

・実現できる効果の例
・これまで独立していたIoTサービス開発とOT開発の融合による効率的かつ迅速なシステム開発が可能。(開発工数の削減)
・ IoT機器からのアラートを即座に検知し、タスク管理を行うことによる迅速な問題対応および収束に向けた管理(ダウンタイムの削減)
・必要な場合のみ適切な技術者を最短経路で派遣し、1度の訪問での修理完了が可能(保守コストの削減)
・ 機械学習を活用し、故障予測することで、予兆保守を実現(顧客満足度の向上)[平 梨恵1]

・製造業フィールドサービス効率化支援パッケージ内容
・ Microsoft Dynamics 365 for Field Serviceを含むライセンス使用料
・Microsoft Dynamics 365 for Field Service初期設定、コンサルティング
・Microsoft Azureの従量課金使用料
・Microsoft Azure環境構築、サポート
・Power BI Pro 画面設定、サポート
※IoTセンサー・デバイス、IoTゲートウェイ機器もご紹介可能です

・提供価格
月額50万円(税別)~  1か月からのご利用が可能

今後について
お客様のご要望に合わせて、IoTセンサー・デバイス、IoTゲートウェイ機器とMicrosoft Dynamics 365 for Field Serviceを組み合わせたキットの販売を検討しています。

なお、2018年1月25~26日に東京コンファレンスセンター有明で開催される「IoT in Action–日本」(日本マイクロソフト社主催)のTEDブースにて、IoTフィールドサービスのデモを展示します。
(リンク »)

■日本マイクロソフト株式会社からのエンドースコメント
「日本マイクロソフトは、このたびの東京エレクトロン デバイス株式会社のMicrosoft AzureおよびMicrosoft Dynamics 365 for Field Serviceを使用した「製造業向けIoTフィールドサービス効率化支援パッケージ」の販売開始を歓迎いたします。今回のパッケージを通じて、IoTの現場において課題となっている「データの可視化」を行い、そのデータを活用しダウンタイムなどの削減と現場のフィールドサービス業務の効率化が期待されます。日本マイクロソフトは今後とも東京エレクトロン デバイス株式会社様と連携して製造業IoTを推進し、日本の製造業界のデジタルトランスフォーメーションに貢献してまいります。」
日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 チャネルパートナー営業本部長
大木淳一

東京エレクトロン デバイス株式会社について
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL: (リンク »)

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室 堀田・平
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム: (リンク »)

<本サービスに関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社
IoTカンパニー エンベデッドソリューション部
Tel:045-443-4021
お問い合わせフォーム: (リンク »)

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]