リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発(三井住友海上)

三井住友海上火災保険株式会社 2018年01月25日

From PR TIMES

~360度カメラを活用した倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール~ 



~倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール~
リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、
スマートフォン向けリスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」の提供を、12月から開始しました。
「リスクハンター」は、360度カメラで撮影した倉庫内の映像を見ながら、危険がある場所を探し、画面をタッチする学習ツールです。主に物流事業者の従業員を対象に、スマートフォンを操作しながらゲーム感覚で学ぶことができ、貨物事故防止にご活用いただけます。当社は、今後もお客さまニーズにお応えし、事故防止につながるサービスの提供に努めていきます。
(リンク »)

1.開発の背景
近年の労働力不足を背景に、非熟練労働者やアルバイト従業員が増加しており、企業の安全管理者にとって貨物事故の防止が重要な課題となっています。こうした課題の解決を支援するため、当社は本アプリを開発しました。

2.リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」の概要
(1)対象者
全ての法人企業(当社のご契約者以外も利用可能)
(2)利用方法
お客さまから当社へ所定の利用申込書を提出いただき、当社は専用ページのURLとID・パスワードを企業の安全管理者の方へご案内します。管理者は専用ページにて従業員毎の成績状況等を確認することができます。
(3)利用料:無料
※ただし、アプリをダウンロードする際の通信費は、スマートフォン等の端末を所有する方のご負担となります。

3.リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」の特長

[画像1: (リンク ») ]


ステージ上の「注意ポイント」を探し出すことで、作業時の危険に関する“気づき”を与えることができます。
[画像2: (リンク ») ]


リスクを発見するたびに得点が加算されるとともに、具体的な事故防止策を学習することができます。


[画像3: (リンク ») ]


詳しい事故防止策について、当社より「注意ポイント解説書」をお渡しし、詳しい事故防止策に関する知識の定着をサポート致します。


4.サービス導入の流れ

[画像4: (リンク ») ]


5.今後の展開について
今後、トラックへの貨物の積み込み時やフォークリフト作業中などのリスク軽減ニーズにも応える
ことで、物流現場のさまざまな場面で発生している貨物事故防止に役立てていきます。

以 上

<本件に関するお問い合わせ先>
三井住友海上火災保険株式会社 
海上保険部  企画営推チーム   課長代理 内山 智史 / 濱口 理香
MAIL: cargo_sales_promotion@ms-ins.com
TEL:03-3259-4545

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

三井住友海上火災保険株式会社の関連情報

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]