スマートフォンアプリ 「ケロッグ公式アプリ」 が新登場!

日本ケロッグ合同会社 2018年01月25日

From PR TIMES

シリアル日本発売55th 特設サイトもオープン

シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行者社長:井上ゆかり)は、最新情報のお知らせやアプリユーザー限定クーポンなどを提供するスマートフォンアプリ「ケロッグ公式アプリ」を2018年1月24日(水)より配信開始いたしました。 また、シリアル日本発売55周年を記念した「55th特設サイト」も、2018年1月15日(月)にオープンいたしました。



■ケロッグ初のスマートフォンアプリ 「ケロッグ公式アプリ」 が新登場!

[画像1: (リンク ») ]


日本ケロッグ初となる公式スマートフォンアプリ「ケロッグ公式アプリ」は、新製品の発売情報や製品ごとのおすすめレシピのご紹介、飲食店とのコラボレーションメニューのお知らせ、また、各ブランドの製品詳細も確認できるなど、ケロッグのさまざまな情報をタイムリーにお届けする便利なアプリです。さらに、アプリユーザー限定クーポン*1もご提供いたします。 *1時期により配信がない場合がございます。あらかじめご了承ください。


[画像2: (リンク ») ]



今後も「ケロッグ公式アプリ」では、製品情報やクーポンのご提供のほか、サンプリングなどのキャンペーン応募のご案内や商品を活用したレシピのご紹介といったいろいろな企画との連携やYouTubeで発信しているコンテンツ情報の更新などを順次実施予定です*2。*2アプリのプッシュ通知をオンにすることで、いち早く簡単に確認いただけます。


■今後もいろいろなキャンペーンや企画をアプリ内でお知らせ予定。ダウンロードはこちらから!

ダウンロードURLおよびQRコード :
[画像3: (リンク ») ]



(リンク »)
(*App StoreおよびGoogle Play共通のURLとなります)

※本アプリは、一部ご利用いただけないOSバージョンや一部の機種にて正常に動作しない場合がございますので、あらかじめご了承ください。


■シリアル日本発売55th 特設サイトもオープン
[画像4: (リンク ») ]

2018年に、シリアル日本発売から55周年を迎えるにあたって、55th特設サイト( (リンク ») )が2018年1月15日(月)にオープンしました。
日本ケロッグは、「朝食を通じた心とからだの健康」を研究し続けてきた朝食の専門家「ケロッグ」の基本精神を受け継ぎ、1963年の「コーンフレーク」、「コーンフロスト(現:コーンフロスティ)」の発売以来、半世紀以上にわたって、バランスのよい栄養がたっぷり詰まったシリアルを日本の朝の食卓にお届けしてきました。
特設サイトでは、55年間親しまれてきたケロッグシリアルの歴史を、懐かしいパッケージやキャラクターとともに振り返るほか、ケロッグのビンテージデザインを使用したオリジナルの壁紙のプレゼントも実施しています。


[画像5: (リンク ») ]



世界シェアNo.1のシリアルメーカー “ケロッグ”について
ケロッグ社(Kellogg Company)は、人々にとって大切な食品とブランドを通じて、世界に豊かさと楽しさを提供することを使命としています。
1894年にケロッグ社の創設者であるW.K.ケロッグが米国ミシガン州バトルクリークにおいて、保養所の人々のために食物繊維が豊富な穀物を材料に、食べやすく栄養が豊富な食品としてシリアルの原形となる「グラノーズ」を発明してから1世紀以上を経た現在では、180カ国以上で事業を展開する世界的な食品メーカーとなっています。2016年の売上高は130億ドルで、シリアルのメーカーとしては世界第1位、クッキー、クラッカー、スナックのメーカーとしては世界第2位の規模を誇ります。1906年の会社設立から111年にわたりケロッグのシリアルは世界各国においてご支持をいただいております。

日本発売55周年を迎えるケロッグのシリアル
日本ケロッグは、100年以上にわたって「朝食を通じた心とからだの健康」を研究し続けてきた朝食の専門家「ケロッグ」の基本精神を受け継ぎ、1962年に米国ケロッグ社100%出資の日本法人として設立されました。1963年の「コーンフレーク」、「コーンフロスト(現:コーンフロスティ)」の発売以来、半世紀以上にわたって、太陽と大地の恵みを受けて育った、玄米、小麦、大麦、とうもろこしなどの穀物のエネルギーと、バランスのよい栄養がたっぷり詰まったシリアルを日本の朝の食卓にお届けすることを通じて、お客様の気持ち良い一日のスタートを応援しています。日本ケロッグでは、2018年をシリアル日本発売55周年を記念した節目の年とし、消費者の皆様にシリアルのさらなる可能性を提案する商品やニュースを展開してまいります。

ケロッグの朝食提供支援プログラム ” Breakfasts for Better Days™“について
ケロッグ社では、食料支援を必要としている世界中の子どもたちやそのご家族にむけ、2025 年までに全世界で 25 億食分の食料寄贈を計画した朝食提供支援プログラム「Breakfasts for Better DaysTM」を推進しています。日本ケロッグでは、フードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」への製品寄贈に加え、豊島区のNPO法人「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」が運営する子ども食堂(計3ヶ所)や、足立区「居場所を兼ねた学習支援事業」(計3ヶ所)にむけて、利用している子どもたちが朝食用として自宅に持ち帰ることができるよう、シリアルを無償でご提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]