不動産会社からの視点からみた相続税対策|相続専門サイト『相続税・生前贈与対策は和不動産で』を運営している和不動産が主催する、2月開催「相続税対策セミナー」のご案内

株式会社和不動産 2018年01月25日

From PR TIMES

不動産を活用した相続税対策・生前贈与の最新情報をお届けします!

不動産を活用した相続税対策をご紹介する特設サイト『相続税・生前贈与対策は和不動産で』( (リンク ») )の運営、不動産投資コンサルティング事業を行う、アフターフォローが評判の株式会社和不動産(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:仲宗根 和徳、以下 和不動産)は、2018年2月、初心者向け「相続税対策セミナー」を開催いたします。



■相続税改正により過熱する「相続税対策」

平成27年1月に相続税改正が施行され、相続税への対策が必要とされています。

平成26年末までは『5000 万円+ 1000 万円×法定相続人』だった基礎控除が、改正以降『3000 万円+ 600 万円× 法定相続人』に変更になりました。これによって、法定相続人が1人の場合、基礎控除が6000 万円から3600 万円に、2人の場合、7000 万円から4200 万円に、3人の場合、8000 万円から4800 万円に下がることになりました。

基礎控除が引き下げられるということは、課税対象者が増えるということを意味しています。

今回の相続税改正を受け、不動産業界はもちろん金融機関などが相続市場へ積極的に参入し、マーケットが大きく変化するほどのインパクトがありました。
タワーマンション節税や、過熱するアパート融資やサブリース問題などがメディアを賑わせ、様々な専門家の目線から解説した相続税対策に関する書籍も多数出版され、帯を連ねています。

このような状況から、一体どの情報を信じるべきかわからないという人も多いのではないでしょうか。

■『争族』を防ぐ「都心築浅中古ワンルームマンション」を活用した相続税対策セミナー
~初心者歓迎!少人数制「相続税対策セミナー」開催~

相続税が改正されることに伴って、多くの人が相続税対策に取り組みました。特に、相続税対策の王道とされるアパートに代表される貸家の建築は、ブームを迎えています。
相続税対策により貸家建築は右肩上がりの状態。そんな貸家に対するアパート融資額も右肩上がりで、今やあのバブル期の融資額を超えました。しかし、貸家の建築はあくまで相続税対策のためです。

地域によっては増えた貸家に対し入居者の総数が増えていないため、入居実態を伴わない貸家の建築は、バブルのような状態になりつつあります。そんな現状に、金融庁は金融機関に対し、1つ1つの融資案件が本当に相続税対策になっているのかを検査・監督していくよう、警鐘を鳴らしました。

このことから、相続税対策の主流であるアパート建築が有効な相続税対策とはいえなくなり、悩みを抱いている人も増えてきました。そういった悩みを抱えている人に対し、「生前贈与」と「都心の築浅中古ワンルームマンション」を活用し、相続が【争族】になることを防ぎ、相続を受ける側に負担をかけない相続税対策の手法を予備知識のない方でもわかり易くご紹介いたします。興味のある方は是非お気軽に足を運んでいただけたらと思います。


【セミナー開催概要】
■場所:東京・神田 株式会社和不動産 セミナールーム(東京都千代田区神田須田町1-7-9 VORT秋葉原maxim7F)
■アクセス:JR線「秋葉原駅」徒歩5分、JR線「神田駅」徒歩6分
■参加費:500円
■お申込み:セミナー予約フォーム (リンク »)
またはお電話にて受付 Tel:0120-003-753
■セミナー詳細:[ (リンク ») ] (リンク ») (相続税・生前贈与対策は和不動産でに遷移いたします)

※少人数制につき各セミナー先着順、定員になり次第締切とさせていただきます。
※セミナー内容、日時、講師等が変更となる場合がございますので、随時サイトにてご確認ください。

<相続税対策セミナー 2018年2月の日程・内容>

・2/2(金)  60歳からの不動産投資・初心者限定!みなさんからの質問にだけ答えるセミナー
        (リンク »)

・2/7(水)  空前絶後の相続税対策 相続税改正前と改正後を比較した 相続のトレンド分析
        (リンク »)

・2/9(金) 【相続税対策を収益物件で考えている方へ】子どもが喜ぶ相続税対策!木造 VS RC どっちが子どものためになる?
        (リンク »)

・2/14(水)  【相続税対策を収益物件で考えている方へ】収益物件市場は2極化でなく、5極化です。あなたの所有している物件の特徴を確認しましょう!
        (リンク »)

・2/21(水) 【相続税対策を収益物件で考えている方へ】不動産を負動産にしない相続税対策!子供の代で売れなければ、相続税対策は完結しない!
        (リンク »)

・2/23(金)  相続税対策は 「生前贈与×都心・築浅中古ワンルームマンション」で
        (リンク »)

・2/28(水)  ~大切な資産を大切な家族へ~優先順位を整理すれば本当に有効な相続税対策が見えてくる!
        (リンク »)

★その他テーマのセミナー内容詳細・スケジュール、お申し込みはこちら
(リンク ») (和不動産公式HPセミナーページに遷移いたします)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■和不動産特設サイト「相続税・生前贈与対策は和不動産で」の概要■
~ 相続税・生前贈与対策に関するお役立ち情報を提供しています ~
アフターフォローが評判の和不動産が運営している、不動産を活用した具体的な相続税対策や生前贈与、暦年贈与などの情報をご紹介している総合情報サイトです。
相続に関する最新ニュースをお届けする「TOPICS」や、相続に適した物件を比較で学べる「コラム」など様々な情報をお届けしており、都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した効果的な方法をご紹介しています。
・相続税・生前贈与対策は和不動産で (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


◆老後破産を回避するために東京の投資用マンションで個人年金づくりを
定年後のセカンドライフに必要なお金は、いったいどのくらいなのでしょうか?
その金額をはたして貯金を切り崩していくだけで、賄っていけるのでしょうか?
セカンドライフに安定した収入を得ていく現実的な方法は?
本サイトでは、「老後破産とは何か?」「老後破産を回避するには?」「よりリスクが少ない不動産投資とは何か?」
をキーワードに、不動産投資初心者に向け、わかりやすく都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した老後破産対策方法をご紹介しております。
⇒老後破産を回避するために東京の投資用マンションで個人年金づくりを
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]



<運営会社>
社 名:株式会社 和不動産(なごみふどうさん)
設 立:昭和53年10月
資本金:1,500万円
代表者:仲宗根 和徳
免許番号:宅地建物取引業 東京都知事(9)第45405号 | 賃貸住宅管理業 国土交通大臣(1)第4409号
URL: (リンク »)


[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。