編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「ほくぎんビジネスマッチング・システム」のリンカーズ株式会社との共同開発について

株式会社北陸銀行

From: PR TIMES

2018-01-25 16:32

北陸銀行(頭取 庵 栄伸)は、リンカーズ株式会社(代表取締役社長 前田 佳宏)と共同開発した「ほくぎんビジネスマッチング・システム」の運用を開始いたします。
「ほくぎんビジネスマッチング・システム」は、お取引先が抱える様々なビジネスマッチングのご要望に関し、解決に向けてのご提案をシステマチックに実施するための仕組みです。
本システムはクラウドを活用したお取引先との情報共有が最大の特徴であり、このような仕組みを用いたビジネスマッチング・システムの運用開始は、国内金融機関では初となります。



[画像: (リンク ») ]

本システムは、北陸銀行のお取引先であれば利用することができ、利用料はかかりません。
本システムの特徴・目的は、下記のとおりです。
北陸銀行はこれからも、お取引先の販路拡大等の支援を通し、地域経済の活性化に貢献してま
いります。


■名称
ほくぎんビジネスマッチング・システム

■特徴
1. クラウド上で運用
2. クラウド活用で、外部との連携が容易、変化に対する順応性が高い。
3. お取引先は、商材・サービスを直接システムに入力し、自社PR が可能。
4. お取引先と当行が双方向で情報共有が可能。
※お取引先は自社の案件サイトのみ閲覧可。システム本体へのアクセス不可

■目的
 1. コンサルティング営業の強化
  ・お取引先の案件情報の資料や動画掲載も可能であり、行員は他のお取引先へ具体的かつ分かりやすくご案内ができるため、提案件数の増加が期待できる。
  ・行員はタブレットで、お取引先にその場で案件の紹介が可能。
  ・銀行全体のビジネスマッチング提案状況が見える化し、良好事例が共有可能。
 2. 事務効率化
  ・マッチングにかかる書類をペーパーレスに。
  ・紹介後の進捗状況の把握が容易。

■開発経緯
リンカーズ(株)とは平成27年8月7日に地方銀行初となる業務提携を行いました。それ以来、お互いのネットワーク活用することで、お取引先によりよいサービスがご提供できる方法を検討し、今回の共同開発に至りました。

■リンカーズの役割
システムの提供・運営・管理をリンカーズ株式会社が行います。ただし、当システム内の情報については利用できません。

◆将来は、AIの導入や、他行の本システム採用、またリンカーズ(株)との新たな技術シーズマッチングなどによりお取引先への新たなご提案が可能となるよう引き続きシステムの改善・開発をすすめていく予定です。

◆リンカーズ株式会社について( (リンク ») )
・所在地:東京都中央区日本橋本町2-2-2 日本橋本町YS ビル
・代表者:前田 佳宏
・設 立:2012 年4 月・資本金:7 億3583 万円(資本準備金3 億3891 万円含む)
・事業内容:ものづくり系マッチングサービス「Linkers(リンカーズ)」( (リンク ») )の運営。Web 展示会システム「eEXPO(イーエキスポ)」( (リンク ») )の運営。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]