2/14(水)、ETロボコン2018開催記者発表会のご案内

アフレル 2018年01月26日

From PR TIMES

~AIとエンジニアの情熱が試される難コースを初披露~

組込みシステム分野における技術教育・若手人材育成をテーマとしたETソフトウェアデザインロボットコンテスト(愛称:ETロボコン、主催:一般社団法人 組込みシステム技術協会)は、2018年2月14日(水)、開催記者発表会を実施いたします。



[画像1: (リンク ») ]

全国12の地区で地区大会を開催し、高校生から社会人までがソフトウェア設計内容とスキルを競うETロボコン( (リンク ») )は、毎年コースと課題が変わり、本発表会におきまして初のコース披露が予定されています。今年はAIの活用も視野に入れたゲームが用意されており、発表会当日は競技部門の概要だけでなく、新コースを用いた走行デモンストレーションも実施いたします。お忙しいことと存じますが、ぜひご出席、ご取材を賜りたくお願い申し上げます。

[画像2: (リンク ») ]


♦ETロボコン2018開催記者発表会


日時:2018年2月14日(水) 14:30~16:30(受付開始 14:15~)
会場:ふくい南青山291(東京都港区南青山5丁目4-41)  (リンク »)


♦アジェンダ


主催挨拶 (一社)組込みシステム技術協会 理事 渡辺博之
ETロボコン2018全体内容 ETロボコン本部共同企画委員長 小林靖英
競技内容(新コースによる走行デモ) ETロボコン本部技術委員長 江口亨
モデル審査について  ETロボコン本部審査委員長 土樋祐希
質疑応答


「ETロボコン」とは?(ETソフトウェアデザインロボットコンテスト 愛称ETロボコン)
日本の産業競争力に欠くことのできないきわめて重要な「組込みシステム」分野における産業教育をテーマに、レゴ(R) マインドストーム(R)の車体で決められたコースを自律走行する競技と、製品・サービスを開発し披露する2つの部門競技です。企業エンジニアを含めたオープン参加型のソフトウェアを競うロボコンで、各企業団体との連携協力により開催されます。2002年UMLロボットコンテストとして始まり、2005年よりETロボコンと愛称を変え、今年で通算17回目の開催となります。 (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。