国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」、IoTサービス開発を支援する「KDDI IoTクラウド API Market」へAPI提供開始

株式会社つみき 2018年01月29日

From PR TIMES

映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)のデータをIoTサービス開発に活用

この度、株式会社つみき(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鈴木貴幸)は、KDDI株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中孝司)の「KDDI IoTクラウド API Market」に、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のAPI(※)提供を開始しました。



[画像1: (リンク ») ]

今回のAPI提供により、Filmarksのデータを活用したIoTサービス開発が可能になります。現段階では、初期提供データとして、Filmarksの映画スコアとレビューを取得することができます。

●Filmarks 映画スコア&レビュー取得API
Filmarksに投稿されている4,000万件以上の映画スコアとレビューを取得することができます。登録されている映画作品数は7万件以上。映画タイトルによる検索にマッチした情報を返却します。

活用例:VUI/CUIでの問い合わせへの応答
声でコンピューターや端末をコントロールできるようにするVUI(Voice User Interface)やAIとの対話を通して各種サービスを利用できるようにする CUI(Conversational User Interface)おいて、「『〇〇〇(映画タイトル)』のスコア/レビューを教えて」という問いかけに対し、対象となる映画作品のスコア/レビューを応答。また、映画作品情報を扱っているサービスで、Filmarksのスコア/レビューを掲載することも可能です。

動画配信サービスの普及によって様々なシーンやデバイスで映画を鑑賞する機会が増加し、また、IoT機器によってカスタマの行動の多様化が進む現在。株式会社つみきはFilmarks APIの提供を通じ、API利用者の皆さまとカスタマのニーズに応えていきます。

●今後提供予定のデータ・機能について
要望に応じて、下記をはじめとするデータ及び機能を提供予定です。
・Filmarks初日満足度ランキング
・Filmarks期待度ランキング
・映画の感情検索(笑える/泣ける)
・季節の映画検索
・評価の高い映画の検索
・映画賞受賞映画の検索
・映画館検索
・上映スケジュール検索
・キャスト/スタッフ検索
・ドラマ情報
など

■「KDDI IoTクラウド API Market」とは
「KDDI IoTクラウド API Market」は、自社のデータやサービスをAPIを通して提供する企業と、さまざまなAPIを利用して新しいサービスを開発したい企業をつなげるAPIマーケットプレイスです。
これまで新しいサービスを開発する際は自社開発、もしくは個別に外部のAPIを探して契約する必要がありましたが、「KDDI IoTクラウド API Market」を利用することにより、多様なAPIラインアップの中から選択してサービス開発が可能となります。

※ API(Application Programming Interface):アプリケーション(サービスやソフトウェア)同士をつなぐための仕組み。

《本件に関するお問い合わせ先》
(リンク »)

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

[画像2: (リンク ») ]

映画レビュー数4,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。

【サービス概要】


サービス名:Filmarks(フィルマークス)
価格:無料
WEB: (リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]