KDDIのAPIマーケットプレイスに、1→10driveがSmart Touch System『スマッチ』を提供

ワントゥーテン 2018年01月29日

From PR TIMES

空間拡張による豊かな体験をもたらす社会インフラづくりを推進

株式会社ワントゥーテンドライブ(東京オフィス:品川区、代表:梅田亮、以下 1→10drive)は、KDDI株式会社のAPIマーケットプレイス「KDDI IoTクラウド API Market」に参加し、Smart Touch System『スマッチ』を提供いたします。



測域センサ ※ とプロジェクターを活用し、簡単な設置だけで、壁や床などのあらゆる面をタッチ画面化する PC アプリ『スマッチ(Smart Touch System)』を、「KDDI IoTクラウド API Market」を通じて提供することで、より幅広い商業施設やコンテンツ開発事業者にご利用していただけるようになります。

※ 測域センサとは:
空間の物理的な形状データを出力することができる走査型の光波距離計。レーザースキャナー、3Dスキャナーともいう。

提供当初は「KDDI IoTクラウド API Market」の機能のひとつであるビジネスマッチングにより、商業施設様への普及を図ってまいります。なお本年中には、スマッチSDKやAPIの提供も目指してまいります。
これにより、既存のあらゆるスペース(商業施設やオフィスビル)をインタラクティブな空間に拡張させ、来店顧客やオフィスワーカーにより豊かな体験を提供できる社会インフラづくりを推進してまいります。

■『スマッチ(Smart Touch System)』について

[画像1: (リンク ») ]

【『スマッチ(Smart Touch System)』の活用例】
日常生活から遊具施設やテーマパークなど特別な環境まで、あらゆるシーンでの活用をご紹介いたします。
1. アミューズメントスペースなどの遊具として
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


2. ショッピングモールなど商業施設の壁の有効活用
[画像4: (リンク ») ]


3. 授業や学会、ビジネスシーンなどでのプレゼンテーションに
[画像5: (リンク ») ]


【『スマッチ(Smart Touch System)』のしくみ】
測域センサが壁や床の面に沿って赤外線を出し、それを手や足などが遮った際に、「タッチした」という情報としてPCが処理し、リアルタイムでビジュアルを生成し、プロジェクター(やその他ディスプレイ)に映像としてインタラクティブに反映されます。
これにより、タッチ式のスクリーンに限らず、どんな面でもタッチ画面化できます。さらに、通常のタッチスクリーンでは反応しない手袋や靴ごしのタッチでも反応いたします。

■「KDDI IoT クラウド API Market」について  (リンク »)
「KDDI IoTクラウド API Market」は、自社のデータやサービスをAPIを通して提供する企業と、さまざまなAPIを利用して新しいサービスを開発したい企業をつなげるAPIマーケットプレイスです。
これまで新しいサービスを開発する際は自社開発、もしくは個別に外部のAPIを探して契約する必要がありましたが、「KDDI IoTクラウド API Market」を利用することにより、多様なAPIラインアップの中から選択してサービス開発が可能となります。

■1→10drive について  (リンク »)
2015 年設立のexperience maker。プロダクトの根本をつくるプロトタイピングにより、従来の次元を超える体験を生み出すことで、人々の楽しさや利便性をアップデートし、次世代へ繋がる製品やサービスをつくり続けている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]