イオン銀行、イオンクレジットサービスがKDDIエボルバの協力のもとAI自動チャットサービスを導入

株式会社KDDIエボルバ 2018年01月30日

From PR TIMES

~銀行サービスではビジュアルIVRをSMSでご案内する画期的な仕組みを構築~



イオンフィナンシャルサービス株式会社
株式会社イオン銀行
イオンクレジットサービス株式会社
株式会社KDDIエボルバ


イオンフィナンシャルサービス株式会社(代表取締役社長:河原 健次、以下、イオンフィナンシャルサービス)の子会社である株式会社イオン銀行(代表取締役社長:渡邉 廣之、以下、イオン銀行)およびイオンクレジットサービス株式会社(代表取締役社長:水野 雅夫、以下、イオンクレジットサービス)は、株式会社KDDIエボルバ(代表取締役社長:中澤 雅己、以下、KDDIエボルバ)の協力のもと、AI(人工知能)を活用した自動チャットサービスの提供を2018年1月30日より開始いたします。

イオン銀行およびイオンクレジットサービスでは、これまでお客さまからのお問い合わせに対し、オペレーターやIVR(自動音声応答)による電話応対など、サービス品質の向上に努めてまいりました。この度、スマートフォンの浸透やSNSサービスの普及によるお客さまニーズの変化に伴い、イオン銀行およびイオンクレジットサービスの両社は、ホームページ内に質問を話し言葉で入力いただくと自動で回答する、AI自動チャットサービス窓口を設置いたしました。これまでお問い合わせ窓口の営業時間は9時から21時まででしたが、これによりお客さまは、パソコンやスマートフォンを通じて24時間365日、気軽で便利なお問い合わせ窓口として、AI自動チャットサービスをご選択いただけます。AI自動チャットサービスは、イオン銀行ホームページならびに「暮らしのマネーサイト」のお問い合わせページよりご利用いただけます。併せて、お問い合わせについてお電話、AI自動チャットサービス、FAQ などお客さまの状況に応じて手段をご選択いただけるツールとして、ビジュアルIVRを導入いたします。


<AI自動チャットサービスについて>

[画像1: (リンク ») ]



<AI自動チャットサービスご利用イメージ(スマートフォン)>

[画像2: (リンク ») ]



<AI自動チャットサービスご利用イメージ(パソコン)>
[画像3: (リンク ») ]



イオンフィナンシャルサービス各社は、いつでもご利用明細の確認やクーポン・キャンペーン情報を受け取れるスマートフォンアプリ「イオンウォレット」やスマートフォンで簡単に銀行口座の残高照会・入出金確認が可能な「通帳アプリ」、生体認証のみで銀行取引が可能なサービスなど、FinTechを活用したサービスの開発を進めております。
KDDIエボルバは、AI自動チャットサービスにおける学習シナリオ設計構築・運用支援や、ビジュアルIVRなどをワンストップ提供し、真のカスタマーエクスペリエンスを高めるICTソリューションとBPOサービスを融合した総合的なオムニチャネルソリューションの創出、展開を進めております。
これからも、イオンフィナンシャルサービス各社とKDDIエボルバは、新技術を活用した利便性、サービスの向上に努めてまいります。

以上


■AI自動チャットサービスの概要
AI自動チャットサービスは、自然言語処理技術を用いて質問内容を理解し、ディープラーニングによる自動学習機能を活用することにより、ご利用いただくにつれ、より的確な回答を返信することを可能とするサービスです。今回提供するAIチャットには、株式会社PKSHA Technology(代表取締役:上野山 勝也)の子会社である株式会社BEDORE(代表取締役:安野 貴博)が提供する、自動応答エンジン「BEDORE(べドア)」を採用しており、以下のような特徴があります。
・業界固有表現辞書(日本語)を用い、高度な自然言語処理技術の活用により、話し言葉を入力するだけで質問内容を認識し、最適と思われる回答候補を提示する
・質問内容から、お客さまの様々な要求や状況が想定される場合には、複数の選択肢を提示し対話形式で要件を詰めることにより、回答精度の向上を図る


■ビジュアルIVRサービスの概要
ビジュアルIVRは、お電話、AI自動チャットサービス、資料請求、FAQなど様々なお問い合わせ手段を「見える化」することにより、お客さまの利便性向上を図るものです。イオン銀行およびイオンクレジットサービスではビジュアルIVRを導入しております。イオン銀行におけるビジュアルIVRにおいては、KDDIエボルバの仕組みを採用しており、ビジュアルIVRをSMSで送信する画期的な仕組みを導入します。イオン銀行コールセンターの自動音声ガイダンスより、ビジュアルIVRのご利用を選択いただくと、お手元のスマートフォンへビジュアルIVR専用ページ(URL)をSMSでご案内いたします。イオン銀行のビジュアルIVRを通じて、コールセンターの電話応対の混雑状況予測をお手元のスマートフォン画面にてご確認いただけるほか、「コールバック予約の受付」や「チャットへの接続」を簡単にご選択いただけます。


<イオン銀行 ビジュアルIVRご利用イメージ>
[画像4: (リンク ») ]



◎法人向けコンタクトセンターサービスサイト
(リンク »)

◎「AI チャットボット」について
(リンク »)


■株式会社KDDIエボルバ について
本  社:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト
設  立:1996年5月
代表者:代表取締役社長 中澤 雅己
資本金:1億円 (KDDI株式会社100%出資)
事業内容:コンタクトセンターを中心としたBPO(Business Process Outsorcing)事業
企業URL: (リンク »)
サービスURL: (リンク »)


■KDDIエボルバが提供する「AIチャットボットサービス」について
KDDIエボルバは、企業のおけるお客さまチャネルのひとつとして「AIチャットボット」を提供しております。コミュニケーションプランニングからAIに学習させるデータの業務設計、システム提供、AIチューニング、各種チャネル対応の運用支援に至るまで、ワンストップで提供いたします。
(サービス詳細URL: (リンク ») )


【報道関係者様からのお問合せ先】
株式会社KDDIエボルバ  広報窓口
TEL:03-5326-6462
E-mal:adv@k-evolva.coma

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。