神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」、日本初ソーシャルエンジェル出資で約1億円の資金調達を実施

株式会社DO THE SAMURAI 2018年01月31日

From PR TIMES

エグジットを前提としない、共感型の「ソーシャルエンジェル出資」は日本初

神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」を運営する株式会社DO THE SAMURAI(代表取締役:吉田亮、本社:東京都渋谷区、以下、DO THE SAMURAI)は、黒越誠治氏(適格機関投資家)を引受先とした約1億円の第三者割当増資を実施し、資本金を5万円から88,888,888円*に致しました。エグジットを前提としない日本初の共感型の出資です。合わせて、黒越誠治氏がDO THE SAMURAIの取締役に就任したことをお知らせ致します。
*「末広がりでありますように」という日本古来の考え方から資本金額の「八」にもこだわりました






[画像1: (リンク ») ]

TOPICS


資金調達の目的と今後
神社・お寺の投稿サイト「ホトカミ」とは
日本初ソーシャルエンジェル出資とは
代表取締役 吉田 亮


1、資金調達の目的と今後
今回の資金調達は、「サイト内コンテンツの充実」「意志ある協働メンバーの確保」「サービス継続の基盤づくり」を目的としています。

■サイト内コンテンツの充実
神社やお寺に関する'わかりやすい’記事コンテンツを増やし、神社お寺と参拝者の心の距離を近づけます。

■意志ある協働メンバーの確保
上記を達成するための、協働メンバー(特にWebエンジニア、デザイナー、ライター、マーケティング/広報、インターン)を増やします。

■サービス継続の基盤づくり
参拝者の増加に貢献し、神社お寺へのお賽銭などがふえた結果、その一部を受け取るビジネスモデルの構築を目指します。

強調したい点として、今回の調達の目的は、サービスの急成長ではなく、ホトカミというサービスを永続的に続け、神社お寺を支援し続けることを目的としています。

2、神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」とは?

[画像2: (リンク ») ]

「ホトカミ」WEBサイト: (リンク »)

- 事業概要と現状
みんなでつくる日本最大の神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」は日本最大14万5000件の神社お寺の情報を無料掲載しており、ユーザーがお参りした思い出や感想、応援メッセージなどを写真とともに投稿し、お参りの記録を整理することができるWEBサービスです。
有名な神社お寺だけでなく、地元の神社お寺も多数掲載しているのが特徴。現在、日本全国から1万件以上の投稿が集まっています。

- 取り組む課題背景
現在国内の神社お寺は合わせて全国のコンビニエンスストアの3倍*の数が国内に存在するものの、今後20年と経たない間に、そのうちの約40%*が消滅可能性があると言われています。
[画像3: (リンク ») ]


神社お寺の消滅とともに、そのまちの文化や歴史、地域コミュニティが失われてしまうという国内の課題に対して、我々DO THE SAMURAIは「家」単位での制度が崩れつつある現在、 必要とされているのは「個人」との新しいつながりだと考えました。

多くの神社お寺は未だ独自でサイトを所有せず、検索しても必要な情報が見つかりにくいという課題があります。そこで、2017年4月に、14万4000件の神社お寺の基本情報を掲載し、みんなでつくる日本最大の神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」をスタートしました。

※ コンビニ総数は2015年タウンページ出典
※ 2040年の神社・お寺の数は「寺院消滅」 著 鵜飼秀徳氏より

- ユーザーの声
既に、日本全国でホトカミを活用し、お参りされているユーザーの皆さまからの声が日々届いています。
[画像4: (リンク ») ]


3、日本初ソーシャルエンジェル出資とは
DO THE SAMURAIは、黒越 誠治氏(適格機関投資家)を引受先とした約1億円の第三者割当増資を実施しました。
今回の出資の特徴は、エグジットを前提としない、共感型の出資であるという点です。
このような出資モデルを、新たに「ソーシャルエンジェル出資」と名付けました。

- ソーシャルエンジェル出資条件(一部、抜粋)
本契約は、エグジットを前提としない共感型の出資であり、投資家は本契約を締結するにあたり、以下の全ての条件について、同意及び承諾するものです。内容の一部が以下となります。


[画像5: (リンク ») ]



- これまでの出資(補足情報)
今回の出資に先立ち昨年2017年4月、DO THE SAMURAIは出資者に株式を割り当てず、株式は代表の吉田が100%保有したまま、売り上げの一部を分配する「匿名組合出資」という形で資金調達を実施しました。
Webサービスを運営する場合、ベンチャーキャピタル(VC)からの出資を検討するのが一般的ですが、5~7年程度でIPO(新規株式公開)や事業売却などの エグジットを求められるVCからの調達は、「100年後にも感謝される事業」というDO THE SAMURAIの事業理念には相反する形での調達になるため、昨年の資金調達では「匿名組合出資」に致しました。

4、代表取締役 吉田 亮

[画像6: (リンク ») ]

私は幼い頃から、日本の文化や歴史が大好きです。
神社ツアーやお寺でのイベントを開催するなかで神社お寺が抱える課題を知りました。そして、文化や歴史が今も生きている神社お寺を支えるためにホトカミを始めました。
また、創業前も含め、黒越氏とは400時間以上の時間をともにし、信頼関係を築いてきました。
今回の出資と同時に黒越氏はDO THE SAMURAIの取締役に就任し、縁の下の力持ちとして一緒に働きます。

ホトカミをリリースして半年が経った2017年9月に、8,888投稿を目指すご縁ポストという企画を実施しました。8,888は、末広がりの縁起の良い「八」を意味しています。
同じく、末広がりでありますようにという想いを込めて、資本金が88,888,888円になるように資金調達を実施しました。

黒越氏からは、
「縁の下の力持ちになりたいと思える人と事業に出会えたことが嬉しく、バリューを通常の自分の感覚より高くつけました。それを役立ててほしいです」との言葉を頂きました。

- 代表取締役 吉田 亮
1990年生まれ、岐阜県多治見市育ち。
東京大学理科二類入学、文学部卒業。武道館目指してバンド活動の後、志に目覚め、日本の文化や歴史に’楽しく’触れるきっかけをつくろうと、塾、講演、ツアー、グッズ製作など2013年より活動。NPO法人ETIC.の支援を受け、2016年株式会社DO THE SAMURAIを設立。
2017年より、出雲観光大使もつとめる。

- 黒越 誠治
インパクト投資家
ソーシャルファイナンス分野の第一人者であり、適格機関投資家。日本初のソーシャル・インパクト・ボンドを個人で機関投資家として組成。日本では兼任が珍しいハンズオン型のVCのGPとLPどちらも現役。起業家としては、老舗企業の再生、及びアクセラレータープログラムを実施するデジサーチアンドアドバタイジング創業者兼代表取締役。
シェア型専門ファンドのLP(出資者)となりGPの育成にも力を入れる。金融的に与信が与えにくい、共感型の起業家、もしくは上場を目指さない起業家も支援を行う。

- 株式会社DO THE SAMURAI
株式会社DO THE SAMURAIは「文化・人の魅力を高め、地球の和に貢献したい」という想いから設立されました。「100年後にも感謝される事業」を通じて、人類史を一歩進めることを目指します。

▼広報用の素材をご用意いたしましたので、ご活用ください。
(リンク »)

社名 :株式会社 DO THE SAMURAI / DO THE SAMURAI, Inc.
代表者 :代表取締役 吉田 亮
所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー27F
資本金 :88,888,888円
事業内容:神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」運営、教育事業
設立 :2016年4月6日
URL : (リンク »)
神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」: (リンク »)
メールアドレス:info@dothesamurai.com
電話番号:090-7911-4305

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。