次世代物資輸送無人航空機の飛行試験開始について

KAMOMEYA 2018年02月02日

From PR TIMES

物資輸送専用設計の次世代垂直離着陸型固定翼無人航空機の飛行試験を開始

株式会社かもめや(代表取締役CEO / 小野 正人・香川県高松市)と、Airnamics d.o.o.(CEO / Marko Thaler・スロヴェニア共和国メドヴォデ)が、2016年9月より共同開発を進めまいりました、次世代物資輸送無人航空機(コードネーム:KamomeCopter:カモメコプター)が完成し、スロヴェニア国内において飛行試験を開始しましたので、お知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]

この無人航空機は、垂直離着陸が可能な固定翼機(VTOL型)で、小規模な離島をはじめとする狭い離着陸スペースでも運用が可能、機体内部に運搬物資を格納できる物資輸送専用機として、世界最大クラスの機体となります。

[動画: (リンク ») ]



先日スロヴェニア国内において初飛行試験を実施し、基本的な空力性能試験等を完了いたしました。

2018年春以降、日本国内での実験に向けて最終調整を進めてまいります。

[プロトタイプ主要諸元]
翼長: 3.85m
最大離陸重量: 29 kg (3kg貨物搭載時)
巡航速度: 100 km/h
最大速度: 140 km/h
最大貨物積載量: 3 kg

※上記数値は、機体の最終調整により変更となる可能性があります。

(開発パートナー)
airnamics d.o.o.
(リンク »)

(スポンサー)
碧海総合法律事務所
(リンク »)


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社かもめや(広報担当):pr@kamomeya-inc.com

【かもめやについて】
株式会社かもめや(代表取締役CEO/小野 正人)は、無人物流プラットフォームの開発等を目的に香川県高松市で設立されました。これまでKamomeAirプロジェクトとして、2015年1月18日に日本初の長距離(8km)海上貨物輸送実証実験に成功し、また2015年9月15日には物資輸送・遠隔医療及び医薬品輸送・危機管理の3分野複合実証実験に参加し、無人機による海上物資輸送の国内最長記録(片道10km:往復20km)を達成しています。これらの実験費用は、READYFOR? クラウドファンディング等を通じて支援をいただき、1,116,000円の資金調達に成功するとともに、READY FOR OF THE YEAR 2015「READY FOR Local CHALLENGE」や、香川大学主催の香川ビジネス&パブリックコンペ2015「地域公共部門 グランプリ」を受賞しています。

株式会社かもめや公式Webサイト
(リンク »)

KamomeAirプロジェクト公式Webサイト
(リンク »)

--

Flight Test of Next-Generation Unmanned Logistics Aircraft

Kamomeya starts flight test of next-generation fixed-wing VTOL unmanned aircraft exclusively designed for cargo transport.

TAKAMATSU, JAPAN (February 1, 2018) – Kamomaya Inc. (Representative Director and CEO: Masato Ono; Takamatsu, Kagawa, Japan) announced that it has completed co-development of the next-generation logistics unmanned aircraft (Code name: KamomeCopter) in partnership with Airnamics d.o.o. (CEO: Marko Thaler; Medvode, Slovenia) that commenced in September 2016, and has started flight tests in Slovenia.

This unmanned aircraft is a fixed-wing vehicle capable of Vertical Take-Off and Landing (VTOL) which can be operated on small islands and other locations with limited space for take-offs and landings. This is one of the world’s largest vehicles dedicated for logistics with cargo space inside.

The first flight test in Slovenia confirmed the vehicle’s basic aerodynamic performance and other functions.

A flight test in Japan is expected to be conducted in the Spring of 2018 or thereafter.

[Preliminary Specifications of Initial Prototype]
Wing span: 3.85 m
Maximum takeoff mass (MTOM/MTOW): 29 kg @ 3 kg cargo payload
Cruise speed: 100 km/h
Maximum speed: 140 km/h
Maximum cargo payload: 3 kg
These numbers are provisional and subject to final adjustment.

(Development Partner)
Airnamics d.o.o.
(リンク »)

(Sponsor)
Aomi International Law Offices
(リンク »)

Contact:
Kamomeya Inc.
pr@kamomeya-inc.com


[About Kamomeya]
Kamomeya Inc. (Representative Director and CEO: Masato Ono) was founded in Takamatsu, Kagawa, with the goal of developing an unmanned logistics platform. As Kamome Air Project, the company succeeded in conducting Japan’s first long-distance (8 km) transportation experiment over the sea on January 18, 2015. On September 15, 2015, the company participated in a 3-field proof of concept comprised of logistics, telemedicine and transportation of medicine, and crisis management. Costs for these experiments were financed by READYFOR? Cloudfunding, and the company completed funding of 1,116,000 Yen. As a result, it received the award of READY FOR OF THE YEAR 2015 “READY FOR Local CHALLENGE.” The company was also awarded the Local and Public Division Grand Prix of Kagawa Business & Public Competition 2015 hosted by Kagawa University.

Official website of Kamomeya Inc.:
(リンク »)

Official website of Kamome Air Project:
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。