スマート家電コントローラ(RS-WFIREX3)Googleアシスタント対応アプリの提供を開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社 2018年02月05日

From PR TIMES

Google Homeに呼びかけて家電を操作



ソフトバンク コマース&サービス株式会社とラトックシステム株式会社は、本日よりGoogleアシスタントに対応したスマート家電コントローラ専用アプリの提供を開始しました。Google HomeなどのGoogleアシスタント対応スマートスピーカーに「OK Google、家電リモコンにつないで」と話しかけると、音声で家電をコントロールできるようになります。
[画像1: (リンク ») ]

「スマート家電コントローラ」は、スマートフォンアプリからWi-Fi経由で家電を操作する製品です。赤外線リモコンをスマートフォン1台にまとめられ、主なリモコンデータは登録済みなのですぐに使えます。外出先から家電のリモート操作も可能で、本体に搭載の温度・湿度・照度センサーで状況を確認しながら帰宅前やペットのいる空間のエアコンを適切にコントロールできます。

さらに最新アプリによって、スマート家電コントローラ(RS-WFIREX3およびREX-WFIREX2)とGoogleアシスタント対応スマートスピーカーとの連携が可能になりました。「OK Google、家電リモコンにつないで」と話しかけると、対話形式でテレビ、エアコン、照明の制御が可能な状態になります。一連の操作は「おわり」で終了します。すでにスマート家電コントローラ(RS-WFIREX3およびREX-WFIREX2)を利用している場合も、アプリのアップデートとGoogleアシスタント対応スマートスピーカーとの接続設定だけで連携可能です。

【音声で操作可能な範囲】
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



また、本製品は「OK、Google、家電リモコンを使って照明をつけて」など、1度の呼びかけによる操作もおこなえます。よく使う操作はGoogleアシスタントのショートカットに登録し、「OK Google、明かりをつけて」などの短いワードで動作させることも可能です。


本製品は2017年11月、Amazon Alexa対応により、おうちではスマートスピーカー、外出先ではスマートフォンからの家電コントロールを実現しています。IoT・AIを活用した分譲マンション「横浜MIDベースタワーレジデンス」にも採用されており、この度の対応スマートスピーカーの拡大によりスマートホームへの展開をさらに加速してまいります。
[画像4: (リンク ») ]

■対応製品
・スマート家電コントローラ RS-WFIREX3
(リンク »)
・スマート家電コントローラ REX-WFIREX2
(リンク »)

■対応アプリ(RS-WFIREX3/REX-WFIREX2 共通)
スマート家電コントローラ
iOS: (リンク »)
Android: (リンク »)

※詳細は「スマート家電コントローラ」の製品ページ( (リンク ») )をご覧ください

・Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
・App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
・Android、Google Playは、Google LLCの商標です。
・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社
 の登録商標または商標です。
・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標
 です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソフトバンク コマース&サービス株式会社の関連情報

ソフトバンク コマース&サービス株式会社

ソフトバンク コマース&サービス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]