帰省時の手土産の選び方・買い方は?~帰省の手土産に関するアンケート調査~

株式会社マーシュ 2018年02月05日

From PR TIMES

83.3%が帰省の際に手土産を購入。自分も一緒に食べるために普段食べないものを手土産として選ぶ傾向が…!?

悩むことの多い帰省の際の手土産。
帰省の手土産に関する実態について調査しました。



マーケティングリサーチ会社の株式会社マーシュ(東京都渋谷区渋谷、代表取締役:町田正一)は、全国20代~50代男女を対象とした「帰省の手土産に関するアンケート調査」を実施し、その結果を1月31日に公開しました。調査日は2018年1月19日(金)~1月23日(火)で、同社が運営する「D STYLE WEB」のアンケートモニター会員を対象に実施しました。

【調査結果】

■帰省をする際に、手土産は購入して持って行きますか。(SA) n=800

手土産を毎回必ず買う  46.9%
手土産をときどき買う  36.4%
手土産は買わない    16.8%
[画像1: (リンク ») ]

⇒手土産を購入する人は83.3%となった。男女別では女性の方が87.0%で男性の79.6%に比べてやや高い。

■帰省の際の手土産の購入予算は、いくらでしょうか。最も近いものをお選びください。(SA) n=666

2000円未満         49.1%
2000円以上3000円未満  28.2%
3000円以上         22.7%


[画像2: (リンク ») ]

⇒購入予算(1商品あたりではなく合計予算)は2,000円未満が約5割。年代別では、年代が低いほど2000円未満(計)の割合が高く、20代では62.8%と6割強を占めた。

■帰省の際の手土産の選び方・買い方についてお聞きします。以下のそれぞれについて、「A」と「B」どちらを選ぶのが、手土産についてのあなたの考え方に近いでしょうか。(SA)n=666

帰省の際の手土産はどのように選んでいるのか。6組の選択肢を提示し、それぞれAとBのどちらに自分の考えがあてはまるかを回答してもらった。


[画像3: (リンク ») ]

⇒傾向は2014年の調査とほぼ同様。AとBの差が最も大きく出たのは「滞在中、一緒に食べられるもの」の47.3%で、「滞在中、一緒に食べることは考えない」の19.8%と27.5ポイントの差がついた。また、「普段は食べない、少し特別感のあるもの」は45.5%で、「気負わず、気軽に食べられるもの」の27.3%と18.2ポイントの差があった。


【すべての調査結果はこちら】
(リンク »)
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【調査内容】
・基本属性(性別、年代、未既婚、居住地)
・帰省先の有無、最近3年以内の帰省回数(SA)
・帰省する際の交通手段(MA)
・帰省する際の手土産購入の有無(SA)
・帰省の手土産の購入場所(MA)
・帰省の手土産の購入予算(SA)
・帰省の手土産として購入するもの(MA)
・帰省の手土産の選び方・買い方(SA)
・手土産に関する悩み、相手には聞けないが気になっていること(FA)
・帰省の際に手土産を購入しない理由(MA)

【調査概要】
調査名:帰省の手土産に関するアンケート調査
調査対象者: 全国の20代~50代男女、最近3年以内に1回以上帰省をした方
有効回答数: 800s
割付:性別・年代均等
調査期間:2018年1月19日(金)~1月23日(火)
調査方法: インターネット調査
調査機関: 株式会社マーシュ
アンケートモニターサイト「D STYLE WEB」( (リンク ») )の登録会員を対象に実施

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。