第3ターミナル、北ウェイティングエリア、吉野家の空席状況発信サービスの実証実験を開始!

成田国際空港株式会社 2018年02月05日

From PR TIMES

国内空港初!早朝LCCをご利用になるお客様の夜間滞在をいっそう快適に!



 当社は国内空港で初めて、画像解析により施設の空席状況を検知し、リアルタイムで発信するサービスの実証実験を行います。早朝のLCC便などをご利用になるお客様は、夜間、第3ターミナルのフードコートや北ウェイティングエリアなどで過ごされますが、それらの施設間の移動には徒歩で約15分程度を要するものの、混雑状況を把握する術がなく、夜間の滞在場所を効率的に選択することが出来ませんでした。
 今回、株式会社バカンが有する空席検知技術と東日本電信電話株式会社の高速通信技術を活用することで上記施設の空席状況を検知し、各所に配置したデジタルサイネージへ遅滞なく配信することで、お客様は空港に到着後、効率的に夜間の滞在場所を選択することが可能になります。更に、24時間営業の吉野家の空席状況やコンビニエンスストアの情報も発信することで、夜間滞在のいっそうの快適性向上を図ります。

1.実験の概要
●期間:2018年2月19日(月)~3月22日(木)(稼働時間は24時間)
●カメラやセンサーにより、第3ターミナルのフードコート、北ウェイティングエリア、吉野家の空席状況を検知・解析し、館内各所に設置したデジタルサイネージ(以下参照)やWEB上に表示。
●お客様は当該施設へ向かわずに空席状況を把握可能に。

2.イメージ図

[画像1: (リンク ») ]


3.空席検知技術について

[画像2: (リンク ») ]


(株)バカンが保有する、IoTとAIによる画像解析技術を用いて空席情報を検知します。空席状況は任意の設定によって3段階で表示可能であり、さらにVDO(Vacant-driven Display Optimization)というバカンの特許技術を用いて混雑にあわせて表示を最適化します。


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

成田国際空港株式会社の関連情報

成田国際空港株式会社

成田国際空港株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]