『妄想彼女』でおなじみ、地主恵亮の新作『ひとりぼっちを全力で楽しむ―リア充に負けない22の人生戦略』!スーパー銭湯で歌披露?クリスマスのない国に行く?ぼっちも楽しいかも…と思えちゃう笑劇バイブルが誕生

株式会社旭屋書店 2018年02月07日

From PR TIMES

旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!【旭屋書店主催イベント:著者出演インタビュー】

旭屋書店では、2月12日から各店舗で“ぼっちが楽しくなる!?一冊"にて、地主恵亮さんの新刊『ひとりぼっちを全力で楽しむ―リア充に負けない22の人生戦略』をご紹介&本書をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、『ひとりぼっちを全力で楽しむ―リア充に負けない22の人生戦略』発売を記念し、地主さん自身に、じっくりと語っていただきました。




[画像1: (リンク ») ]

◆本編再生はコチラ!
(リンク »)

旭屋書店では、地主恵亮さんの『ひとりぼっちを全力で楽しむ―リア充に負けない22の人生戦略』 (すばる舎)の発売を記念し、著者インタビューを実施した。地主さんは、2009年より人気Webサイト「デイリーポータル Z」にて執筆を開始、東京農業大学非常勤講師も務める(2014年より)。2013年、イギリスでもっとも権威ある新聞紙のひとつガーディアン紙の「世界でもっとも気持ち悪い男」に選ばれるなど、国境を越えてその独創性を評価され、名を轟かせている。著書に、話題となった『妄想彼女 頭の中で作りあげた僕の恋人』(鉄人社)をはじめ、『昔のグルメガイドで東京おのぼり観光』(アスペクト)、『インスタント リア充』(扶桑社) などがある。本作品では、友だちがいない、恋人がいない、仕事がつらい、お金がない、結婚できない、Facebookに「いいね!」がつかない…様々なことで悩む、凹む現代人に向け、“ひとりぼっちマスター”が指南する、発想を転換した「孤独の受け入れ方」22例を紹介している。読み終えたころには誰もが「孤独も楽しいんじゃないか」と思えてくる、生きていくために必要なことが詰まった一冊だ。

――ぼっちを楽しむための様々な発想、楽しく読ませていただいたんですが、色々おかしいです(笑)!例えば、流木を拾ってそれに色を付けてオークションで売って稼ごうとしていますが…。

金色に塗ってオークションに出したんですけど、売れませんでしたね…。

――ぼっちだけど“一人カラオケ”には行きたくない、みんなに自分の歌を聞いてほしいなと、スーパー銭湯の宴会場へ行くエピソードがありますね。その一節をご紹介します。

―――――

歌い終わり正面に向かい一礼すると、拍手が会場を包む。私の歌に、知らない人々が拍手をくれるのだ。仲間内の拍手よりも嬉しい。私の歌声が多くの人に認められた瞬間だ。

ひとりでカラオケボックスに行くより、健康ランドのカラオケなのだ。興奮で顔が紅潮していた。席に戻った後にお客さんから「すっごい下手だったけどよかったよ」と言われた。「よかったよ!」だけでいいのではないか。と思いながらも、歌い終わった後の私はミュージシャン気分だった。

―――――

――もうね、さびしい(笑)!歌、下手なんですか?

点数が出るカラオケで33点出したことありますね。
[画像2: (リンク ») ]


――この中で、印象的だったエピソードはありますか?

クリスマスがない国(オマーン)に行ったんですよ。お金もけっこうかかりました。この本、別に自費出版でもないんですけど、取材費120万ぐらいお金出しちゃってるんです。求められてもいないのに…(笑)。

――漫画家の藤田和日郎先生に漫画の書き方を習っていましたね。

財力がほしかったんです、漫画って売れたら大きいなと思って。藤田先生にお話聞きに行って、実際に書いた漫画をサンデーの編集部に、本気で持っていったんですよ。そしたら、内容どうこうじゃなくて絵が下手って言われましたね。

――どんな方にこの本を届けたいですか?

どんな人も孤独ですから。結婚してても孤独を感じることもありますし、仕事で孤立してる時とかあるじゃないですか。やっぱりどの人も読んでおいて損はない。多くの人に読んでもらって120万を回収したいですね(笑)。

――ぼっちも、ここまで突き詰めれば楽しいんだ、と。読み終わったらちょっと地主さんと友達になっても良いかもって思える本だと思います。

後でLINE交換しましょう(笑)!

___________________

本編のインタビュー動画では、この他にも質問やトークが盛り沢山、そして普段は見ることのできない作家さんの表情も楽しめます!完全版が見たい方は、ぜひ本TUBEをチェック!

→ (リンク »)


[画像3: (リンク ») ]

単行本: 232ページ
出版社: すばる舎

※店舗によりコーナー名表記・開催日程が異なる可能性がございます。予めご了承下さい。

[画像4: (リンク ») ]


◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。
読んでみたくなる本が動画で見つかる、読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
(リンク »)


◆公式Twitter
(リンク »)

◆公式Facebookページ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。