PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」 国内プロリーグ『LJL 2018 Spring Split』開幕戦(2/9・2/10)スターティングメンバー発表!

合同会社ライアットゲームズ 2018年02月08日

From PR TIMES

LJL公式のTwitchチャンネルおよびOPENRECチャンネルで全試合LIVE放送!

世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、以下:LoL)」の運営元Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(所在地:港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司、以下:ライアットゲームズ)は、国内プロリーグ『LJL 2018 Spring Split』の開幕戦(Round 1)をいよいよ2月9日(金)・10日(土)に控え、直前情報として参加チームの概要およびスターティングメンバーを発表します。



[画像1: (リンク ») ]

■『LJL 2018 Spring Split』 開幕戦(Round 1)

2月9日(金)
 20:00~ Match 1 PENTAGRAM vs V3 Esports

2月10日(土)
 17:00~ Match 2 Unsold Stuff Gaming vs Rascal Jester
 20:00~ Match 3 DetonatioN FocusMe vs 7th heaven

LIVE放送:
 LJL公式Twitchチャンネル: (リンク »)
 LJL公式OPENRECチャンネル: (リンク »)

■『LJL 2018 Spring Split』出場チーム紹介

*Round 1 / Match 1 (2月9日(金)20:00~)

[画像2: (リンク ») ]

◇ PENTAGRAM (ペンタグラム / PGM)
PENTAGRAMは、2012年に設立されたチームRampageを前身に、2018年、PENTAGRAMへと進化し、生まれ変わりました。今シーズンは、過去の優勝メンバーであったPaz、そして他国リーグで豊富な経験を積んだOnce、Gaengを新たにチームへ迎え、さらなる連覇へ向けチーム一丸となり取り組んで参ります。皆様、ご声援の程よろしくお願いいたします。

Top:Paz(パズ)
LJL3連覇の始まりとなった、2016年Summerシーズンの優勝メンバーがチームへと帰ってきました。深いゲーム知識、持ち前の明るさを発揮し、早くもチームのムードメーカーとなっています。

Jungle:Once(ワンス)
韓国2部リーグ、台湾1部リーグ等を経て、今シーズンよりチームへ加入しました。日本の文化が好きで来日以前より日本語を勉強しており、ゲーム以外の面でもチームメイトと一日も早く日本語で話せるよう、日々勉強する努力家です。Coach:34(スリーフォー)韓国のeスポーツ専門学校CTUから2017年Spring Splitにチームへと加入。韓国2部リーグで培った経験を活かした的確なアドバイスや、強いリーダーシップで今シーズンもチームを優勝へと導きます。

Mid:Ramune(ラムネ)
2017年のSpring Splitにデビューし、Spring、Summerとリーグ2連覇の原動力となったスーパールーキー。昨年には世界大会(Worlds)出場経験を積み、今シーズンのさらなる成長に期待がかかる注目選手です。

ADC:YutoriMoyasi(ユトリモヤシ)
2017年の優勝メンバーとして、今シーズンも引き続きチームとともに戦います。ゲーム に対するチームで一番ストイックな姿勢を持ちながらも、イタズラ心も併せ持ち、チームの年長者として他のメンバーの見本となっています。

Support:Gaeng(ゲン)
韓国1部チームの練習生を経て、今シーズンよりチームへ加入した新メンバーです。いつも落ち着いていて、早くもチームの大黒柱として活躍しています。試合では、韓国サーバーのチャレンジャーランクで磨かれた高いプレイヤースキルに是非ともご注目ください。

Coach:34(スリーフォー)
韓国のeスポーツ専門学校CTUから2017年Spring Splitにチームへと加入。韓国2部リーグで培った経験を活かした的確なアドバイスや、強いリーダーシップで今シーズンもチームを優勝へと導きます。

[画像3: (リンク ») ]

◇ V3 Esports (ブイスリーイースポーツ / V3)
V3 Esportsは、2017年に設立された、マルチプロゲーミングチームです。LJL CS 2017を勝ち抜き、プロモーションシリーズにて全勝を収め、今年からLJLに参加するルーキーチーム。集団戦での互いを助け合うメンバー間の連携は必見。cogcogのメカニクス、2人の韓国人選手SmileとE hiの連携によるゲーム支配力、Keymakerの日本人離れした瞬発力、Kazuのカズベイト。各選手の強烈な個性が融合して生み出す、試合展開に注目!古豪、強豪ひしめくLJLに新しい風を巻き起こせるか!ご声援よろしくお願いいたします。

Top:cogcog(コグコグ)
LJLシーズン2ではリヴェンをメタバンされるほどのメカニクスの鬼。性格無比なダメージ計算でTopレーンを制圧していく。コーチからは1vs5の練習を強要されている。

Jungle:Smile(スマイル)
年間3,000戦のソロキューをプレイする練習モンスター。相手を分析しつくしたJungleルートは、集団戦での立ち回り、序盤・中盤・終盤とすべてに隙がない。勝利後の癒しのスマイルに注目。

Mid:E hi(イーハイ)
どこのチームにも所属したことのない韓国からやってきた新人プレイヤー。CSからトップリーグに昇格後「俺は戻ってくる」と行ってすべての荷物を置いて手ぶらで韓国に帰国した。無口で九州男児のような側面を持つが、メンバーからの信頼は厚い。

ADC:Keymaker(キーメーカー)
本人は「鍵を作っているだけ」と主張するチームのムードメーカー。圧倒的な反射神経でどんどん相手のスキルを避けて、ダメージを出していく。波に乗った時の爆発力は爽快そのもの。

Support:Kazu(カズ)
数々のチームで号令役のショットコーラーを務めてきたベテランプレイヤー。劣勢時の“カズベイト”からの逆転劇はファンを虜にする。猫好き。

Coach:1onz(アイオンズ)
言葉の壁を物ともしない熱意でメンバーの士気を高める。本人は毎朝、冷水のシャワーを浴びて、己の精神を鍛えている。北米の強豪チーム Echo FoxのCSチーム出身者。


*Round 1 / Match 2 (2月10日(土)17:00~)

[画像4: (リンク ») ]

◇ Unsold Stuff Gaming (アンソールド スタッフ ゲーミング / USG)
Unsold Stuff Gamingは、一つのことに時間をかけて一生懸命に打ち込んできた体験は、どのような体験でも平等に評価されるべきと信じています。ゲームに没頭する人は、世間的には「ゲーマー」と呼ばれ、あまりよくない(売れ残り)印象があるようですが、USGはそれらが間違っていることを、証明していきます。ゲーム(eスポーツ)は、現在のスポーツにはない、「性別や身体的特徴の垣根を越えて」競い合う環境を提供できる可能性を秘めています。ゲームを現在のスポーツのような将来性のある競技として世の中に伝え、e-sportsとして認知して頂くことで、プレイヤーのイメージも現在より改善され、少なからず救われる人達もいると信じています。人生の成功体験の選択肢をわずかながらでも、増やせればと考えています!

Top:apaMEN(アパメン)
USGの創設者であり、LJL設立時から参戦している古参プレイヤー。プロとしてのキャリアが長くチームを支える重要な役割を担っている。今シーズンもリフトヘラルドバフの取得をねらう。

Jungle:Tussle(タッスル)
This is Tussle!チームメンバーからほぼ日本人といわれるほどの日本語が達者な韓国人プレイヤー。世界経験も豊富で、広い視野でメンバーに適切な指示を出す。IWCA2016の日本代表プレイヤー。

Mid:Gariaru(ガリアル)
サブメンバーからレギュラーに昇格した期待のプレイヤー。ローム系(担当レーン以外に行くプレイ)チャンピオンを得意としている。オフライン経験は少ないが、スターティングメンバーになったことを機会に大きな飛躍を目指す。

ADC:Gango(ガンゴ)
LCK、LPLの経験がある20歳の若きADCプレイヤー。韓国では1、2を争うドレイブン使い。世界大会WCS優勝チームに所属していた経験も持っている超実力派プレイヤー。

Support:Enty(エンティ)
USG創設メンバーの1人。単身で韓国に留学するという行動力もあるムードメイカー。使用チャンピオンもアグレッシブなチャンピオンが多い。ファンからの人気も高く、さまざまなメディアにも出演している。

Coach:Pascal(パスカル)
USGの頭脳。ヨーロッパ仕込みのコーチングでチームに新たな戦術をもたらす。メンタルコンディショニングも得意で、選手からの信頼が非常に厚い。

[画像5: (リンク ») ]

◇ Rascal Jester (ラスカル ジェスター / RJ)
Rascal Jesterは2013年2月から活動しているプロゲーミングチームです。2016年にメンバーを一新し、ルーキーイヤーを経て2年目を迎えました。常にチャレンジを続け、よりよいパフォーマンスを発揮できるよう、選手一同全力で取り組んで参ります。ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

Top:alleycat(アーリキャット)
2016年からLJLのトップリーグで活躍し続けているベテラン選手。RJにMIDとして2017年に加入。現在はTOPレーナ―の役割を担うなど、幅広い才能を見せている。持ち前のユーモアを活かしてチームを盛り上げる兄貴分。

Jungle:WyverN(ワイバーン)
かつてRJに新しい風を生み出したJungleプレイヤー。アグレッシブなプレイで試合を動かすチームの起爆剤のような存在。現在のRJでは最古参の選手でありながら、マスコットのように親しまれているというギャップの持ち主。

Mid:Fanxy(ファンシー)
今シーズンからLJLに参戦するニューフェイス。韓国2部、中国3部で活動していたMidレーナ―。真面目で偏りのないプレイはチームの軸となる。

ADC:NoA(ノア)
堅実なプレイスタイルが特徴であったが、昨シーズンからは序盤から主導権を握る動きを見せるなど成長を続けている。ADCのポジション争いを経てさらなる飛躍を目指す。

Support:Yuki(ユキ)
聴衆を沸かせるプレイを魅せ、RJで最多MVPを受賞したSupportプレイヤー。負けが許されないプロモーションシリーズでの勝利が決まった瞬間に涙を流すなど、感情表現が豊かなところも彼の魅力。

Coach:Lillebelt(リールベルト)
「大天使」の愛称で親しまれる、RJの大黒柱。RJの設立からチームに所属し、かつてはSupportプレイヤーとして活躍していた。公式大会などで解説者を務めたのち、2016年11月からコーチとしてチーム強化に携わる。選手経験を活かした指導でメンバーからの信頼も厚い。


*Round 1 / Match 3 (2月10日(土)20:00~)

[画像6: (リンク ») ]

◇ DetonatioN FocusMe (デトネーション フォーカスミー / DFM)
DetonatioN FocusMeは、去年の悔しい気持ちを胸に、リベンジャーでありチャレンジャーとしてLJL王者奪還を目指します。チーム史上最強の布陣であるとの自信もあり、ファンの皆様の期待に今年こそは応えられるよう、チーム一丸となってLJLに臨みたいと思っておりますので、応援のほど宜しくお願いいたします。

Top:Evi(エビ)
LJL 2017 Summer Split優勝チームのRampage(現PENTAGRAM)から今季DFMに加入。日本人では数少ない、ハイレベルな韓国サーバーでチャレンジャーになった選手の一人。高いレベルの個人技を持っており素晴らしいプレイでファンを魅了する選手。

Jungle:Steal(スティール)
韓国で有名なチームKT Rolsterで練習生をしていた実力派の韓国人プレイヤー。日本のチームに所属して半年ほど経つが、すでに日本語でコミュニケーションを取ることができ、そこから生まれる安定したマップコントロールでチームを勝利に導く。

Mid:Ceros(セロス)
ジグスやハイマーディンガーなども記憶に新しいが、使用できるチャンピオンの多さから、たびたび「日本発」のオリジナルメタを生み出すことが多いプレイヤー。長年の経験で培ったプレイにより、大黒柱としてチームを引っ張る。

ADC:Yutapon(ユタポン)
DFMのエースプレイヤー。どのロール、どのチャンピオンをとっても高水準に使いこなし、ゲームの理解度もとても高い。特に随所に見せる相手の裏をかくようなプレイに注目。

Support:viviD(ビビッドゥ)
今年でLJLでのプレイが3年目に突入する、日本語のコミュニケーションも問題ない韓国人プレイヤー。その練習量から、数々の名プレイを生み出している。コンビを組むYutaponとの連携もさらに深まってきた今シーズン、ボットレーンからのゲームメイクに期待。

Coach:JOON(ジュン)
韓国人コーチ。元スタークラフトのプロゲーマー。2017年にLCKの2部リーグのチームAPK Princeでコーチを務め、今季からDFMに加入した。

[画像7: (リンク ») ]

◇ 7th heaven (セブンスヘブン / 7h)
7th heavenとは、第七階層の天国。これ以上到達することが出来ない「極上の幸せ」と言う意味です。私たちにとっての“幸せ”とは、eスポーツがエンターテイメントとして多くの人たちに楽しまれることです。私たちは、プロのeスポーツチームとして、エンターテイナーとして、我々の活動を「楽しい」と思っていただけるよう、歩みを止めず真っすぐに進んでいきます。「強くあること」はあくまで「プロ」である最低条件でしかありません。私たち7th heavenはプロの「エンターテイナー」として、観客の皆さま、ファンの皆さまを楽しませることを目標に掲げます。日本のeスポーツ発展のため全力を尽くして活動して参りますので、応援よろしくお願いいたします!

Top:raizin(ライジン)
半年前突如としてプロシーンへ舞い降りた人気ストリーマー。ネガティブな前評判をものともしない圧倒的なプレイで、LJLの舞台でもリスナーを沸かせた。電撃的なデビューから半年、今年の活躍がもっとも楽しみな選手と言っても過言ではない。

Jungle:Savage(サベージ)
1年前に加入した若手韓国人選手。いたずらが大好きで、得意のジョークをよくメンバーに披露している。頭脳戦が得意で、サモナーズリフトの支配力では右に出るものがいないほど。とにかく研究や勉強がモットーだが、なぜか覚える日本語は変なものばかりである。

Mid:Rokenia(ロケニア)
LJLには2015年から参加している日本に馴染みの深い韓国人選手。穏やかな見た目とは裏腹にプレイのモットーは「とにかく敵を倒すこと」そのギャップと類を見ないメカニクスの高さでファンを魅了し続けている。カレーとトンカツとラーメンが大好きで、このうちのどれかを一日ひとつは食べている。

ADC:Haretti(ハレッチ)
朗らかな性格やファンサービスで愛され、ファンからは親しみを込めて老兵と呼ばれているが、プレイは冷徹そのもの。狙いを定めた相手を決して逃さない。今年は何人のプレイヤーがHarettiの矢に貫かれるのか!カメラの前の皆さんも要チェック!

Support:ThintoN(ティントン)
人生のすべてを7th heavenに捧げているプレイヤー。チーム設立当初から数えて3年のプロキャリアとともに成長してきた選手。安定したプレイに定評があり、できることをすべてこなすその姿は、見ていて気持ちが良いとファンからも評判。どれだけすごいプレイをしても真顔なのは愛嬌。真顔もイケメン。

Coach:Hw4ng(ファン)
半年前に加入した新米コーチ。元選手でコーチ業は初めてだが、性格も優しくチームの皆から慕われているイケメン。兄貴肌とは少し違うが、優しい近所のお兄さんをイメージしていただけるとぴったり当てはまる。


[画像8: (リンク ») ]

■LJLとは
『League of Legends Japan League(LJL)』は、ライアットゲームズによるリーグ・オブ・レジェンドの日本公式プロリーグです。2016年の発足以来、トップリーグと2部リーグに各6チームが所属しています。シーズンは、「Spring Split」と「Summer Split」の2つに分かれ、トップリーグでは世界大会(Mid-Season Invitational(MSI)/ World Championship (WCS))への挑戦権をかけて優勝を争います。各Splitでは、トップリーグ下位2チームと2部リーグの上位2チームとの入れ替え戦を実施するなど、あらゆるeスポーツプレーヤーにプロリーグへの門戸が開かれています。各試合の模様は、TwitchおよびOPENRECのLJL公式チャンネルでLIVE放送され、どなたでも観戦することができます。

■ライアットゲームズとは
「最高のゲームは、プレイヤー第一主義のチームから生まれる」という信念を持つ、2人のゲーマー、マーク・メリルとブランドン・ベックにより、『世界一プレイヤーを大事にするゲーム会社』をモットーとして2006年に創業。2009年には、デビュー作『リーグ・オブ・レジェンド』をリリースし、プレイヤーとメディアの双方から高い評価を受ける。本社は、米国カリフォルニア州サンタモニカにあり、世界19ヶ所にオフィスを展開。(2017年3月現在)日本オフィスは2014年4月に設立、リーグ・オブ・レジェンドの日本版サービスを2016年3月より開始。

[画像9: (リンク ») ]

■リーグ・オブ・レジェンドとは
2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。毎年9月から10月にかけて、世界中のトップチームが参戦する、eSports最高峰の世界的祭典「リーグ・オブ・レジェンドWorld Championship」が開催される。
オフィシャルサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。