AOSデータ、ファインデックスと資本業務提携の契約を締結 AOSデータのクラウドサービスとファインデックスの統合ソリューションを連携させ 地域連携やBCP、医療データのバックアップを支援

AOSデータ株式会社 2018年02月08日

From PR TIMES

データバックアップ、データ復旧、データ移行、データ消去などデータ管理製品及びサービスを開発・販売するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋、以下AOSデータ)は、株式会社ファインデックス(東証一部:3649本社:東京 代表取締役:相原輝夫、以下ファインデックス)と、医療ビジネス市場において緊密に業務上の提携を行うことで合意し、同社と資本業務提携契約を締結しました。今回の契約締結で第三者割当による2億円の資金調達も実現しました。



AOSデータは全国の医療機関において高いシェアを誇る医療ソリューションを提供するファインデックスとの提携により、クラウドサービスの需要が急速に高まる医療分野、またオフィス事業において、日本国内のAWSサーバを利用した安全かつハイレベルなソリューションを提供いたします。また今後は、医療機関における本格的なクラウド化を先導し、国の目指す医療データの集積・分析にも寄与して参ります。

■安全、安価に医療情報のデータ化へ
医療業界では、2010年2月に厚生労働省が「診療録等の保存を行う場所について」(いわゆる「外部保存通知」)を一部改定し、医療情報を医療機関以外の場所へ外部保存することが認められました。翌2011年3月に東日本大震災が起こり被災地で紙カルテが失われたことから、紙カルテをデータ化し安全に保存することも含めた業務継続計画(BCP)(注1)に大きな関心が寄せられるようになりました。

2017年3月には、災害拠点病院に業務継続計画(BCP)の策定が義務付けられ、今後その範囲は広まっていくと考えられます。このように、様々な規模の医療機関が安全かつ安価に診療録をバックアップする手段としてクラウドへの注目は高まっています。
(注1:災害や事故などが発生した場合に、企業や行政組織が基幹事業を継続したり、早期に事業を再開するために策定する行動計画。)

また、地域連携においても、在院日数の削減が進み地域包括ケアの需要が高まる中、医療・介護間での密な情報共有は不可欠であり、IT環境の異なる関係者をつなぐ手段としてクラウドサービスに注目が集まっています。国策においても医療データの集積を目的としたシステムを構築し、医療費削減や創薬、新たな医療技術の開発につなげていくなど、クラウドサービスの普及はもはや医療機関だけでなく国全体の流れとして進んでいます。

■AOSデータが提供するクラウドサービスとは
現在、日本国内のクラウドサービス市場は1.4兆円、2021年には3.5兆円を超えるとみられています。その中で、低コストに利用できるパブリッククラウドにおいて圧倒的シェアを持つアマゾンウェブサービス(AWS)は、世界190か国以上で数百万を超えるユーザーを持ち、日本国内においても金融機関や政府・教育機関など10万社以上の法人ユーザーを持っています。その柔軟・安全・拡張性に優れたAWSでAOSデータはクラウドサービスを展開しています。
AOSデータが提供する「AOSBOX」は全米トップテンレビューズの法人クラウドバックアップサービス部門で5年連続No.1(注2)を獲得しているクラウドバックアップサービスです。軍事レベルの暗号アルゴリズム(AES-256)で強固なセキュリティを構築すると共に、データの利用頻度に応じてストレージを使い分け低コスト化を実現しています。今後はデータのバックアップだけではなく、データの活用に着目しAI機能を搭載した製品「AOSBOX AIプラス」により、クラウドにバックアップされた膨大な医療データをディープラーニングの技術などを利用して、ビックデータの活用を実現してまいります。
(注2:AOSBOXは海外ではZoolzの名称で提供しております)

【株式会社ファインデックスについて】
名 称:株式会社ファインデックス
代表者:相原 輝夫
設 立:昭和60年1月26日
所在地:東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル33F
資本金:2億4,932万円
URL: (リンク »)
ファインデックスは、医療システムのスペシャリストとして常に革新的なソリューションを創り出し、診療の効率化やデータ活用による研究や病院経営を支援してきました。ファインデックスの医療ソリューションは、全国の大学病院から診療所まで幅広い医療機関で利用されており、国立大学病院の80%以上、大規模病院の50%以上という高いシェアを獲得しています。医療以外の分野においても文書管理を中心とした業務効率化ソリューションを展開しており、AIを利用したデータ活用ビジネスにも取り組んでいます。

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社
代表者:春山 洋
設 立:2015年4月 ※AOSテクノロジーズ株式会社から分社化
所在地:東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル4F
資本金:9,000万円
URL: (リンク »)
1995年創業のデータ復旧の老舗AOSテクノロジーズの100%子会社として設立。パソコンとスマートフォンのメンテナンスにおいて、購入から廃棄までライフサイクルに合わせた、様々なサービスと製品を提供しています。BCN(大手家電量販店のPOSデータを集計した実売データ)のシステムメンテナンスソフト部門では、9年連続1位の信頼と実績を得ています。今後一層、データバックアップ、データ移行、データ復旧、データ抹消及びセキュリティ製品などのデータ管理技術で知的財産を守り、社会に貢献して参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。