米国マーケットの変調、仮想通貨、… 激動の1月の影響は!? 2月以降の景況を診断・解説する、最新レポートを2/9(金)に公開

株式会社Good Moneyger 2018年02月09日

From PR TIMES

“ロボ×プロ”のハイブリッド投資アドバイザー「VESTA(ベスタ)」

“FinTech × Communication”で、難しいと思われがちな金融や投資の世界をより多くの人にとって身近なものにすることを目指す株式会社Good Moneyger(本社:東京都中央区、代表取締役:清水 俊博)は、マーケット指標のAIデータ分析とプロの投資家の定性分析にもとづく相場分析レポートの最新号を、2018年2月9日(金)に公開しました。



URL: (リンク »)
(※レポートは当ページにてサインアップ後、無料で閲覧できます。)

[画像1: (リンク ») ]



リスクを管理しながら資産を安定的に運用するためには、金融・経済に関する情報を定期的にチェックする必要があります。しかし、これらの情報には、一般的には難しいと思われるものも少なくありません。よく分からないと敬遠している人も多いでしょう。また、金融機関からの情報に対して、“ただ投資を促すための情報”と不信感を抱いている人も少なくないようです。

こうした悩みを抱える人たちのために、投資家の立場に立って中立的な市況分析を提供するのが、当社の無料投資アドバイスツール「VESTA(ベスタ)」の相場分析レポートです。毎月10日(10日が土日祝日の月はその前日)に公開で、完全無料で利用することができます。

<相場分析レポート 2月号のポイント>


ブラックマンデー再来!? 株式相場急落の裏側
ワシントンで最も退屈な男が握る株式相場
アルゴリズムが判定する相場の見通し
米国金利の上昇も下落も、日本にはつらい!?



[画像2: (リンク ») ]


将来のお金の問題に対して漠然とした不安を抱えているという人は少なくありません。こうした不安は、雇用や年金といった社会的な課題により、ますます大きくなるリスクもあります。“将来のための資産運用”は、重要性を増していくでしょう。他人任せではなく、自分自身でお金の問題に対してきちんと考えられる人が増えることが大切だと、当社では考えています。是非、この機会に当社の相場分析レポートを閲覧いただき、自身のお金や資産運用について考えるきっかけにしてもらえればと思います。


◆「VESTA(ベスタ)」について
URL: (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


「VESTA(ベスタ)」は、ユーザーのライフスタイルに応じた最適な投資プランを提案する、無料投資アドバイスサービスです。ロボアドバイザーとプロの投資家のメリットを掛け合わせて、客観的なアドバイスを手軽に、分かりやすく提供いたします。
また、IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)というスタイルを採用しているので、特定の金融商品を推奨するということもありません。手数料の安い金融商品を厳選するなど、中立的な立場で、資産運用をされるお客様と同じ視点でアドバイスを行えることが特長です。

現在、資産運用に悩んでいるという人はもちろん、これまで敬遠していた人が投資や金融について考えるきっかけになれるサービスだと自負しております。

<マーケット分析、投資戦略を担うメンバー>
※メンバーへの取材や講演の依頼についても、お問い合わせをお待ちしております。

清水 俊博
株式会社Good Moneyger代表取締役。京都大学経済学部を卒業後、リーマンブラザーズ証券に入社。外資系証券会社、Private Equity Fundなどで金融や経営に関する幅広い業務を経験し、2015年4月に当社を創業。

[画像4: (リンク ») ]


岡崎 良介
野村アセットマネジメント、バンカーズトラスト(現ドイチェアセットマネジメント)などで、年金・投信・ヘッジファンドなどの運用に長く従事。その経験を活かして、鋭い分析で市場を読み解く。テレビ・ラジオ番組、書籍執筆など幅広く活動中。

[画像5: (リンク ») ]


吉井 崇裕
モーニングスター、三菱アセットブレインズにてファンドアナリスト、国内生保系投信会社にて運用・営業関連業務に従事。楽天証券経済研究所ファンドアナリスト、金融リテラシー研究所・特別研究員などを兼任。マネー誌、新聞、テレビなどで幅広く活躍。

[画像6: (リンク ») ]





◆株式会社グッドマネージャー(Good Moneyger)について
URL: (リンク »)


[画像7: (リンク ») ]


株式会社Good Moneyger(グッドマネージャー)は、“FinTech × Communication”により、難しいと思われがちな金融や投資の世界をより多くの人にとって身近なものにすることを目指しています。

日本人の金融リテラシーは先進国において最低水準にあるとも言われますが、金融の重要性は今後ますます増していきます。多様化するライフスタイルとともに、求められる資産運用の形も変わるでしょう。次代の金融サービスはこうしたニーズを満たすものでなければなりません。AI、ロボ、ゲーミフィケーションといった技術を活用し、将来の不安を抱える人たちがお金と上手に付き合っていけるように、より多くの人にとって親しみやすい金融サービスを提供してまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]