当社初のL3スイッチなどを発売。ライトL3スイッチ『SWX3100-10G』、スタンダードL3スイッチ『SWX3200シリーズ』、インテリジェントL2 PoEスイッチ『SWX2310Pシリーズ』

ヤマハ株式会社 2018年02月09日

From PR TIMES

− Web認証や端末の死活監視に対応し「ネットワークの見える化」を強化、3月発売 −

ヤマハ株式会社は、スイッチ製品の新たなラインアップとして、ライトL3スイッチ『SWX3100-10G』、スタンダードL3スイッチ『SWX3200-28GT』『SWX3200-52GT』、インテリジェントL2 PoEスイッチ『SWX2310P-10G』『SWX2310P-18G』『SWX2310P-28GT』を2018年3月に発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


<価格と発売時期>
品名:ライトL3スイッチ
品番:SWX3100-10G
本体価格:74,800円(税抜)
発売時期:3月

品名:スタンダードL3スイッチ
品番/本体価格:SWX3200-28GT/298,000円(税抜)、SWX3200-52GT/498,000円(税抜)
発売時期:3月


品名:インテリジェントL2 PoEスイッチ
品番/本体価格:SWX2310P-10G/115,000円(税抜)、SWX2310P-18G/176,000円(税抜)、SWX2310P-28GT/225,000円(税抜)
発売時期:3月

関連オプション
品名:SFPモジュール
品番/本体価格:YSFP-G-SXA/68,000円(税抜)、YSFP-G-LXA/136,000円(税抜)
発売時期:3月

品名:SFP+モジュール
品番/本体価格:YSFP-10G-SR/78,000円(税抜)、YSFP-10G-LR/146,000円(税抜)
発売時期:3月

品名:ダイレクトアタッチケーブル
品番/本体価格:YDAC-10G-1M/20,000円(税抜)、YDAC-10G-3M/25,000円(税抜)
発売時期:3月

◎販売計画(SWXシリーズ合計):47,000台/年

[画像7: (リンク ») ]

このたび発売する『SWX3100-10G』『SWX3200-28GT』『SWX3200-52GT』は、当社初となるL3スイッチです。このうち、ライトL3スイッチ『SWX3100-10G』は、LAN内のパケット転送に必要なスタティックルーティング機能を搭載した、小規模ネットワーク向けのモデルです。また、スタンダードL3スイッチ『SWX3200-28GT』『SWX3200-52GT』は、ダイナミックルーティングや初搭載の「スタック機能」による冗長化、10GのSFP+スロットなど、大規模ネットワークで必要な機能を搭載しています。インテリジェントL2 PoEスイッチ『SWX2310P-10G』『SWX2310P-18G』『SWX2310P-28GT』は、既発売のインテリジェントL2スイッチ「SWX2300」シリーズの機能に加え、すべてのLANポート*がIEEE802.3atに準拠したPoE給電機能を搭載しているため、各ポート最大30Wの給電が可能です。また、装置全体の給電能力は、全ポート同時に15.4Wの給電が可能です。いずれのモデルも、ネットワークの可視化機能「LANマップLight」を搭載し、スイッチを通じてLANの状態を一目で確認することができます。また、スイッチ機能として、新たに「Voice VLAN」や「Web認証」に対応するほか、管理機能面では、端末の死活監視やパフォーマンス観測機能を追加しています。今回のラインアップ追加により、構築するネットワークの規模や構成に合わせて、最適なモデルを選択することが出来るようになったほか、企業内ネットワークのすべてをヤマハのネットワーク製品で構築することも可能です。
※コンボポートのLANポートは除く。
[画像8: (リンク ») ]



細は、以下の通りです。


<主な特長>
1.企業内ネットワーク構築に最適なスイッチ
今回発売するスイッチ製品は、企業内ネットワークの構築に最適化し、従来からの拠点間通信やLAN管理の利便性をさらに向上させるため、以下の機能を実装しています。
スタック機能
『SWX3200-28GT』『SWX3200-52GT』および『SWX2310P-28GT』は、当社のスイッチ製品として、初めてスタック機能*を搭載しました。大規模ネットワークの構築の際、ネットワークの障害対策を目的として、経路だけでない機器の冗長化の手段として機能します。また、一般的なVRRPを用いる方法と比べて、待機スイッチが不要となるため、スイッチの利用効率を高めることができます。さらに、1台のスイッチのポート数では足りない場合に、仮想的に複数台のスイッチを1台のスイッチであるように動作させることで、ポートを容易に増設することが可能です。
※ダイレクトアタッチケーブル『YDAC-10G-1M』『YDAC-10G-3M』が必要です。
[画像9: (リンク ») ]

セキュリティー機能の強化
今回発売する全てのスイッチ製品は、より強固なセキュリティーが必要なネットワークに対応するため、インテリジェントL2スイッチ「SWX2300シリーズ」で採用したMACアドレス認証およびIEEE 802.1X認証に加え、新たにWeb認証に対応します。また、新たに認証機能の併用に対応し、1台のスイッチで複数の認証機能が使用可能です。さらに、MACアドレスをベースとした通信許可端末の制限を行うポートセキュリティー機能を搭載しており、通信を許可する端末をあらかじめ登録しておくことで、不正なアクセスがあった場合にパケット破棄やポートをシャットダウンさせることができます。


[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]

「LANマップLight」によるネットワークの可視化
今回発売する全てのスイッチ製品は、WebGUIによる可視化機能「LANマップLight」を搭載しており、コマンド入力による設定ではなく、グラフィカルな画面でスイッチの設定が可能です。「LANマップLight」では、スイッチとは別に監視装置を用意する必要がなく、スイッチ単体でループや端末の異状などを確認することが可能です。コマンドによる設定は、業界標準のコマンド体型となっており、設定に際して、新たな学習は不要です。また、SNMPやRMONなどにも対応しているため、従来からの機器や設備でネットワーク監視を行うこともできます。さらに、当社スイッチ製品としてはmicroSDカードスロットを初めて搭載しました。内部に蓄積したデータのバックアップやファームウェアの起動・更新手段として、microSDカードが使用可能です。
[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]

「LANマップLight」によるネットワーク可視化イメージ
Voice VLAN
今回発売する全てのスイッチ製品は、IPフォンなどの音声専用端末と、PCなどを異なるVLAN(Virtual LAN)に配置する「Voice(音声) VLAN」に対応しています。これにより、データトラフィックと音声トラフィックが混在することを防ぐことができます。

2.精度の高い端末の死活監視機能
今回発売する全てのスイッチ製品は、精度の高い端末の死活監視機能を搭載しています。従来のサーバーや無線LANアクセスポイントなどの端末の監視は、PING (Packet Internet Groper)で行われており、異状を検出できないことがありましたが、以下の3つの方法を組み合わせることで、スイッチ単体で精度の高い端末の死活監視を実現します。
・PINGコマンドによる死活監視
・LLDP(Link Layer Discovery Protocol)による定期通信の確認
・監視対象端末が接続しているポートの受信スループットの確認
また、IPカメラのように、監視対象端末が一定の帯域を使用する場合、ポートの受信スループットの確認は効果があります。この監視で異常を検出した場合には、以下の3つの動作を選択できます。複数を組み合わせることも可能です。
・メール通知
・「LANマップLight」やSNMPマネージャーへの通知
・監視対象端末がPoE機器の場合には、給電のオフ/オンにより端末を再起動*させる。
※インテリジェントL2 PoEスイッチ『SWX2310P-10G』『SWX2310P-18G』『SWX2310P-28GT』で対応。
[画像14: (リンク ») ]


3.パフォーマンス観測
今回発売する全てのスイッチ製品は、CPUおよびメモリの使用量やトラフィック量の観測を定常的に行う機能を搭載しているので、大規模ネットワークの保守運用業務の負担となっている、機器の稼働状況や通信状況の把握を容易にします。また、観測した結果を元に、1時間毎、日毎、月毎の変動データ1年分をスイッチ内部に蓄積し、蓄積したデータはmicroSDカードにバックアップが可能です。さらに、スイッチのWebGUIにアクセスすることで、ライブデータや蓄積したデータをダッシュボード画面で確認し、蓄積した結果をPCへ保存できます。保存したデータはCSVファイルとなっているため、表計算ソフトで自由に加工することができ、短期的な通信状況の把握や長期的な需要予測から将来の設備設計への活用が可能です。


[画像15: (リンク ») ]



スイッチ製品情報サイト
(リンク »)
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
(リンク »)


※仕様および機能の名称は、予告なく変更することがあります。
※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヤマハ株式会社の関連情報

ヤマハ株式会社

ヤマハ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。