バーバリーの17年間の歴史がつまったサウンドトラックがApple Musicに登場

バーバリー・ジャパン株式会社 2018年02月10日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

バーバリーは、Apple Musicとコラボレーションにより、過去17年間にランウェイショーやイベント、キャンペーンで使用されたサウンドトラックのプレイリスト「17 Years of Soundtracks」を発表しました。

クリストファー・ベイリーがバーバリーに着任して以来、17年間に亘って音楽は、クリエイションの重要な要素としてブランドのあらゆるシーンを彩ってきました。今回のサウンドトラックは、バーバリーのために楽曲やパフォーマンスを提供したミュージシャンや、バーバリーの過去、現在、未来に対する敬意を表して、クリストファー・ベイリー自身がキュレーションしています。

「17 Years of Soundtracks」には、これまでランウェイショーのサウンドトラックとして使われたアデルやペット・ショップ・ボーイズ、エルトン・ジョンなどの楽曲を含む200曲以上がラインナップ。さらに、2月17日(土)にロンドンで行われるクリストファー・ベイリーのラストショーで使用する曲も後日追加されます。

バーバリーの「2018 Februaryコレクション」は、2月17日17時(日本時間 2月18日 1時)から、公式サイトにてライブ配信されますので、ぜひこちらからショーの模様をご覧ください。
(リンク »)


Apple Music 「17 Years of Soundtracks」配信ページ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]