全国約300校が参加「教育ポートフォリオ」研究会|3月の福岡での増設開催をもってeポートフォリオの活用フェーズへ

日本アクティブラーニング協会 2018年02月12日

From PR TIMES

最先端「eポートフォリオ」の実践的活用を通じて、これからの教育をつくる

日本アクティブラーニング協会は、大学入試等での多面的な人物評価に活用される「ポートフォリオ」について、実証事例をもとに研究する取り組みとして、「教育ポートフォリオ」研究会を8月より実施しています。これまで、全国の学校からの多数の申し込みがあり、東京会場、京都会場での増設を行ってきましたが、3月3日(土)福岡での開催をもって研究会の実施は一区切りとし、4月からは、これまでの参加学校との協働により、eポートフォリオを活用した教育モデルの確立に向け、運用・実証を進めるフェーズに移っていきます。



[画像: (リンク ») ]


■背景
ポートフォリオは、テストの点数だけではわからない人の成長プロセスや非認知能力を可視化でき、振り返りによる学びの効果向上や入試における多面的・総合的評価を実現するツールとして期待されています。国内大学のAO入試や海外大学の入試ではすでに取り入れられており、2020年入試改革においては、すべての入試方式で、数年間にわたる学校内外の活動記録をまとめた活動実績報告書(ポートフォリオ)が求められるようになります。現在、日本国内にも、ポートフォリオを活用した教育を実践している現場はあるものの、アナログでの運用になっているケースが多く、また、集合知としてモデル化されているわけではありません。そこで、日本アクティブラーニング協会は、「教育ポートフォリオ」の実践という共通の目的意識を持った教育関係者と協働することで、点在しているナレッジを集め、ポートフォリオ活用型の教育モデルの形成に向けてアクションをとるため、「教育ポートフォリオ」研究会を8月より開催してきました。この取り組みには、中学校・高校を中心として、これまでに全国約300校が参加しています。
(リンク »)

■概要
このプログラムは、独立行政法人教職員支援機構「平成29年度教員の資質向上のための研修プログラム開発支援事業」に採択されており、文科省/JASSO「トビタテ!留学JAPAN」で活用されているSNS型eポートフォリオ「Feelnote」(特許第6028123号)を使って行われます。

なお、本研究会の参加校のうち、一定条件を満たす学校については、Feelnoteを無償で提供し、4月よりeポートフォリオの本来的な活用を推進する取り組みを協働して進めていきます。

▼ Feelnote無償提供についての詳細
(リンク »)

<名称>
「教育ポートフォリオ」研究会

<対象>
小中高大教職員、教育委員会

<日程>
福岡会場
2018年3月3日(土)13:30~17:30

<定員>
40名(先着順)
*各団体2名様までのご参加とさせていただきます。

<会場>
福岡:
アクア博多 3F会議室B
福岡県福岡市博多区中洲5-3-8

<参加費>
無料

<主催>
日本アクティブラーニング協会
株式会社サマデイ

<協力>
ウェブリオ株式会社
株式会社JTB九州

<申込方法>
Webサイトのフォームより
(リンク »)

■Feelnoteについて
SNS型eポートフォリオ「Feelnote」は、SNSのような感覚で記録をしていくだけで、気軽に一生モノのポートフォリオが作成できる学習者主体のシステムです。現在、文部科学省/JASSO「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」や中高一貫校などに在籍する国内の中高生、大学生に活用されています。米国の有名大学が採用し、日本の大学に展開を予定している入試システム「Universal College Application」と連携する公認システムでもあります。

HP: (リンク »)
活用事例: (リンク »)

■運営事務局
一般社団法人日本アクティブラーニング協会
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。