ウェブセミナー 日産×Amanek - 進化する移動とユーザー体験を議論

ReVision Auto&Mobility 2018年02月13日

From PR TIMES

ライドシェア、カーシェアリングなど移動のさまざまな形が世界的に広がりをみせる中で、車のコネクティビティをどう活用できるか、また移動にどのような付加価値を与えることができるか議論します。

ウェブセミナーは、日産自動⾞でコネクテッドカーとモビリティサービスの可能性に挑む三浦修一郎氏と、ホンダで日本のテレマティクスをリードし、現在はモビリティ向けデジタルラジオ放送局Amanekチャンネルを運営する今井武氏を講師に迎え、「コネクテッドカーが創り出す新たな“移動のカタチ”と“ユーザー体験”とは」と題して開催。2月20日(火)午後5時から1時間30分、オンライン・ライブ配信します(有料登録制)。



ウェブセミナー概要はこちらからご覧いただけます:
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]


ライドシェア、カーシェアリングなど移動のさまざまな形が世界的に広がりをみせ、自動運転技術の進化と相まって、クルマは従来とは異なる移動ツールへと変化しようとしています。また、“つながり”や“コミュニケーション”を求めるデジタルネイティブ世代は、クルマに対する捉え方も変わってきています。

ウェブセミナーでは、モビリティの変化を読み解き、自動車メーカーやサプライヤーがコネクティビティを活用して変化にどう対応できるのか、新時代のクルマと移動のあり方を考えます。さらに、コネクテッド技術で得られる情報を活用して、クルマにどのような付加価値を加えることができるのかを「ユーザー体験」の視点から考えていきます。

視聴参加者から投稿質問を受付け、ライブ・アンケートも実施するなどインタラクティブな構成です。実施時刻に視聴が難しい場合でも、登録いただいていれば後にウェブセミナー録画ビデオをお送りします。

■■ 開催概要 ■■
2018年2月20日(火)17:00~18:30 <90分間、オンラインにてライブ配信>

17:00~ プレゼンテーション 「ユーザーニーズが変化する中で、自動⾞メーカーは⾞を使った移動サービスをどう提供していくべきか」
 三浦 修一郎氏
 日産自動⾞株式会社 アライアンスコネクテッドカー&モビリティサービス事業部
 サービスデリバリ&サポート管理部部長

17:20~ プレゼンテーション 「移動の喜びや新たな体験を形作るため、次世代のコネクテッド・サービスとその在り方を考える」
 今井 武氏
 株式会社アマネク・テレマティクスデザイン 代表取締役CEO
 自動⾞技術会フェロー

17:40頃~ ディスカッション 「モビリティの姿が変貌する今、自動⾞業界は新たな価値を生み出すためにコネクティビティやIoTをどう利用すべきか」
 今井 武氏 × 三浦 修一郎氏
■■  ■■  ■■

ウェブセミナー概要はこちらからご覧いただけます:
(リンク »)


無料動画公開サイトにて、これまで実施したウェブセミナー動画をご覧いただけます:
(リンク »)


本ウェブセミナーは、自動運転・コネクテッドカー・次世代モビリティで、新たなビジネスモデルづくりとイノベーションを志す人たちのメディアプラットフォームReVision Auto&Mobilityが運営しています。
(リンク »)


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。