インクジェットプリンターの新シリーズ 特大容量タンクを搭載した“G3310/G1310”を発売

キヤノン株式会社 2018年02月13日

From PR TIMES

キヤノンは、インクジェットプリンターの新製品として、新たに特大容量タンクを搭載したGシリーズ“G3310/G1310”を2018年2月22日より発売します。



キヤノンは、これまで年賀状や高画質写真、ビジネス文書、チラシ、アート作品など多様なプリントニーズに対応してきました。今回、小規模事業所や店舗におけるビジネス文書の印刷や、家庭における子どもの学習教材の印刷、学生のレポートや論文の印刷などプリント機会が多いユーザーの要望に応え、インク交換頻度の手間を低減し、低ランニングコストを実現した特大容量タンクモデルGシリーズを新たに展開します。キヤノンは、今後も多様化するユーザーニーズに応える製品群・アプリケーションを幅広く提供していきます。

■ 低ランニングコストと高い生産性を実現
“G3310/G1310”は、特大容量タンクを搭載し、本体にブラック2本、カラー(シアン/マゼンタ/イエロー)各色1本ずつのインクボトルを初期同梱しています。大容量インクボトル各色1本(別売り)で、ブラックは約6,000ページ(※1)、カラーは約7,000ページ(※1)の大量印刷が可能です。従来のインクカートリッジモデルと比較してインク交換の頻度を大幅に低減し、交換の手間を軽減します。インクコストはA4カラーで約0.8円(※2)、A4モノクロで約0.3円(※2)と低ランニングコストを実現し、気兼ねなくプリントすることができます。

■ インク残量が一目でわかる特大容量タンク
インクの残量が一目でわかる特大容量タンクを本体前面に配置することで、インクの補充を適切なタイミングで簡単に行うことができ、使いやすさを追求しています。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



[表: (リンク ») ]



※1 印字枚数はISO/IEC24712のテストチャート(カラーチャート)を使用し、キヤノン独自の測定方法で算出したものです。この印字枚数はユーザーがプリンター購入後に最初に充填したインクボトルではなく2回目以降に充填するインクボトルを使用して算出しています。付属のインクボトルを取り付けて初めてプリンターをご利用になる際には、プリントヘッドのノズル等プリンター内部にインクを満たして印刷可能な状態にするためインクを消費します。このため付属のインクボトルで印刷できる枚数が2回目以降に取り付けるインクボトルで印刷できる枚数より少なくなります。
※2 税別。普通紙使用時。インクコストは、「家庭用インクジェットプリンターの印刷コスト表示に関するガイドライン」〈一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)制定〉に従って表記を行っています。インクコストの測定環境の詳細は、キヤノンホームページをご参照ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。