【アキナジスタ】Smartphone Ad Platform(スマートフォンアド プラットフォーム) 「TAP ONE (タップワン)」クリエイティブ毎のROAS最適化機能をアップデート!

アキナジスタ株式会社 2018年02月14日

From PR TIMES

― LTV数値を元に より効率的なクリエイティブを制作可能に ―

アキナジスタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 祐介)の運営する Smartphone Ad Platform「TAP ONE(タップワン)」は、管理画面上にてクリエイティブ毎の LTV(※1)を追える機能をアップデートを行いました。今回のアップデートに伴い、従来では追う事の出来なかったクリエイティブ毎の LTV 数値を判別すると同時にクリエイティブ毎の ROAS 運用(※2)が可能となりました。



■ 配信イメージ
[画像: (リンク ») ]


データを蓄積する事で、CTR(※3)/CVR(※4)より深い LTV 数値を元に効率的なクリエイティブを制作する事も可能となりました。今後も広告主様の意向に沿ったデザイン、KPI 指標(※5)を達することの出来るクリエイティブを自社クリエイティブチームと連携し生み出すことで広告主様の収益拡大に最大限貢献してまいります。

■機能アップデートの背景
アドテクノロジーの進化に伴い、広告主様の広告出稿におけるKPI指標がCPI(A)からROASを重視する傾向となっております。変化する配信需要に応える為、TAP ONEでは管理画面上でクリエイティブ単位での課金額(率)を可視化し、ROASの良いクリエイティブを効率的に配信出来るよう本機能を開発致しました。

【 スマートフォンアドプラットフォーム TAP ONE(タップワン)について 】
TAP ONE(タップワン)は「世の中にお客様の商品を広め、価値を高めていくこと」を目的とし2013年にリリースしたスマートフォン対応のアドプラットフォーム。通常のバナー広告はもちろん、ネイティブアドは業界でも初期に配信を開始しており、現在は良質な大手ニュースメディアを中心に、日本最大級のアドネットワークを構築しております。またターゲティング、エリア配信等の最新のアドテクを導入しており、商材に合わせた最適な訴求が可能。ウェブサイト  (リンク »)

(※1)LTV(Life Time Value)とは、一人の顧客が取引期間を通じて企業にもたらす利益(価値)のこと。
(※2)ROAS(Return On Advertising Spend)とは、投資した広告の費用の回収率。広告費用に対して、何%の売上があったかを計算する指標。
(※3)CTR(Click Through Rate)とは、表示回数に対して広告がクリックされた割合のこと。
(※4)CVR(Conversion Rate)とは、広告をクリックした人のうち、最終成果に至った人の割合のこと。
(※5)KPI(Key Performance Indicator)とは、最終的な目標を達成するための、過程を計測する中間指標のこと

■アキナジスタ株式会社とは
アキナジスタは、『インターネットサービスを通して世の中を元気にする』というビジョンのもと、インターネット広告事業を軸とし、スマートフォンアプリなどのメディア開発・運営に取り組んできた豊富なノウハウを活かし、グローバル展開も含めたトータルプランニングを行なっております。今後も「常識を変える。未来を想像する。」という経営理念の元、常識や固定概念に縛られず、自由な発想で「世の中にまだない価値」を創造し、全世界へ向けたサービスを展開して行きます。

【会社概要】
会社名:アキナジスタ株式会社
所在地:〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-5 九段北325ビル
設立:2000年7月24日
資本金 :187百万円(2017年9月末時点)
代表者名:代表取締役社長 小林祐介
事業内容:インターネット広告事業(アドネットワーク事業、広告代理事業、自社メディア事業)
Webサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アキナジスタ株式会社の関連情報

アキナジスタ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。