シリーズ延べ120万人受講の「ヒアリングマラソン」が、「App Pass(アップ パス)」に登場  

株式会社アルク 2018年02月15日

From PR TIMES

アルクのロングセラー「1000時間ヒアリングマラソン」のエッセンスを、毎月楽しめる

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)は、ソフトバンク株式会社(東京都港区、代表取締役社長:宮内 謙)が提供する月額制アプリ取り放題サービス「App Pass(アップ パス)」にて、株式会社C2(東京都文京区 代表取締役社長:安田 昭夫、以下C2)と共同で、通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」のコンテンツの提供を開始したことをご案内申し上げます。



[画像1: (リンク ») ]

開講から36年、シリーズ延べ120万人受講の通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」は、英語を英語のままで理解できる耳の「ブレークスルー」を実現する英語学習プログラムです。

本アプリでは、「1000時間ヒアリングマラソン」の教材制作で培ったノウハウを凝縮し、さらに身近に提供します。
「1000時間ヒアリングマラソン」のバックナンバーより、アプリ学習に最適な「これで聞ける! 英語の音」、「気になる話題でトーク!」、「ニュースの斬り方」を毎月更新、そのほか人気の書籍『どんどん読める 心温まる 英語で泣ける ちょっといい話』も収録します。

ソフトバンクで「App Pass」をご契約の方は、毎月新しい内容を追加料金なしで学習可能です。アプリならではの学習機能に加え、ヒアリング時間も自動で記録され、隙間時間の英語学習におすすめです。

「1000時間ヒアリングマラソン アプリ版 for App Pass」概要
<収録コンテンツ>
「マンスリーテキスト」
目的・素材別に、以下の4つのコンテンツで構成、毎月更新されます(提供期間は約2カ月間)。
1.これで聞ける!英語の音
ネイティブスピーカーが話す自然な英語を聞き取れるようになるために、知っておきたいルールや聞き取りのコツを学びます。

2.気になる話題でトーク!
ノンネイティブを含む3人の話者による、イマドキの話題についてのフリートーク。口ごもり、言い直し、なまりのある自然なやり取りを聞き取る力と、自分の意見を述べる力を鍛えます。

3.ニュースの斬り方
海外メディアで放送されたニュースの聞き取りに挑戦します。ニュース英語の構造を理解し、概要から詳細へと聞き取りの精度を高め、さらにはアウトプットにも挑戦しましょう。

4.英語で泣けるちょっといい話
英語圏、特にアメリカで長い間読まれ続けている、心に残る物語を収録したリーディング用教材(音声付き)。心がじんと温まると共に、「読み切った達成感」、「多読へのモチベーション」、「英語で物語を読む楽しさ」を感じることができます。


<アプリ構成>
●「メイン学習」
通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」の教材と同じステップ学習を可能な限りスマホ上で再現しました。概要把握、語注による内容把握、穴埋め問題など、課題に取り組みながらヒアリングすることで、段階的に内容を理解していく「ヒアリングマラソン」の効果的な学習方法を体感できます。
[画像2: (リンク ») ]



●「ヒアリングログ」
ヒアリングをした時間はアプリ内に自動で記録されます。「ヒアリングログ」では画面をスワイプして、「全体の概要」と「カレンダー」の切り替え表示も可能です。
・全体の概要:
アプリ内、またはその他のヒアリング総時間を表示。目標のヒアリング時間とご自分の状況が表示されるので、学習の目安になります。
[画像3: (リンク ») ]


・カレンダー
日付ごとにヒアリング時間の詳細を表示。ラジオやテレビなどでヒアリングした時間も入力でき、本アプリ以外でも、どんどん「聞いて理解する」学習習慣を身につけられます。

<商品情報>
【タイトル】1000時間ヒアリングマラソン アプリ版 for App Pass
【URL】 (リンク »)
【価格】App Pass会員無料

○App Passの使い方はこちら
(リンク »)

●アプリ開発・販売元
株式会社C2 (リンク »)
所在地:東京都文京区2-29-3
事業内容:スマートフォン及びタブレット向けアプリ・WEBコンテンツの企画・開発・運用・保守。スマートフォン向けWEBソリューションの企画・開発・運用保守IoTを活用したサービスの企画・開発・運用保守。

●教材提供
株式会社アルク (リンク »)
所在地:東京都千代田区九段北4-2-6 市ヶ谷ビル
事業内容:通信講座、書籍、eラーニング教材、Webサービス・デジタルコンテンツの企画・制作・提供、英語・日本語スピーキング能力診断サービスの提供、法人向け語学研修、小中高留学支援など語学教育事業を幅広く展開。

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
●アプリについて
株式会社C2 担当 堀江(ほりえ)
e-mail:contact@c2inc.co.jp
TEL:03-3830-0260

●教材について
株式会社アルク 広報担当 河合(かわい)
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アルクの関連情報

株式会社アルク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。