牡蠣・魚介類に特化したネット通販一括代行サービスを開始

株式会社アイリンク 2018年02月16日

From PR TIMES

会員制ECプラットフォーム「OWSマーケット」

今までハードルが高くてネット販売を進めていなかった生産者、またはネットショップを立ち上げても、ネットでの集客方法が分からずに思ったように売上が上がらない生産者に対し、当社と提携することでITスキルを必要とせずにネット通販を行うことができるものです。



この度、株式会社アイリンク(所在地:宮城県仙台市若林区 代表:齋藤浩昭)は、2月15日に、牡蠣を中心とした魚介類の会員制ECプラットフォーム「OWSマーケット」をオープンしました。

当サービスは、今までハードルが高くてネット販売を進めていなかった生産者、またはネットショップを立ち上げても、ネットでの集客方法が分からずに思ったように売上が上がらない生産者に対し、当社と提携することでITスキルを必要とせずにネット通販を行うことができるものです。

牡蠣産業は昨今の風評被害、気候変動などによる外的影響を受けやすく、また剥き身生産中心の生産地では剥き身価格の変動が大きいために、生産者の収入は不安定となっています。このために生産者から、直接に飲食店・小売店への卸販売や、一般消費者へ販売することで、安定した価格で販売することが重要となっています。

当サービスの利用によって生産者は、卸売市場や食材卸売問屋を通さずに、直接飲食店に卸し、または一般消費者に販売するものです。その際のネット集客販売代行を当社が行います。

今後、OWSマーケットでは、既に当社が販売提携している生産者のうち20社の商品を出品する予定となっており、今年中に新規で80社を増やし、合計100社の生産者の出店を目指し、牡蠣・魚介類に特化した会員制ECプラットフォームづくりを進めてまいります。
[画像: (リンク ») ]



【当サービスの概要】
・サイト名称:OWSマーケット
・URL:www.oysterwholesale.com
・サイトオープン日:2018年2月15日(木)

【OWSマーケットの特徴】
(1)OWSマーケットは、牡蠣を中心とした魚介類販売の会員制通販サイトです。
(2)当社が生産者の代わりにショッピングサイトを作成し、販売促進から、お問合せなどへの接客、注文対応、納品までの案内など、生産者に代わってネット通販一括代行サービスをご提供します。これによって生産者は、ホームページを作成したり、お客様への電話対応をしたり、メール作成したり、配送伝票を作成したり、代金回収のための請求をしたりすることが必要なくなります。
(3)当社が保有する牡蠣ファン2万人以上に、牡蠣・魚介類の販売促進を行うので、生産者は自らネットでの営業を行う必要はありません。
(4)ネット通販一括代行手数料として、月額5,000円と売上手数料20%を生産者からお支払いただきます。(初期費用はホームページ作成料として30、000円)

【OWSマーケット 生産者のメリット】
・出店のハードルが低い通常のオンラインショップは、ホームページ作成に時間がかかります。Amazonや楽天などのショッピングモールへの出店も同様です。OWSマーケットは、商品ページ作成を代行しますので、特別な知識は必要なく、ショッピングモールに出店できます。
・牡蠣ファンへの紹介
自社でショップを開設したり、他のモールに出店しても困るのは集客。顧客をつくるために、年月とコストがかかります。OWSマーケットの運営は、10年以上、牡蠣ネットショップを運営してきた当社が行い、当社が保有する牡蠣ファン2万人に生産者の商品を案内していきます。
・ネット通販を丸ごとアウトソーシング
クレジットカード会社など決済会社との契約や、ヤマト運輸との契約すら必要ありません。ご注文があれば、当社スタッフが注文受け付けを代行し、商品のお問合せも対応します。ご注文の翌日には印字されたヤマト送り状が届きます。代金回収も代行しますので簡単にネットで販売できます。

【OWSマーケット お客様のメリット】
・注文がしやすい
会員制のため一度会員登録すると、注文の都度、注文者情報を入力する必要がありません。飲食店はスマホで気軽にご注文できます。
・ワンストップで産地を揃えられる
日本で一番牡蠣生産者が出店しているサイトだから、ワンストップで全国の牡蠣を仕入れられます。今年中に100社の出店を目指しています。
・生産者の顔が見える
牡蠣・魚介類の専門サイトのため、サイト内での競争もあり、他のサイトよりも安く購入でき、また生産者の顔が見えるので安心です。

【株式会社アイリンクについて】
国内最大級の牡蠣のネットショップ旨い牡蠣屋( (リンク ») )を運営し、2011年の東日本大震災から2週間後、3月26日に三陸牡蠣復興支援プロジェクト( (リンク ») )を立ち上げ、クラウドファンディングを利用して3億円以上の資金を調達し、三陸の牡蠣生産者383名に養殖資材を寄付し、養殖再開を支援しました。
2012年石巻市渡波に「かき小屋渡波」をオープン(翌年営業譲渡)、同年4月仙台市宮城野区に「かき小屋仙台港」(2017年営業譲渡)をオープン、2013年ベトナム・ホーチミンに三陸牡蠣を販売するKAKIGOYAをオープン、同年10月に石巻サンファンパークにおいて「第1回三陸オイスターフェスティバル」( (リンク ») )主催(2015年11月に第二回を開催)、同年12月「三陸牡蠣ノボリ1000本プロジェクト」( (リンク ») )を開始、2014年3月「三陸牡蠣 買って応援プロジェクト」を開始、同年9月「カキ小屋パートナー制度」( (リンク ») )よりカキ小屋のフランチャイズチェーンを展開し(現在10店舗)、2016年に三陸プレミアム牡蠣養殖支援プロジェクト( (リンク ») )を開始しました。
また昨年2017年3月に、仙台市青葉区定禅寺通りにおいて和風オイスターバー「かき蔵」( (リンク ») )をオープンしました。



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイリンクの関連情報

株式会社アイリンク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]