株式会社GLANd、元サッカーブラジル代表のロナウジーニョ氏と広告出演契約締結。ロナウジーニョ氏の自宅で引退と今後のキャリアについても語る。

株式会社GLANd 2018年02月16日

From PR TIMES

株式会社GLANd(本社:東京都渋谷区、代表取締役:眞弓 隼人)は、強靭なカラダづくりをサポートするサプリメント『金剛筋HMB』のイメージキャラクターに、元サッカーブラジル代表のロナウジーニョ氏を起用いたします。



[画像1: (リンク ») ]

金剛筋HMBは、「Make you high performer.(ハイパフォーマーを目指す、すべての者たちへ。)」をコンセプトに、世界トップクラスの一流アスリートに向けて開発したHMBサプリです。世界で闘ってきたトップアスリートであり、数々の伝説をつくってきたロナウジーニョ氏は、金剛筋HMBの世界観にピッタリと合い、幅広い層に対して力強く訴求もできる唯一無二の存在であると確信し、今回の起用にいたりました。ロナウジーニョ氏も、金剛筋HMBのコンセプトに共感してくださり、実際に金剛筋HMBを愛飲してくれています。

[画像2: (リンク ») ]

我々はイメージキャラクターの起用を機に、ロナウジーニョ氏の自宅に訪問し、宣伝素材の撮影を実施しました。ロナウジーニョ氏の友人なども集まり、とてもあたたかく迎えてくださいました。撮影前に全員と丁寧に握手を交わしてくださり、そのスーパースターらしからぬ物腰の柔らかさにその場にいた全員が感銘を受けました。

引退を表明した直後ということもあり、イメージキャラクター起用と、引退についてのコメントをもらっています。

ロナウジーニョ氏のコメント:

<引退と今後のキャリアについて>

僕にとっては、ボールと一緒にいることが幸せだった。ドリブルをする時、ゴールのアシストをする時、ペナルティキックを蹴る時……、ボールと一緒だったからすべてが楽しかった。数々のゴールを生んできたけど、どのゴールも思い出深いものだから1番を選ぶことはできないかな。

引退を決意した一番の理由は「新しい人生をはじめたいと思ったから」だよ。もう38歳になるしね。7歳から始めてプロに入って15年以上サッカーに没頭してきたから、今この歳になって新しい人生をはじめたいって思ったんだ。周りの友達には、引退することをずっと前から話していたよ。サッカーを続けて欲しいって意見もあったけど、最終的には引退に賛成してくれた。長い付き合いだから、僕のキャリアを理解してくれてるし、いつも全面的にサポートしてくれるんだ。家族も同じで、引退に賛成してくれたし、僕の決断をリスペクトしてくれたよ。

引退を表明してからは生活がガラッと変わったよ。トレーニングもないし、試合もないし、遠征もない。今は好きなフットバレーをよくやってるよ。幸いにも僕の庭にフットバレーのコートがあって、自国の有名選手を呼んで一緒にフットバレーをやったり、音楽を作ったり……、それが僕が最近好きでよくやってることかな。

親善試合とかコメンテーターとか、色んな仕事のオファーがきているから、将来の方向性はいくらでもあると思ってるよ。僕がやりたいと思ってるのは、子供のためのサッカーアカデミーを世界に広めていくこと。あとは音楽。音楽とサッカーはいつも僕と一緒に歩んできた。今後もしできるなら、バンドを組んでミュージシャンとして夢を叶えてみたいと思ってるよ。

<トレーニングと金剛筋HMBについて>

僕のプレーはトレーニングの積み重ねで表現できた。何か特別なことをしていたわけじゃないけど、栄養と休息は常に意識していたよ。あとは、現役時代からずっとサプリメントを飲むようにしていた。プロの選手じゃなくても、強固なカラダを作るためにサプリメントはすごく助けになる。とっても重要なんだ。相手選手と激しくカラダをぶつけ合ったり、ボールを瞬発的に奪いに行く時も、すべてのパフォーマンスは体の土台があって初めて成り立つからね。

僕は日本製の商品には絶対の信頼があるんだ。特に金剛筋シリーズはよくできている。金剛筋ならすべてのアスリートのパフォーマンスを高めてくれるはず。僕が約束するよ。ハイパフォーマーの1人としてね。

<インタビュー動画>
(リンク »)
[動画: (リンク ») ]



<ロナウジーニョ氏プロフィール>

本名:ロナウド・デ・アシス・モレイラ(愛称:ガウショ)
生年月日:1980年3月21日、身長:182cm

フットボール界に数々の伝説を残した現代最高のファンタジスタ。究極のテクニックから生み出される独創的なプレーで、ファンの記憶に残るゴールを連発した。非常にクリエイティブなプレイヤーでもあるにも関わらず、ペナルティエリアの内外で正確なフィニッシャーであり、またフリーキックやペナルティキックのスペシャリストでもある。加速力・敏捷性・バランス・ボールコントロール・ドリブル能力が特に賞賛されており、ブラジルのスター・リベリーノから学んだ「エラシコ」は彼の代表的なフェイントの1つである。スポーツ専門チャンネルESPNは彼を速さ・精力性・巧みさ・トリッキーさ・スキルフル・奔放さを持つ司令塔と称している。バルセロナ時代には中心選手として2度のリーガ・エスパニョーラ優勝と14年ぶりとなるUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験し、2004年と2005年の2年連続でFIFA最優秀選手賞を、2005年にはバロンドールを受賞した。またブラジル代表としては2002 FIFAW杯優勝に貢献。オーバーエイジ枠で出場した北京オリンピックでは銅メダルを獲得した。

■金剛筋HMBについて
[画像3: (リンク ») ]

金剛筋HMBは、ビルドアップに深く関わっているアミノ酸の一種「ロイシン」からわずかに代謝される希少価値の高い成分である「HMB」を配合したサプリメントです。ロイシンからわずか5%しか抽出できない希少なHMBCaを2,000mg配合。1日9粒でHMBCa2,000mgを摂取できます。HMBは変換効率が良く、運動後のゴールデンタイムを逃すことなくスピーディーに栄養を吸収できるので、強いカラダづくりのサポートや、ここぞという場面での爆発力もサポートします。


<公式商品ページ>
(リンク »)


■金剛筋.comについて

「堂々とした姿で立ち振る舞う金剛力士像のように……、外見だけでなく、内側からも自信とパワーが漲る男性になってほしい。」このような想いから2017年に起ち上がった『金剛筋.com』は「すべての日本人男性に自信を手に入れてもらうこと」をミッションとして掲げているブランドです。30代を過ぎてだらしないお腹まわりに悩んでいる方、トレーニングをしても線が細くて恥ずかしさを感じている方、アスリートとしてハイパフォーマーへ飛躍したいと切望している方、そういったすべての男性が生まれ変われるようにサポートするのが金剛筋の使命です。

また「日本には世界をリードできる強力なブランドがない」と言われているこの現状を打破するための、社会的な役割も担っていると我々は考えています。あっと驚くような画期的でおもしろい商品、そして高品質なメイドインジャパン製品を世界中に届けていくことで、日本人の誇りと自信を取り戻すことを目指して活動しています。

金剛筋.comの中でも「金剛筋シャツ」は累計360,000枚を突破する大ヒット商品となりました。着るだけで超ハードな圧力を体感、24時間カラダをイジメ抜くことができる加圧下着として30代男性を中心に人気が広がっています。

金剛筋シャツをはじめ、私たちは自社で開発した商品を通じて「普段なかなかスポーツに触れる機会がない方にもスポーツに触れるきっかけを作ること」を1つの目標として掲げています。運動不足による生活習慣病が蔓延している現代において、少しでも自分のカラダや生活習慣を見直すためのきっかけを提供することで、スポーツに目を向けていただき、より健康的でハツラツとした毎日を送っていただきたいと考えています。その結果としてカラダが変わっていくことで「自信みなぎる自分」になることを願っています。

また、直接的なスポーツ支援としてスポンサー活動も行なっており、プロバスケットボールチームの西宮ストークス、キックボクシングジムの平井道場の支援を会社全体で取り組んでいます。メジャー、マイナー問わず、開発した商品を通してスポーツ業界を盛り上げていくことが私たちのミッションです。

ロナウジーニョ氏の起用でさらなるブランド認知度を高めて、今後もアスリートやスポーツの発展に貢献していきたいと思います。


■株式会社グラン 会社概要
商 号: 株式会社 GLANd
所 在 地: 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ806
代 表 者: 眞弓 隼人
事業内容: 美容・健康関連商品の企画・開発、製造、販売
設 立: 平成29年4月5日

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]