クオリカ、高齢者見守りサービス「CarePAD」のサービス提供開始

TISインテックグループ 2018年02月19日

From PR TIMES

~水道水の利用有無などによる遠隔モニタリングを機器販売型・機器を含む完全サービス型で提供~

TISインテックグループのクオリカ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 明、以下クオリカ)は、流量センサを用いて高齢者を見守るサービス「CarePAD(ケアパッド)」のサービス提供を2月21日から開始することを発表します。



少子高齢化社会が進み、単独世帯の孤独死が大きな社会問題となっている一方、多様化する社会生活環境を背景に親と離れて暮らす子供世帯が増え、子供世帯が離れて住む親の安否を心配する機会が増々多くなっています。
クオリカでは長年にわたり水道水を使って居住者の生活の様子が簡単にわかる実証実験を行ってきました。この実験を通して得たデータやセンサ開発のノウハウを元に開発したのが高齢者見守りサービス「CarePAD(ケアパッド)」です。

<「CarePAD」概要図>
[画像1: (リンク ») ]


■「CarePAD」の特長
1.『非接触流量センサ(自社開発)』を居住者宅のトイレに取付け、水道水の利用有無や利用量・
 利用パターンなど遠隔でモニタリング
2.部屋の中の動き(人感)や、環境データ(温度・湿度・照度)が取得可能
3.双方向で簡単にコミュニケーション(メッセージ送受信)が可能
4.オプションとして、Bluetooth搭載の周辺機器を(外出管理タグ、血圧計等)をラインナップ
「CarePAD」提供にあたり、高齢者見守りで実績のある株式会社インタープロ社をパートナー先として、連携を図っていきます。

■導入実績
2018年 2月 21 日より 、大手マンション管理会社である大京グループの株式会社大京アステージと株式会社穴吹コミュニティ向けに提供を開始します。
[画像2: (リンク ») ]


※大京グループニュースリリース(2月15日)
大京グループのマンション管理事業部門
見守りサービス『あんしんリンク』の提供を開始
~離れていても安心! 干渉することなく「安心感」と「つながり」を~
URL  (リンク »)

■今後の予定と展開について
クオリカでは、高齢者の方への見守りサービス提供を検討中の企業へ、クラウド環境・通信環境・機器調達(設置はオプション)までをワンストップで提供します。
また、今後は機器販売型・機器も含む完全サービス型などのサービス形態をメニュー化し、マンション管理会社に加え、サービス高齢者住宅供給会社や企業の福利厚生などにも展開し2020年には50,000世帯への導入を目指します。
※CarePADは、個人の方への直接販売は行っておりません。

■クオリカの概要( (リンク ») )
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー23F
事業概要:1982年コマツの全額出資による情報システム会社として創業し、現在はTISインテックグループの一員として、中国/ASEANをはじめ製造業および流通サービス業(飲食業・小売業)様向けにIoT、クラウドサービス、業務用システム開発、パッケージソフト開発、システム運用、情報端末製造・販売等の幅広い事業を展開しています。

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


【サービス・ソリューションに関するお問い合わせ】
テクノロジーインサイド事業部 IoTソリューション部 TEL:03-5937-0761

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]