株式会社ロックオンと株式会社デジタルガレージ、マーケティングデータ活用促進の戦略的パートナーとして連携強化。

株式会社ロックオン 2018年02月20日

From PR TIMES



株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、株式会社デジタルガレージ(本社:東京都渋谷区 代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下デジタルガレージ)と協業し、顧客企業のマーケティングデータ活用及び新規利用促進支援を両社共同で行います。

近年、消費行動のデジタル化に伴い広告手法の多様化が進んでいます。デジタルマーケティングにおける手法は、純広告、リスティング、DSP、アフィリエイト広告、ソーシャル広告など多岐に渡り、ユーザーデータの統合的な分析と最適な広告施策の判断に課題を抱える企業様が増えています。

こうした背景から、株式会社ロックオンとデジタルガレージは協業を開始し、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」が保有するデータ活用ノウハウとデジタルガレージが築いてきた顧客とのリレーションを最大限に掛け合わせ、顧客の統合デジタルマーケティング推進における課題解決を支援します。

当プロジェクトでは、当社の「専任チーム」をデジタルガレージの広告運用体制にアサインし、具体的なデータ活用ノウハウを提供します。また、アドエビス導入後のサポートも拡充し、当社の専門的で幅広いノウハウを活かした活用支援を行います。

これにより、デジタルガレージはアドエビスを活用した統合デジタルマーケティングの推進を強化し、株式会社ロックオンは顧客企業のマーケティング活動及び事業成長に貢献していきます。


■「アドエビス」について
「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。
マーケティングプラットフォーム「アドエビス」: (リンク »)

■デジタルガレージについて
インターネット時代の「コンテクスト」を創造するため、マーケティング・決済・投資の事業を中心に展開し、1995年に創業した東証一部上場企業です。
マーケティング事業ではWEBプロモーションを中核に、WEBストラテジー(WEBサイトやアプリの制作/運用)やCRMソリューション(EC/会員サイトの活性化)に取り組み、一気通貫のデジタルマーケティングを提供します。近年ではアプリ・データ・インバウンド等の新規事業を開発し最先端のテクノロジーを駆使しながら、クライアントの事業を成長へと導く「事業戦略パートナー」として支援します。
マーケティング事業サイトURL: (リンク »)

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL: (リンク »)
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」

■株式会社デジタルガレージ概要
会社名:株式会社デジタルガレージ
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 デジタルゲートビル
代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁
設立:1995年8月17日
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ロックオンの関連情報

株式会社ロックオン

株式会社ロックオンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]