株式会社CHINTAIが集客から店舗反響数、売上データまでを統合し、顧客ファネル全体の分析、売上アップを目指してDatoramaを導入

デートラマ 2018年02月20日

From PR TIMES

マーケティング・インテリジェンスを提供するDatorama Japan株式会社は、株式会社CHINTAIがマーケティング戦略・施策の最適化、および売上の一層の成長を目指しマーケティング・インテリジェンスのDatoramaを導入したことを発表致しました。




[画像1: (リンク ») ]

マーケティング・インテリジェンスを提供するDatorama Japan株式会社(デートラマジャパン/本社ニューヨーク、CEO:ラン・サリグ、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:布施一樹)は、株式会社CHINTAI(東京都港区、代表取締役会長兼社長:佐藤茂)がマーケティング戦略・施策の最適化、および売上の一層の成長を目指しマーケティング・インテリジェンスのDatoramaを導入したことを発表致しました。

不動産賃貸ポータルサイトのCHINTAIは、自社サイトを中心に、リスティング、ソーシャルなど様々なマーケティング施策を推進しつつもデジタルでの限界を見据え、売上や反響数、店舗別データなどを一気通貫で可視化・分析し、次の打ち手作りが必要と考えていました。しかし、売上データなどは営業部門というように、各部署に様々なフォーマットでデータが散在し、人手での統合は困難でした。さらに、全社的にも社内外のシステムに分散するデータを統合し、顧客ファネル全体を俯瞰・分析し、事業全体の底上げに活用したいという課題を持っていました。そこで、マーケティングから売上データや店舗データをスムーズに統合でき、かつIT部門の手を借りずに活用できるDatoramaを採用し、マーケティング・事業全体の最適化・売上最大化を目指しています。

自社ウェブサイトデータ(オーガニック・ペイド)、運用型広告などデジタルマーケティング周りから、各店舗・地域・部門別反響(問い合わせ)数・仲介件数などを統合して、ダッシュボードを構築。その結果、全体サマリや営業区分ごとの実績、流入元、媒体別反響数など、従来はバラバラに見ていたデータを俯瞰できるようになりました。また、週次レポートを待つことなく、ダッシュボードでほぼリアルタイムにの数字を見通せるため、次のアクションに繋げられるようになり、マーケティングのPDCAを回す上で大きなインパクトをもたらしました。毎週の経営会議用レポート作成業務時間も、週3~4時間から週30分と約90%削減され、さらにレポートでマーケティングから売上データまでが俯瞰できるようになり、データを元にした議論が活発化しています。
今後は、都道府県別データを、エリア別・店舗別、物件設備データなどのデータを合わせて、より詳細な分析を進め、事業全体の売上向上を目指しています。Datoramaもその目標達成のサポートをしてまいります。

今回のDatorama導入をリードしていただいたCHINTAIの執行役員メディアディビジョン副本部長溝呂木聰氏はDatorama採用の理由と導入効果について下記のコメントを頂いています。
「様々なデータが統合可能なことはもちろん、データの統合・分析・追跡をきちんと行うには、最初の設計が肝心だと考えていました。Datoramaならそうした部分を確実にサポートしてくれると考え採用しました。導入後は、レポート完成を1週間待つことなく、データを確認して、すぐにアクションに繋げられます。それが一番大きなインパクトです。データの切り口をフィルターで簡単に変更できるので、統合的分析が常時可能で、問題を発見するスピードが早くなりました。だから、改善に向けた施策をすぐに走らせ、その結果も追跡できる。エクセルやアクセスだけで分析していた時とは段違いにPDCAが迅速化しています」。

株式会社CHINTAI様の事例詳細記事は下記URLからどうぞご一読ください。
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

Datorama Japan株式会社
Datorama Japan株式会社(デートラマジャパン)は2012年創業の米国拠点のマーケティング・インテリジェンス企業Datoramaの日本支社として2015年設立された。世界唯一のマーケティングデータ統合・分析プラットフォームDatoramaをブランド企業、広告代理店、メディア運営会社、マーケティング系プラットフォーマーに提供しています。Datoramaのsoftware-as-a-service (SaaS)型プラットフォームは、数十から数百のデータソースを唯一のデータソースとして統合し、より効果的なレポート作成、さらに、迅速な意思決定を支え、マーケティング活動全体の統合的管理を可能にします。エンドツーエンド・マネジメントと機械学習及び人工知能、高機能なアーキテクチャが組み合った唯一無二のソリューションが、全てのレベルのデータ・ドリブンマーケターたちが、あらゆるマーケティングデータを繋ぎ、統合し、分析し、意思決定することを容易に実現します。Datoramaは数千のトップ企業のマーケティング分析を支え、現在全世界16拠点でビジネスを展開しています。最近では従来のAPIに加え、インテグラル・アド・サイエンス、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)やマルケト、シミラーウェブとのAPI接続、そしてIntage Connect, VR LINK(Vide Research)、M−Dataなどの国内の主要データプロバイダーとの接続を開始しています。また、昨年発表された2017年度デロイト北米・テクノロジー Fast500で成長率5149%で35位に選出されました。Datorama Japan日本語公式ブログ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]