姫路市、神姫バス株式会社の協力を得て「マイナンバーカード」活用の調査研究を実施

TKC 2018年02月20日

From PR TIMES

2月20日、市民モニター27名が参加し公共交通機関(バス乗車)におけるマイナンバーカード利活用実証実験

株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:角 一幸)は、本日、姫路市(市長:石見利勝)と神姫バス(本社:兵庫県姫路市/取締役社長:長尾 真)にご協力いただき、姫路市内においてマイナンバーカード(公的個人認証サービス)*を活用したバス優待乗車の実証実験を行いました。



これは総務省の「公共交通分野におけるマイナンバーカードの利活用実現に向けた諸課題に関する調査研究」事業の一つとして実施するものです。実証実験では高齢者等を対象とした優待乗車パスとしての活用を想定し、市民モニター(27名)に実証実験用のマイナンバーカードを使ってバスへの乗車・降車などを体験していただきました。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



これにより、市民に身近な移動交通手段であるバスの乗り降りにマイナンバーカードを利用する効果や技術課題などの検証を行うとともに、今回の実証を通じて市民の皆さまにカードがさまざまな場面で利用できるものであることを知っていただき、今後の取得促進につながることを期待しています。

TKCでは地方公共団体向け製品・サービスの開発提供に加え、新たな住民向けサービスの実現へ積極的に取り組むことで「利用者の利便性向上」や「地域活性化の促進」を図るとともに、「社会全体での生産性向上」に貢献してまいります。

(*)公的個人認証サービスとは
 オンラインでの申請や届出といった行政手続やインターネットサイトへのログインを行う際などに、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段

【コメント】
株式会社TKC 取締役常務執行役員 地方公共団体事業部長 湯澤正夫
TKCは、1966年の創業以来、一貫して会計事務所と地方公共団体の2つの分野に専門特化した情報サービスを展開してきました。現在、最新のICTを利活用して地方公共団体をはじめ、会計事務所や中小企業、大企業、法曹界など多くのお客さまの事業活動を支援し、広く日本経済と地域社会の発展に寄与しています。

いまや国民のインターネット普及率が8割を超え、国は住民や事業者など「利用者の利便性向上」に重点を置いて行政サービスやその在り方をデジタル前提で見直す方向へと大きく舵を切りました。そうした“デジタル前提”の時代においては行政のみが公共サービスの提供主体となるのではなく、官民協働による新たなサービスが登場していくこととなると考えます。今回の取り組みが、そうした社会イノベーションの一助となることを期待しています。


■高齢者等バス優遇乗車におけるマイナンバーカード活用研究事業(概要)
1.日時 2018年2月20日(火)13:00~15:00
2.場所 神姫バス株式会社 姫路営業所
3.実証実験内容
 市民モニター(27名)の協力を得て、主に  以下の実証実験を実施。
(1)マイナンバーカード(実証用カード)でのバス乗車・降車体験
(2)マイナンバーカード(実証用カード)とスマートフォンを利用した優待乗車制度手続きの申請体験
4.実施者
 実証実施事業者:株式会社TKC、協力:姫路市、神姫バス株式会社

〈目的〉
日常生活に密着したサービスとして、公共交通機関(バス)でのマイナンバーカードの活用ニーズや課題の調査を行うとともに、実証実験を通じてその実現可能性および今後の対応方針を検討し、国や地方公共団体、交通事業者、サービス利用者(住民)など、社会全体の利益に資することを目的とする。
[画像3: (リンク ») ]


(*)本事業は、総務省の「公共交通分野におけるマイナンバーカードの利活用実現に向けた諸課題に関する調査研究」事業として実施するもの。姫路市における「高齢者等バス優遇乗車におけるマイナンバーカード活用研究事業」と、群馬県前橋市の「マイタク(でまんど相乗りタクシー)におけるマイナンバーカード活用研究事業」の2つで構成される。

■取り組みの背景
いま、国は、マイナンバーカードの取得促進や「マイナンバーカード利活用推進ロードマップ」(2017年3月策定)などに沿って、カードの利便性向上に積極的に取り組んでいます。その重点施策の一つとなっているのが、行政手続だけでなく民間サービスでも利用できる「公的個人認証サービス」です。この仕組みを活用したものとして住民票等の写しなどが取得できる「コンビニ交付サービス」のほか、銀行等におけるオンラインでの本人確認や「図書館(本の貸し出し)カード」などがあります。

本実証のフィールドである姫路市では、2016年11月に全国で初めて「公的個人認証サービス」を活用した図書館利用(本の貸し出し)サービスを開始するなどマイナンバーカードの利用範囲の拡大を推進し、生活に密着したサービスの充実による市民の利便性向上に取り組んでいます。
市民の生活に密着した公共交通機関であるバスにおいて、バス優待乗車制度を想定した実証を行うことで、公共交通機関におけるマイナンバーカード利活用のニーズや課題を整理し、すべての利用者(市民・行政・事業者)にとって利便性向上につながるサービスの在り方を検討するため、このたび姫路市と神姫バス株式会社にご協力いただき今回の実証実験を行うことにいたしました。

■姫路市について
市長      石見利勝
面積      534.35平方キロメートル(2018年1月1日現在)
人口      53万2,605人(2018年1月1日現在)
世帯数     21万6,854世帯(2018年1月1日現在)

■神姫バス株式会社について
取締役社長   長尾 真
本店所在地   兵庫県姫路市
資本金     31億4,000万円(東証2部上場/証券コード:9083)
売上高     445.2億円(連結):2017年3月期実績
従業員数    1,492名(2017年9月30日現在)

■株式会社TKCについて
代表取締役社長 角 一幸
本店所在地   栃木県宇都宮市
資本金     57億円(東証1部上場/証券コード:9746)
売上高     597億円(連結):2017年9月期実績
従業員数    2,455名(単体):2017年4月1日現在/パート・嘱託社員含む

                                                 以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。