デジタルメディア事業への本格参入について

住友商事株式会社 2018年02月21日

From PR TIMES

~デジタルメディア事業を行う、SCデジタルメディア株式会社を設立~

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村邦晴、以下「住友商事」)は、デジタルメディア事業推進の核として、100パーセント子会社であるSCデジタルメディア株式会社(代表取締役社長:長澤修一、以下「SCデジタルメディア」)を設立しました。



【設立の背景】
住友商事は、メディア事業において有料放送市場および有料多チャンネル市場に注力し、ケーブルテレビ事業・番組供給事業をJ:COMにて展開し、収益を拡大してきました。強力な顧客基盤を活かし、時代の変化、お客様のニーズに対応した様々なサービスを展開することで、事業のさらなる収益基盤強化および拡大を進めています。

一方、若年層を中心に、動画配信サイトやソーシャル・ネットワーキング・サービスなどのインターネットを通じたデジタルメディア(※1)での視聴時間が増加しつつあり、伝達手段の多様化が進行しています。日本のインターネット広告市場は2015年の約1.2兆円から2020年には約1.7兆円程度まで成長するとも予測されており、今後、インターネット動画広告を中心としたインターネット広告市場がさらに成長していくことが見込まれます。
住友商事は、視聴スタイルや伝達手段、コンテンツ・ニーズの多様化に対応し、成長が見込まれるデジタルメディア市場への進出を図るべく、この度、SCデジタルメディアを設立しました。

【新会社の位置付け】
SCデジタルメディアは、デジタルメディア事業に関連する様々な事業者への出資や合弁会社設立の投資母体として、デジタルメディア事業領域におけるポートフォリオを形成すると同時に、傘下の事業会社の経営管理機能などを有する統括会社です。また、広告事業やデジタルコンテンツ制作、データマーケティング、アド・テクノロジーなどの専門人材招聘の受け皿として、機能・ノウハウの集約を図っていきます。

SCデジタルメディアでは今後、海外の先進的な事業モデルやテクノロジーを積極的に取り込み、また、有力なコンテンツやクリエイターを国内外のパートナー企業と共に世界へ発信していくことで、デジタルメディア事業の新たな価値を創造していきます。

※1 デジタルメディア:インターネット上で、文字・写真・音楽・映像等を伝達する全てのサービスの総称


<参考資料>
■SCデジタルメディア概要
会社名   : SCデジタルメディア株式会社
代 表 者 : 長澤修一(代表取締役社長)
設 立 年 : 2017年
事 業 内 容 : 国内外におけるデジタルメディア事業の投資・開発・運営
HP    : (リンク »)

■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」に資する事業です。
[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

住友商事株式会社の関連情報

住友商事株式会社

住友商事株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。