WEBサイトに導入可能なコミュニケーション型AIをオープン:SELF

SELF株式会社 2018年02月21日

From PR TIMES

見るだけのWEBサイトから、コミュニケーションするWEBサイトの時代へ

会話型AIアプリを開発するSELFが、企業向けコミュニケーションAIの提供を開始しました。



[画像1: (リンク ») ]

URL: (リンク »)

■マーケティング活用できる対話型AI
対話型AIエンジンの開発を手掛けるSELF株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:生見臣司 以下SELF)は、WEBサイトやアプリに搭載するだけで、ユーザーとの対話内容から、個人に合った適切な情報を提供するコンシェルジュのようなマーケティング向けの人工知能「SELF CMP(Communication Marketing Package)」を提供開始いたします。

■AIが、個々の顧客を知り最適化された提案が可能
「SELF CMP」は、既存のWEBサイトやスマホアプリなどに1行のコードを追記するだけで、AIによる対話機能を追加できます。AIは、ユーザーと対話し、ユーザーを覚えた上で、最適な情報の提供や、商品の提案などを行います。従来のチャットボットでは、ユーザーからの言葉による投げかけに対し、一問一答で返答する一方通行の構造が主流でしたが、SELF CMPにおいては、AI側からユーザーに対して発信し、ユーザーの回答内容に応じ、さらにAIが返答や提案をするといった形で、ユーザーとのスムーズな対話のキャッチボールが実現します。


[画像2: (リンク ») ]

■いままでの見るだけのサイトが、コミュニケーションできるサイトへ
ユーザーは、AIから有益な知りたい情報や、サービス利用や購買のモチベーションアップに繋がる言葉をもらうことができます。それにより情報を見るだけのサイトを、コミュニケーションできるサイトへと変えることができ、顧客満足度向上とマーケティングの機能を同時に果たせます。
また、対話の中でユーザーから聞き出した内容は一元管理され、商品・サービスの問題改善に役立てたり、次の商品開発に生かしたりすることもできます。

■個々の顧客を知ることで、ユーザーのLTV(顧客生涯価値)を最大化
SELF CMPの導入により、今まで拾いきれなかった顧客の声を聴くことができ、潜在顧客や見込み客に適切なアプローチをし、顧客との深く長い関係を構築することで、サービスとしてのLTVを最大化することが可能です。


[画像3: (リンク ») ]


導入のポイント


サイトやアプリにコード1行で導入可能。
企業ごとにキャラクターの変更可能。
導入にあたっては、会話のカスタマイズが必要。
会話の初期導入にあたって、期間は2ヶ月~(規模による)。
導入費用はサービス要件により別途お見積り。



これまでの実績
SELFエンジンの応用範囲は広く、教育、コーチング、金融、エンタメ、
ECサイト、ヘルスケア、メンタル管理、福利厚生などあらゆる分野に導入が予定されています。

ベネッセコーポレーション様へのエンジン活用
ベネッセコーポレーション様、進研ゼミ中学講座ハイブリッドスタイルにおいて、SELFエンジンが活用されました。自動コミュニケーションエンジンをキャラクターへ導入し、生徒との積極的なコミュニケーションを実現しました。
その結果、
・レッスン消化率が約2倍
・端末起動率、レッスン消化率の向上
・会員契約残存率の向上
等の成果が生じ、コミュニケーションの重要性が証明されました。
[画像4: (リンク ») ]



コンシューマー向け自社アプリ
50万ダウンロード/1年10ヶ月(ノンプロモーション)
2,100件以上のレビュー/評価4.2を維持
2018年2月末にAndroid版のリリースを予定。
[画像5: (リンク ») ]



関連URL
SELFソリューションページ: (リンク »)
SELFサイト: (リンク »)
SELFアプリ: (リンク »)
会社概要
商号:SELF株式会社 / 代表取締役:生見 臣司(ヌクミ シンジ)
所在地:160-0023 東京都新宿区西新宿8-15-3
設立:2014年11月13日
資本金:115,003,587円(資本準備金含む)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。