日本初のアプリ向けアドフラウド対策サービス【SpiderAF for app】をリリース

株式会社Phybbit 2018年02月21日

From PR TIMES

~5000インストールまで無料キャンペーンも実施~

株式会社Phybbit(東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子、以下Phybbit)はAIを活用したweb向けアドフラウド対策サービスSpiderAF for webに加え、この度の日本初となるアプリ向けアドフラウド対策サービスSpiderAF for appをリリースいたしました。



[画像1: (リンク ») ]



<新サービス開発の背景>

こちらのサービスを開発したのは、近年アドフラウドの手法が多様化してきていることや、2016年時には7%しかなかったappへの不正の割合が、たった1年で62%(図1)にまで増えているという現在のアドフラド(ネット広告)を取り巻く問題に対応する為にといった背景があります。

[画像2: (リンク ») ]



(図1)2016年と2017年のWebとAppの比率

appへの不正が増えてきたことで、従来のクリックやインプレッションを計測するシステムだけでは対応しきれない状態になってきました。
なので、それらに対応すべく、この度CPI(Click per install)の不正も検出できるサービスをリリースする運びとなりました。


<SpiderAFとは?>

SpiderAFは広告配信事業者が抱える、3つの悩みを解決します。

1つ目の問題は、広告のデータというものはビッグデータで、担当者にとってその分析に要する時間は膨大です。
しかし、SpiderAFはこの膨大なデータを自動でクレンジング・解析を行いますので、人間が稼働する必要はありません。

2つ目の問題として、Botを初め、あらゆる手段を使って詐欺を行う複雑なアドフラウドに対応するため、ノウハウのある人材が必用になります。
SpiderAFは既に複数の担当者のノウハウを学習したAIが判断を行うので、このような属人的な作業から解放されます。

3つ目に、せっかく不正行為者を見つけアカウントをブロックしても、すぐに新しいアカウントを開設されてしまい、イタチごっこが終わらないという問題がありますが、SpiderAFはそもそも全自動なので、問題ありません。


<SpiderAFのサイトもリニューアル>

[画像3: (リンク ») ]


(リンク »)

新たなサービスのリリースに伴いサイトの方もリニューアル致しました。
従来のWeb向けアドフラウド対策のページに加え、今回新たにサービスを開始することとなったアプリ向けアドフラウド対策のページを追加。他にもチャット機能を搭載することで、問い合わせはもちろんのこと、気軽にアドフラウドについてお聞きいただくこともできるようになりました。


<ロゴマークも一新>

新サービスリリース、そしてサイトリニューアルと同時に、SpiderAFのロゴの一新致しました。クライアントの皆様の大事なお金や信頼をアドフラウドから守るという強い気持ちの元、少しでも親しみのあるロゴしたいと考え、この度の変更に至りました。


<5000インストールまで無料!?リニューアル記念>

この度弊社のサービスSpiderAFの新サービスのリリース並びにサイトリニューアルに際しまして、半年間という期間限定で「5000インストール」まで料金を無料にさせていただくキャンペーンを実施します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。