Criteo、2017年第4四半期および通期の業績を発表

Criteo株式会社 2018年02月21日

From PR TIMES

売上高は前年比28%増、クライアント総数は1万8,000社を突破

 コマースマーケティングのテクノロジー企業である、Criteo(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2017年12月31日を末日とする2017年第4四半期と通期の決算を発表しました。

■2017年第4四半期 業績ハイライト
•売上高は前年同期比19%(為替変動の影響を除くと16%)(※1)増の6億7,400万ドルでした。
•トラフィック獲得コスト(TAC)を除く実質売上高(※2)は、前年同期比23%(為替変動の影響を除くと20%)増の2億7,700万ドルとなり、対売上高の比率は41%でした。
•調整EBITDA(※2)は前年同期比45%(為替変動の影響を除くと36%)増の1億2,000万ドルであり、TACを除く実質売上高に対する比率は43%でした。
•営業活動によるキャッシュフローは前年同期比10%増の7,900万ドルでした。
•フリー・キャッシュフロー(※2)は前年同期比10%増の5,400万ドルでした。
•純利益は前年同期比29%増の5,200万ドルでした。
•希薄化後1株当たり調整純利益(※2)は前年同期比44%増の1.21ドルでした。

■2017年通期 業績ハイライト
•売上高は前年度比28%(為替変動の影響を除くと27%)増の22億9,700万ドルでした。
•トラフィック獲得コスト(TAC)を除く実質売上高は、前年度比29%(為替変動の影響を除くと29%)増の9億4,100万ドルとなり、対売上高の比率は41%でした。
•調整EBITDAは前年度比38%(為替変動の影響を除くと35%)増の3億1,000万ドルであり、TACを除く実質売上高に対する比率は33%でした。
•営業活動によるキャッシュフローは前年度比60%増の2億4,500万ドルでした。
•フリー・キャッシュフローは前年度比80%増の1億3,700万ドルでした。
•純利益は前年度比11%増の9,700万ドルでした。
•希薄化後1株当たり調整純利益は前年度比30%増の2.70ドルでした。

(※1) 為替変動の影響を除くベースでの増加率は、2016年の該当期間の平均為替レートを2017年の数値に適用して算出しています。
(※2) TACを除いた実質売上高、調整EBITDA、希薄化後1株当たり調整純利益およびフリー・キャッシュフローは、米国一般会計原則(GAAP)に従って計算された指標ではありません。
(※3) 既存クライアントのTACを除く実質売上高は、ある四半期に当社と取引があり、その1年後の同じ四半期になお当社と取引があるクライアントによるTACを除く実質売上高です。

■エグゼクティブのコメント
 Criteoのエリック・アイヒマンCEO(最高経営責任者)は、「当社の事業は、特に米国において、顕著な勢いで伸びています。この勢いが、当社の新製品採用件数の増加と相まって、2018年以降に向け当社を今後の展開上望ましいポジションに導いています」とコメントしています。

 Criteoのベノワ・フイヤンCFO(最高財務責任者)は、「当社は、2017年度もまた、力強い成長と収益性およびキャッシュフローの増加を実現することができました。当社は強固な財務モデルを持ち、効果的な投資手法をとっていますので、私は当社の将来についても自信を持っています」と述べています。

■ビジネスハイライト
• 既存クライアントのTACを除く実質売上高3(全製品を含む)は、為替変動の影響を除いて6%増加しました。これは当社の技術向上と広告インベントリーへのアクセス向上、製品の拡充の結果です。
• 当社が2017年10月に取り扱い開始したベータ版の新製品であるCriteoカスタマーアクイジションとCriteoオーディエンスマッチのTACを除く実質売上高が、第4四半期に約300万ドルとなりました。
•第4四半期のクライアントの純増数は820となり、2017年度末のクライアント総数は1万8,000を超えました。顧客維持率は全製品に渡って90%に近い水準を維持しました。
•データを当社のインタレストマップの中で共有することを当社に許可したクライアントとのビジネスを通じて獲得した売上高が、TACを除く実質売上高の43%となりました。
•当社のヘッダー入札技術であるCriteoダイレクトビッダーは、今や1,500社の大手パブリッシャーに連携しています。
•当社はマーケットプレイス(において、運営者がマーケットプレイスの売り手に対しCriteoダイナミックリターゲティングの提供を可能にするCriteoリセラープログラムの提供を開始しました。

※本資料は、Criteoより2018年2月14日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。
※本リリースの全文は英文資料をご参照ください。
(リンク »)

■Criteo(クリテオ)について■
コマースマーケティングのリーダーであるCriteo(NASDAQ:CRTO)は、小売業やブランドの利益と売上高の拡大を支援するため、高いパフォーマンスを生み出すオープンなコマース・マーケティング・エコシステムを構築しています。2,800名以上のCriteoチームメンバーは、世界中18,000社の広告主と、数千のパブリッシャーと連携して、買い物客を必要なものや愛するものに結びつけることで、規模の拡大を実現します。コマース向けに設計されたCriteoコマース・マーケティング・エコシステム上で分析されるオンライン取引高は6,000億ドル超にのぼります。

※詳細は (リンク ») をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Criteo株式会社の関連情報

Criteo株式会社

Criteo株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]