バラクーダネットワークス、Hardening 2017 FesのMarket Place Awardにて「Most Valuable Vendor」を受賞

バラクーダネットワークスジャパン株式会社 2018年02月22日

From PR TIMES

Barracuda WAFの「設定・管理の容易さ」と、「使い勝手の良い管理GUI」が勝利の決め手に

バラクーダネットワークスは、昨年11月に開催されたWASForum主催のHardening 2017 Fesにて、Market Place Awardにおける最優秀賞となる「Most Valuable Vendor(最も価値あるベンダー)賞」を受賞しました。



[画像1: (リンク ») ]



2018年2月22日(木)東京発 -セキュリティとストレージソリューションのリーディングプロバイダであるバラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:大越 大造、以下バラクーダネットワークス)は、昨年11月に開催されたWeb Application Security Forum (以下WASForum)が主催するHardening 2017 Fesにて、Market Place Awardにおける最優秀賞となる「Most Valuable Vendor」賞を受賞しました。

WASForumが主催するHardening Projectとは?

Hardening 2017 Fesは、WASForumが主催するセキュリティイベントのひとつです。WASForumは、2004年に発足し、Webアプリケーションのセキュリティにかかわる課題を研究し、安全性向上のための情報を共有することにより、適切な対策や構築手段に関する有効な情報を普及啓蒙する活動を行なっています。

WASForumではその活動の一環として、セキュリティイベントであるHardening Projectを2012年から定期的に開催し、チーム対抗で脆弱性のあるECサイトへのハードニング(堅牢力)の強さを総合的に競うコンペティションを継続して実施してきました。

Hardening ProjectでBarracuda WAFを出展

[画像2: (リンク ») ]

バラクーダネットワークスは2017年4月からHardening Projectに参画し、ECサイトのセキュリティ強化としてHardening Projectで競われるECサイトの堅牢性を強化するツールのひとつとして、Market Place内にBarracuda Web Application Firewall(以下Barracuda WAF)を出展し、不意に発生するインシデントやサイトに潜む脆弱性を防御するWebアプリケーションのセキュリティ対策ツールとして提供しています。

このたび2回目の参画となる11月23日から25日までの3日間、兵庫県淡路市で開催された、Hardening 2017 Fesでは、その堅牢性、攻撃からの防御性、そしてMarket Placeへのインストールする際の容易さが評価され、Most Valuable Vendor(最も価値あるベンダー)賞を受賞することになりました。


[画像3: (リンク ») ]


実際にBarracuda WAFをECサイトの防御ツールとして導入した参加者の声を聞くと、「管理GUIがわかりやすく、サイトのSSL化を簡単に設定することができた」、「ステータス画面で攻撃の様子がリアルタイムに識別できた」、「アクセスログの内容が詳細に表示されるため、不正アクセスをひと目で認識できた」など、Barracuda WAFの設定・管理の容易さと、ユーザフレンドリーで使い勝手の良い管理GUIにもかかわらず、豊富なセキュリティ機能を搭載するBarracuda WAFの特徴が今回の賞を受賞する決め手となりました。

バラクーダネットワークスジャパン株式会社 執行役員社長 大越 大造のコメント
「Hardening Projectへの2回目の参加で、最も価値あるベンダーとして表彰いただけたことを喜ばしく思います。今回の受賞が、高度で難解だと思われているWAFですが、Barracuda WAFなら簡単に、わかりやすく導入できる利点を広く周知いただける機会になればと思います。」

なお、今回のMost Valuable Vendorの受賞にともない、実行委員の下記の方よりエンドースメントを頂戴しております。

WASForum Hardening Project実行委員長 門林 雄基様(奈良先端科学技術大学院大学 教授)のコメント
「サイバーセキュリティを向上させるためには、最新の脅威のみを追いかけたり還元論的なガイドラインに従っているだけでは不十分です。気が遠くなるような数多くの攻撃パターンに対し、網羅的かつ効果的に防御するためには、数多くのセキュリティ製品の長所短所をさまざまな攻撃のもとで見極め、実践的な活かし方のノウハウを「衛る者たち」のコミュニティ全体で蓄積していかねばなりません。このような私どもの問題意識に共鳴いただき、現実に近い演習環境のもとで多くの参加チームに効果的な防御をご提供いただいたことが、このたびの参加チーム投票による MVV受賞につながったと考えております。おめでとうございます。」

WASForum Hardening Project実行委員 岡田 良太郎様(OWASP Japan代表 / 株式会社アスタリスク・リサーチ代表取締役)のコメント
「サイバーセキュリティ確保を支援するために必要なことには、現状のリスクレベルの高い脅威について高速に把握し的確な対応をどのように取るかについての意思決定を支援することが含まれます。製品の性能だけでなく親切なコミュニケーションをとることが評価され、成果を挙げられる事が実証され、大変喜ばしいことです。このMVV受賞を通し、Hardening Projectにおいてこの成果を挙げてくださったことは支援側への啓発につながります。おめでとうございます。」

WASForum Hardening Project実行委員 川口 洋様(株式会社ラック)のコメント
「貴社はHardening 2017 Fesの競技において、WAF製品を提供されました。貴社WAF製品を採用した競技参加者に対する柔軟なWAF製品の導入および運用によって、多くの脅威を可視化し、競技者の環境を守ることができました。また、WAF製品自体がHTTPS処理を行うことで、競技者は手間をかけることなくショッピングサイトをHTTPS化することができ、Hardening 競技会の新たな見せ場を作ってくださいました。MVV受賞おめでとうございます。」

なお、Hardening 2017 Fesでの「Most Valuable Vendor」を受賞したことに関連して、最新のOWASP Top 10(※)を含む最新脅威への対策として、Barracuda WAFを活用したベストプラクティスをご紹介するセミナーを3/13(火)14:00~17:00にて開催いたします。ウェブセキュリティ対策の質問コーナーもございますので、ふるってご参加ください


セミナー詳細:


セミナータイトル:アプリケーションセキュリティ・ブリーフィング&ディスカッション~ビジネスに最も深刻な影響を与える脆弱性とその防御 2018~
日時:2018年3月13日(火)14:00~17:00
会場:ソラシティカンファレンスセンター・テラスルーム(JR中央・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩1分)
アジェンダ:企業ウェブサイト・ウェブアプリケーションサービスへのサイバーセキュリティ攻撃対策をテーマに、最新版 OWASP Top 10 が示す深刻な脆弱性と有効なセキュリティ施策について情報提供するセミナーです。WAF製品において2007年から9年連続、国内出荷台数No.1を誇り、さらに昨年Hardening Projectが開催したビジネス堅牢化競技会 Hardening 2017 Fes でMVV(Most Variable Vendor)賞を獲得したバラクーダネットワークスと、ビジネス成長にフォーカスするアプリケーションセキュリティ実現支援サービスを展開するアスタリスク・リサーチがご用意いたしました。ノウハウ・ソリューション・サービスなど最新情報のキャッチアップに、また製品・サービス選定にお役立てください。実担当者も会場にいますので、お客様の急なニーズにもご対応可能です。
詳細・お申込み: (リンク »)


関連資料:


Barracuda Web Application Firewall 製品ページ: (リンク »)
WASForum: (リンク »)
Hardening 2017 Fes: (リンク »)


※ OWASP Top 10 (The Open Web Application Security Project/日本語:オワスプ)
(リンク »)

バラクーダネットワークスジャパン株式会社について
米国Barracuda Networks Inc.の日本法人。ITにまつわる課題をコンテンツセキュリティ、ネットワーク&アプリケーションデリバリ、データストレージの3つの分野において、効率的かつ低コストで業界最高レベルのソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は全世界15万社以上のお客様にご利用いただいており、オンプレミス、仮想、クラウド、そしてハイブリッドといった柔軟な導入形態により、あらゆるIT環境で最適化できるよう設計されています。

クラウドソリューションでは、APNパートナーとして、2016年と2018年にAmazon Web Service Security Competencyステータスを受賞、さらに2016年にはMicrosoft Azure認定ISVソリューションパートナーとして、最優秀賞を受賞しました。さらにオンプレミスとクラウドのハイブリッド環境に最適なBarracuda Backupは、統合型バックアップ専用アプライアンスの出荷台数で1位を獲得しています(IDC Worldwide Purpose-Built Backup Appliance Tracker, September 2017 出荷台数で世界第1位)。

日本国内では、Barracuda Web Application Firewall2007年から9年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続(冨士キメラ総研:2015ネットワークセキュリティビジネス調査総覧<上巻:市場編>)、さらにBarracuda Backupはバックアップアプライアンスとして国内トップシェアを獲得しています(株式会社テクノ・システム・リサーチ:2017ストレージ戦略)。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル5階
Tel:03-5436-6235
Fax:03-5436-5128
担当:寺下
Email:jpinfo@barracuda.com
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]