日立の SAP HANA(R) クラウド サービスで Commvault を採用

Commvault Systems Japan株式会社 2018年02月22日

From PR TIMES

エンタープライズ バックアップ、リカバリ、アーカイブ、クラウドのグローバル リーダーである Commvault Systems (本社:米国ニュージャージー州、NASDAQ: CVLT) の日本法人 Commvault Systems Japan 株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 俵 雄一)の Commvault(R) ソフトウェアが、株式会社日立製作所(以下、日立)の SAP HANA(R) クラウド サービス向けバックアップ ソリューションとしてこのほど採用されました。

日立の SAP HANA クラウド サービスは、システム構築から運用までを一括で提供する信頼性の高い SAP HANA のクラウド サービスです。Commvault ソフトウェアは、SAP HANA との緊密なインテグレーションにより、SAP HANA のデータ保護にさまざまなメリットをもたらすことができます。また、日立グループでは 2010 年から株式会社日立情報通信エンジニアリングが Commvault の販売代理店をしています。

今回の採用にあたり、Commvault が評価された点は下記の 5 点です。

SAP HANA データベースの効率的なバックアップを実現: Commvault は SAP HANA と緊密に統合されているため、SAP HANA の Dump を使わずに、SAP HANA データベースを直接バックアップ可能です。また、Commvault の重複排除機能をあわせて活用することでバックアップ容量を削減でき、運用工数、容量の両面で効率的なバックアップを実現します。
Commvault のハードウェア スナップショット管理機能と日立ストレージの連携: 日立の SAP HANA クラウド サービスは、日立ストレージの機能と連携し、お客様の将来のデータ容量の増加に備えた運用を計画することが可能です。Commvault のハードウェア スナップショット管理機能「IntelliSnap」は、日立ストレージに対応しているため、Commvault からハードウェア スナップショットを実行し、SAP HANA データベースのスナップショットを容易に取得することが可能です。また、Commvault で取得したスナップショットから外部ストレージにバックアップを実行することが可能なので、SAP HANA クラウド サービスで使用するストレージ容量が増大しても、本番環境にほとんど影響を与えずにバックアップを取得することができます。
統合管理の実現: Commvault は、SAP HANA Studio からだけでなく、Commvault の管理画面 (GUI) からも SAP HANA のバックアップ、リカバリを実行することが可能です。また、Commvault の管理画面から、同クラウド サービスで使用している Sybase や VMware のバックアップ、リカバリも実行できるので、バックアップの統合管理を実現し、運用を効率化します。
購入しやすいライセンス体系: Commvault はデータ容量 1 TB単位でライセンスの購入が可能なので、ライセンスの追加が必要になった際も購入が容易です。
優れたサポート体制: 導入前からシステム稼働まで、Commvault のセールス エンジニアによるきめ細かなサポートを受けることができました。 また、導入後のサポート体制も優れています。


日立製作所 IT プロダクツ統括本部 統合プロダクツ ビジネス本部 ソリューション ビジネス推進部 担当部長である 曽根 猛 氏は次のように述べています。「SAP HANA は 2020 年に向けて本格的な普及が進むと見込まれています。日立はこの本格的な到来に合わせ、クラウド基盤をさらに拡大し、国内の SAP システム利用者に、私たちのクラウド サービスを提供していくことで、SAP HANA システムの構築から運用に至るお客様の負担を軽減していきたいと考えています。SAP HANA のバックアップに特化した運用しやすい Commvault 社のソリューションを活用し、お客様に安心かつ容易にクラウド環境で SAP HANA をご利用いただけるよう信頼性の高いサービスを提供していきます」

日立の SAP HANA クラウドサービスについて
日立がグローバルに培ってきた SAP HANA 向けシステムやクラウド サービスに関する構築・運用管理ノウハウに基づき、高信頼な SAP HANA のクラウド環境の構築から運用までを一括して提供するクラウド サービスです。お客さまごとに担当エンジニア チームを編成し、ワンストップで対応することで、お客さまは安心かつ容易にクラウド環境を利用できます。また、グローバル共通のサービス メニューを同一のサ-ビス品質で提供し、国境を越えてお客さま拠点をサポートします。これらにより容易かつ迅速なシステム導入と運用負担の軽減に貢献します。
(リンク »)

Commvaultについて
Commvault は、クラウド データ管理ソリューション( (リンク ») )のリーディング プロバイダーで、ワールドワイドの企業がデータを活用し、より多くの価値やビジネスに関する洞察を引き出し、現代のデータ環境を変革することに貢献しています。直接提供されるソリューションやサービス、ワールドワイドのパートナーやサービス プロバイダーのネットワークを介し、Commvault のソリューションは、データ保護/リカバリ、クラウド、仮想化、アーカイブ、ファイル同期/共有において業界をリードするポートフォリオの 1 つになっています。Commvault は、信頼のおける独立ベンダーとして、テクノロジー ビジョン、革新性、実行力において、お客様やサードパーティー インフルエンサーから栄誉を得ています。ハードウェア ビジネスや他のビジネス課題に気を取られることなく、Commvault はデータ管理ビジネスのみに注力することで、あらゆる規模、あらゆる業種の企業に採用されています。オンプレミスで採用するソリューションとして、モバイル プラットフォーム間で、クラウドからクラウドへ、“aaS (as-a-service)”としてなど、様々な環境で使用されています。Commvault の本社は米国ニュージャージー州ティントン フォールズにあり、NASDAQ (CVLT) に上場しています。ワールドワイドには 2,700 人以上の高度なスキルを持った社員がいます。「企業のデータをどのように活用することができるのか」 — Commvault 社に関するさらに詳しい情報は (リンク ») をご覧ください。Commvault Systems Japan 株式会社の本社は 〒141-6008 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 8F にあります。


*記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

 

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]