総務省が実施する事業「StartupXAct」に当社サービス「atone(アトネ)」の採択が決定! ~京都府京丹後市をフィールドに実証~

株式会社ネットプロテクションズ 2018年02月22日

From PR TIMES



新しい信用を創造するCredit Tech(クレジットテック)のパイオニア、株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:柴田 紳、以下「当社」)が提供する新しいカードレス決済サービス「atone(アトネ)」が、米国の「Startup in Residence(STiR)」を参考に総務省が実施する実証実験プログラム「StartupXAct」に採択され、京都府京丹後市をフィールドに実証することが決定いたしましたので、ご報告いたします。[画像1: (リンク ») ]

■「StartupXAct」とは?
本年度より始まった総務省とNRI共同の取り組みで、米国の「Startup in Residence(STiR)」(以下STiR)を参考にしたものになります。
STiRとは、米国サンフランシスコ市において2014年から開催されている、市の課題解決に関するアイデアをベンチャー企業から募集する取り組みです。選定されたベンチャー企業は、実証等を通して、4カ月かけてプロトタイプを開発し、最後に成果発表を行います。その後、市とベンチャー企業が合意した場合には、実際に市のシステムとして採用されるような仕組みとして機能しています。今年度は、サンフランシスコやオークランドをはじめとした12都市が参加するなど盛り上がりを見せています。
この取り組みは、「地方公共団体とベンチャー企業のマッチング/ベンチャー企業への機会創出」という大目的のもと行われており、多大な成果を上げています。日本においてもベンチャー企業の技術・ノウハウを活用することで地域が抱える様々な課題の解決や地域活性化・地方創生に寄与していくことが求められており、StartupXactはそれらの達成を目的としています。
(StartupXActの詳しい説明は (リンク ») )


■京丹後市の課題と求めるソリューションの要件
京丹後市の課題は、「市内の統一的な電子決済手段」がないことです。課題の背景には、東京などの大都市を中心に交通系ICカードなどの普及が進む中、小さな都市では人口規模が小さいため決済に必要な機器等への投資の回収が難しく、導入が進まないという現状があります。


〇京丹後市が求めるソリューションの要件
【必須要件】
1)鉄道・バス・タクシーにおける決済手段の統一が可能であること
 -鉄道・バス・タクシーなど、3種類の公共交通機関において、ひとつの認証方式により決済を可能とすること。

2)クレジットカードを所持しない方に配慮されていること
 -中学生や高校生、大学生、高齢者などのクレジットカードを所有していないと考えられる層が、快適に利用できるようなシステムとすること。

【付加要件】
・地域経済の活性化につながる電子決済サービスであることが望ましい
 -将来的には地域の旅館や商店とも連携可能なシステムであること。

■atoneが参加する意義
「atone」とは、「新しい決済インフラをつくり、取引をもっとシンプルに、スムーズに」をコンセプトにした新しいカードレス決済サービスです。ユーザー側はクレジットカードがなくても会員登録すれば誰でもすぐに利用が開始でき、携帯電話番号とパスワードの入力だけでスマホでお買い物が可能です。代金は翌月20日までにコンビニにて支払いになります。また事業者側は業界最安値の手数料で決済をご利用いただけます。

今後はECだけでなく、実店舗に対しても提供することでクレジットカードを持っていない層を含めたさらなるキャッシュレス社会の実現を目指しております。
そのうえで、今回の京丹後市が抱える課題は、atoneを通じて解決できる可能性が高く、解決後の世界に共感し応募をいたしました。結果、京丹後市からもatoneのサービスコンセプトに共感いただき参加する運びとなりました。
「atone(アトネ)」の詳細について: (リンク »)


■株式会社ネットプロテクションズ 概要
当社は、テクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、前年比約140%のスピードで成長を続け、現在では累計利用者数が1億人を突破するまで成長するに至りました。2014年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、前年比約170%のスピードで成長を続けているほか、2017年には新しいカードレス決済「atone(アトネ)」をリリースいたしました。保有するユニークなビッグデータは顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用データです。今後は蓄積した信用データをもとに、様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。
[画像2: (リンク ») ]

・商号 :株式会社ネットプロテクションズ
・代表者 :代表取締役社長(CEO)柴田 紳
・URL : (リンク »)
・主な事業内容:BtoC通販向け後払い「NP後払い」の運営
        BtoB向け後払い「NP掛け払い」の運営
        BtoCサービス向け後払い「NP後払いair」の運営
BtoC向け会員制決済「atone」の運営
ポイントプログラム「フフルルポイント」の運営
・設立 :2000年1月
・資本金 :3億8千5百万円
・所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目10-6 銀座ファーストビル4F

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネットプロテクションズの関連情報

株式会社ネットプロテクションズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]