「ABEJA Platform」を活用した業界特化型SaaS「ABEJA Insight」の提供を開始

株式会社ABEJA 2018年02月22日

From PR TIMES

~ 小売・流通業界に加え製造業界、インフラ業界を対象にサービスを提供 ~

ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO兼CTO:岡田陽介、以下 ABEJA(アベジャ))は、これまで小売・流通業界を対象にサービス提供しておりました「ABEJA Platform for Retail」の名称を「ABEJA Insight」(アベジャ インサイト)に変更し、新たに、製造業界、インフラ業界を対象としたパッケージをサービスラインナップに加え、2018年2月22日より提供を開始いたしますので、お知らせいたします。



ABEJAは、創業以来、ディープラーニング技術を活用し様々な大量データの取得、蓄積、学習、デプロイ、推論・再学習を行うPaaS(Platform as a Service)技術である「ABEJA Platform」の研究開発を行ってまいりました。また、2015年10月より「ABEJA Platform」をベースに、小売・流通業界に特化したSaaS(Software as a Service)「ABEJA Platform for Retail」の提供を開始し、国内100社以上480店舗以上(2018年2月22日時点)に提供し、店舗運営の改善に資するソリューションを提供しております。

この度、「ABEJA Platform for Retail」からサービス名称の変更を行った「ABEJA Insight」は、業界特化型のSaaSであり、小売・流通業界を対象とした「ABEJA Insight for Retail」の他、製造業界を対象とした「ABEJA Insight for Manufacture」および、インフラ業界を対象とした「ABEJA Insight for Infrastructure」を新たにサービスラインナップに加え、2018年2月22日より提供を開始いたしました。「ABEJA Insight for Retail」は、これまでの「ABEJA Platform for Retail」同様、店舗の最適化を目的とし、カメラ等から取得・蓄積したデータを活用し、来店人数カウント、年齢性別推定、動線分析等、来店客行動を可視化しスマートストアを実現するサービスです。「ABEJA Insight for Manufacture」は、製造現場の生産性向上のソリューションとして、完成品・中間製品・材料の自動検品、操縦機器の危険検知、製造機械の故障や異常の予測、商品の仕分け等を提供するサービスです。また、「ABEJA Insight for Infrastructure」は、インフラ設備を監視し安全かつ安定した稼働を実現するソリューションであり、異常診断や故障予測、需要の予測等を提供します。なお、「ABEJA Insight for Manufacture」および「ABEJA Insight for Infrastructure」は、サービス導入に際し、一定のボリュームや解像度等を有するデータの提供が必要であり、必要条件を満たす場合のみ、大量のデータから学習済みモデルを構築、実運用(推論)を行う工程をパッケージ型のサービスとして、安価かつ容易に導入頂けます。

ABEJAは、「ABEJA Insight」の普及を通し、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界におけるAI、特にディープラーニングの適用を促進し、顧客と共にビジネスの効率化・自動化に取り組み、産業構造の変革に貢献してまいります。

【 ABEJA Insight 概要 】
[画像1: (リンク ») ]

名称  : ABEJA Insight(アベジャ インサイト)
提供開始日 : 2018年2月22日(木)

■ 業界別サービス概要
[画像2: (リンク ») ]

名称  : ABEJA Insight for Retail
業界  : 小売・流通業界
ソリューション  : 店舗の最適化、スマートストアの実現
機能  : 1. 来店人数カウント 2. 年齢性別推定 3. 動線分析 4.解析結果の可視化・フィードバック(WEB/アプリ)
価格  : 16,000円(カメラ1台あたり)/月~
[画像3: (リンク ») ]

名称  : ABEJA Insight for Manufacture
業界  : 製造業界
ソリューション  : 製造現場の生産性向上
           1. 完成品・中間品・材料の検品
           2. 操縦機器の危険検知
           3. 製造機械の故障や異常の予測
           4. 商品の仕分け
機能  : 全機能はAPIでの提供となります(ハードウェアなどは含まれておりません)
価格: 60万円/月~
※利用するエンドポイントの数、データ量に応じて料金は変動
[画像4: (リンク ») ]

名称  : ABEJA Insight for Infrastructure
業界  : インフラ業界
ソリューション  : インフラ設備の安全・安定稼働
           1. 異常診断
           2. 故障予測
           3. 需要予測
機能  : 全機能はAPIでの提供となります(ハードウェアなどは含まれておりません)
価格: 60万円/月~
※利用するエンドポイントの数、データ量に応じて料金は変動

【株式会社ABEJAについて 】
ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術はすべて自社で開発しています。コア技術である、AIプラットフォーム「ABEJA Platform」を活用した各種ソリューションを様々な業界に提供する他、小売・流通業界、製造業界、インフラ業界向けのパッケージサービス「ABEJA Insight」の提供を行っています。これまで、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社パルコ等、国内大手小売・流通企業を中心に100社、約480店舗(2018年2月22日時点)以上へのサービス導入の実績があります。また、ダイキン工業株式会社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターや武蔵精密工業等、製造業界との協業も実施しております。

会社名: 株式会社 ABEJA
代表者: 代表取締役社長CEO兼CTO 岡田 陽介
所在地: 東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル10階
資本金: 1,148,518,043円(資本準備金含む)
事業内容: ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業
URL:  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。