スマホ決済サービス「YOKA!Pay」の開始について

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ 2018年02月22日

From PR TIMES

~銀行Pay(マルチバンク対応)による横浜銀行との連携~

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(代表取締役社長 柴戸 隆成、以下「FFG」)は、スマホ決済サービス「YOKA!Pay」(よかペイ)について、福岡銀行では平成30年3月1日(木)から、熊本銀行及び親和銀行では平成30年度上半期を目処に導入することとしましたのでお知らせ致します。



 「YOKA!Pay」は、クレジットカード等のカード決済や事前入金が必要となる電子マネーとは異なり、「スマホを使った銀行口座からの即時引き落とし」を可能とする新たなキャッシュレスの決済手段をご提供するものです。

 FFG各行の「YOKA!Pay」は、株式会社横浜銀行(代表取締役頭取 川村 健一)のスマホ決済サービス「はまPay」と連携し、
[画像1: (リンク ») ]

お互いのユーザーがお互いの加盟店で相互利用可能な銀行Pay(マルチバンク対応)を実現します。
 まずは、福岡銀行の「YOKA!Pay」が平成30年3月1日から「はまPay」との連携を開始します。
 今後も、他の金融機関との連携により銀行Pay(マルチバンク対応)の拡大を進めていき、お客さまの利便性向上につなげていきます。
 FFGでは、地域の事業者及び個人のお客さまに対して「便利でお得な決済手段をご提供」することで、地域に密着した決済プラットフォームを構築し、地域経済活性化への貢献とキャッシュレス化の促進を図っていきます。

■サービス概要
●「YOKA!Pay」では、FFGグループ各行に口座をお持ちの個人のお客さま(以下「個人ユーザー」) が、FFGグループ各行と契約した店舗(以下「加盟店」)でお支払いされる際に、スマホアプリを通じて銀行口座からの即時引き落としによる支払いが可能となります。
●加盟店では、専用の決済端末が不要で、タブレットにダウンロードするアプリ(加盟店向けアプリ)上で決済が完了し、売上代金の早期回収が可能です(銀行翌営業日入金)。
●さらに、クーポン配信や販売履歴を利用したプロモーション展開などの販促活動も可能です。
●また、中国人が日常的に使用している決済サービス「Alipay決済」機能を搭載し、中国人観光客の需要にも対応できる決済環境を提供いたします。
[画像2: (リンク ») ]

■福岡銀行の現在の加盟店一覧
 本サービスの現時点における加盟店は以下の通りです(50音順) 。
[画像3: (リンク ») ]

※ 株式会社大賀薬局の3/1時点での対象8店舗は、渡辺通り1丁目店、ライフストリーム、天神地下街店、福ビル店、福ビル調剤店、博多口店、北天神店、博多バスターミナル店になります。
※ 株式会社大賀薬局が展開している「処方箋送信アプリ」(処方箋をカメラで撮影し、受け取りを希望する薬局に送信することで、希望の時間に薬の受取りが可能となるアプリ)機能を本サービスに搭載しています。株式会社大賀薬局の調剤予約機能のご利用可能調剤薬局は、 3/1時点で福ビル調剤店、北天神店の2店で、順次拡大予定です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ふくおかフィナンシャルグループの関連情報

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ

株式会社ふくおかフィナンシャルグループの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]