【再入荷のお知らせ】高音質&全指向性、WEB会議で大活躍のスピーカーフォン「eMeet」

阿芙株式会社 2018年02月22日

From PR TIMES

楽天市場AFUショップ絶賛熱売中☆彡 (リンク »)

大変お待たせしまして申し訳ございません!!1月に在庫切れになった「eMeet」はたくさんのお客様から、再入荷の予定日についてお問い合わせいただきました。早速業者側にオーダー追加で、生産計画を調整してもらったところ、やっと、今週に再入荷させていただきました。「eMeet」を待っていただき、誠にありがとうございました!!



[画像1: (リンク ») ]



ネットワークの急速な普及に伴い、遠隔会議が当たり前の時代。ところが、相手の声を聞き取りにくかったり、オープンなスペースで雑音が入ってきたり、多人数の会議で一人一人にマイクをつけるのは面倒など、とお悩みではないでしょうか。

ビジネスシーンにおいて、スピーカーフォンの品質がコミュニケーションの効率向上に重要な一環です。それらの問題を解消してスムーズな会議運営をサポートするなら、様々な会社から非常に高い評価を与えられる機種「eMeet」をお勧めいたします。

現在市販されているスピーカーフォンは収音範囲が狭く、音声を認識づらい仕様になっていることが多いです。eMeetはコンパクトながら、半径8m程度の声をしっかり拾えるという広い収音範囲を持っていて、大人数や広い場所でも快適に使えます。

[画像2: (リンク ») ]

特許取得済みのノイズ低減技術やエコーキャンセリング技術により明瞭な音質を再生し、ハウリングの心配がありません。クリアなサウンドで、ストレスなく会議に集中できます。

[画像3: (リンク ») ]



また、6+1の配列方法で全指向性マイクを設計しており、周囲の音を均等に拾うのが特徴です。メンバーの集まる中央付近に置くことで全員の声が自然な形で相手に明朗に伝わり、臨場感がたっぷり!これで、スムーズな双方向会話を実現できます。

[画像4: (リンク ») ]

eMeetは高精度な話者追尾機能も搭載しております。会議中は声の方向を自動的に追尾し、話者の方位を速やかに検出して、一番近いLEDライトが点灯します。多人数で会議をする場合の利用に適しています。

[画像5: (リンク ») ]

会議を開催する前に、会議室の予定とか音響設備を整えるとか、事前準備にかける時間は結構長いですが、eMeetを利用すれば会議がラクになります。パソコンとはUSBケーブルで、タブレットやスマホとはBluetoothで簡単に接続できますので、専用設備が要らなくeMeetさえあれば社内外、移動中、自宅など、場所を問わず遠隔会議に参加可能です。会議室予定の手間を省け、移動中の時間ロスも低減して、業務効率がさらに向上させます。

eMeetはSkypeをはじめ、LINEやFacetimeやwechatなど多数の遠隔会議用ソフト、アプリケーションに対応しています。
[画像6: (リンク ») ]

市販品と比べて洗練されたデザインも注目、円形の薄型ボディはブリーフケースに入れても問題無し、持ち運びやすくて特に社内外で会議の頻度が高い方にはオススメ!5200mAhのリチュームイオン電池内蔵で、最大12時間の連続使用が可能となります。さらに、モバイルバッテリーとしてスマホへ充電できます(iPhone7への満充電は2回以上)。外出先での電池不足の不安をこの1台で解消してきます。

[画像7: (リンク ») ]

そして、eMeetはビジネスシーン以外、日常生活においても大変役に立ちます。例えば、運動や家事や育児で両手がふさがっている場合は何倍も良い高音質な通話が可能です。行楽シーズンのお出かけは、eMeetで好きなBGMを再生すれば、雰囲気もさらに盛り上がることでしょう♪

[画像8: (リンク ») ]

カラーバリエーションは、シルバーとブラックの2色展開で、どんなシーンにもマッチします。

[画像9: (リンク ») ]


上質なコミュニケーションを達成するための便利なアイテムとなって、eMeetは高品質スピーカーと高性能マイクを揃え、コスパに優れて価格を抑えたい方に適します。円滑なビジネスのために、優良な環境を整えていこう!!

★ご購入は楽天市場AFUショップまで: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。