BLADE FIRE DDR4シリーズ 抜群の機能性とライトセーバー効果を

Apacer Technology Inc 2018年02月23日

From PR TIMES



2018年2月23日、台湾、台北 — Apacerはゲーム、オーバークロッキング、MODなど向けのユーザーに最適、LEDライトセーバーを搭載したBLADE FIRE DDR4シリーズを紹介します。
BLADE FIRE DDR4シリーズは、以前発売されたBlade DDR4シリーズの新シリーズです。
まず、ヒートスプレッダーは洗練された金属質感で、その上にはシルバーセーバーが一つの注目ポイントです。上部に搭載したLEDライトセーバーは追加の電源接続を必要としない、ハートビートのような点滅することができます。ユーザに更なる視覚効果をもたらせます。厳選したメモリーチップを搭載し、XMP 2.0モードを対応により、インテル100・200及び最新300シリーズのマザーボードも互換性を持ち、トップレベル性能を引き出せます。
[画像: (リンク ») ]

周波数3200MHzで、最大32GB(16GBx2)装着可能
BLADE FIREは4GB、8GB、16GBの容量をラインナップしています。最大32GB(16GBx2)の容量まで装着できます。BLADE FIREキットは1.2V/2400MHzから1.35V/3200MHz、レイテンシ16-16-18-38の4つの異なるクロックスピード範囲をサポート可能です。
Intel(R) Z170プラットフォームと互換性を持って、1.35Vの省エネ仕様で、効率とパフォーマンスをよりよく上げられます。低レイテンシーはもちろん、低発熱、低消費電力の特徴も備えていて、ユーザーには非常に満足できるスピードで、負荷の高いゲームプレイでも優れた環境を提供できます。

スタイリッシュなデザイン、ハートビートLEDライト
BLADE FIRE DDR4シリーズは質感よくマット仕上げたアルミニウム製のヒートスプレッダーを採用しています。クラシック黒ヒートスプレッダーの上、美しく仕上げたシルバーセーバーと、後方非対称設計のグリップ部は上品さを引き立たせて、スタイリッシュなデザインです。
モジュール上方にLEDラインが設置され、1分間44回ほど、ハートビートのように点滅します。まるで戦場の炎と戦闘用セーバーのように様々なLED点滅パターンを表せます。戦場でのパワフルな勝利と強く精神を具象化して、ユーザーに祝福と輝きを捧げることを表現します。
抜群の機能性と安定性以外、マザーボード上のLEDライトセーバーの視覚効果で、ユーザーに最高な環境と満足をもたらせます。楽しくエキサイティングなゲームプレイエクスペリエンスを体験することができます。是非Apacer BLADE FIREの優れと卓越性を体感してみてください!!


Apacer BLADE FIRE DDR4 製品情報: (リンク »)


CyberMedia Press Centerでもっとニュースを見るなら: (リンク »)


Apacer (アペイサー) について
Apacerは革新的なメモリモジュールのサプライヤーとして広く知られ、その製品は多くのデジタルメディアアプリケーションで使用されています。これまでApacerでは、デジタルストレージソリューション製品の開発を続け、製品設計やカスタマーサービス、ブランド価値、製品経験を統合させる巧みなアプローチを執り、目標へ向けた飛躍的な成長を遂げてきました。Apacerの躍進は革新的で真新しく、また信頼性を備えた製品の提供を絶えず続けてきた結果でもあります。 “Access the Best”はApacerが最高の製品とサービスを提供することで、自身のブランド価値を向上させるべく掲げた企業理念であり、"Access"はその文字通り、データ共有やコミュニケーションといった総合的自由や利便性へのアクセスを、一方で"Best"は比類なき製品クオリティを表しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]