グリットワークス、サーバー販売市場における出荷台数世界第3位のInspurと正規販売代理店契約を締結

株式会社グリットワークス 2018年02月23日

From PR TIMES

~グローバルサーバーの日本マーケット拡大を促進~

グローバルサーバーの販売・サポートを手掛ける株式会社グリットワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関口 眞由美)は、Inspur(インスパー、本社:中国)と正規販売代理店契約を締結しました。



[画像1: (リンク ») ]

株式会社グリットワークスは2018年1月26日にInspur(インスパー)の正規販売代理店となりました。
Inspurの高品質サーバーと株式会社グリットワークスのスマートサポート、スマートデリバリーとの連携により、データセンターのサーバー運用コストや導入コストが大幅にダウンいたします。
グリットワークスとInspurが協業する事で、日本のサーバ市場に参入する足がかりとなることを目指しています。

■Inspurから頂いたエンドースメントのご紹介
Inspurは、株式会社グリットワークスとの協業を心より歓迎いたします。
Inspurの高品質サーバーと株式会社グリットワークスのスマートサポート、スマートデリバリーとの連携により、データセンターのサーバー運用コストや導入コストが大幅にダウンいたします。
株式会社グリットワークスがInspurの正規販売代理店となることで、サーバー出荷台数第3位のInspurが日本のサーバー市場に参入する足がかりとなることを期待します。
Inspur - General Manager of Japan & Korea
Abel Zheng


■Inspurについて
Inspurは中国山東省洛南に本社を置く中国のサーバートップブランドメーカーです。
1945年に設立されて以来成長し続けており、Gartnerの最新のグローバル・サーバー市場レポートでは2017年第三四半期のサーバー出荷台数はグローバルで3位の20万台となりました。
Inspurの主要ラインナップは、サーバー・ハードウェアとクラウド・ソリューションです。
ハイエンド・サーバー、大容量ストレージ・システム、ハイパフォーマンスコンピューティング等の特徴的な製品を開発・製造しており、特にクラウド・コンピューティング関連特許の取得数では世界第1位となっております。
[画像2: (リンク ») ]


■グリットワークスについて
グリットワークスは、クラウド、データセンター、HPC、GPUコンピューティングなどの様々なニーズを満たすべく、グローバルサーバー販売を軸に「スマートサポート」「スマートデリバリー」といったホスピタリティ溢れるサービスで、お客様にご満足いただける事業を展開しています。
(リンク »)
Inspur製品紹介ページ
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]