マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ H-ES50200 を発売

パナソニック 2018年02月27日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、デジタル一眼カメラLUMIX Gシリーズで採用している「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ「H-ES50200」を2018年5月24日より発売します。

本製品は、100-400 mm(※1)の望遠ズームレンズで、ライカの厳しい光学基準をクリアし、F2.8-4.0「ELMARIT(エルマリート)」の明るさを実現しました。非球面レンズ2枚を含む15群21枚構成で、ズーム全域で優れた描写特性を実現し、スナップ撮影から野生動物、スポーツまで望遠が必要なシーンで高画質撮影ができます。レンズ本体は、小型軽量設計を実現し、防塵・防滴仕様(※2)やマイナス10度の耐低温性能にも対応し、不用意なフード外れを防ぐ「フードロック」も採用しています。また、別売の2.0xテレコンバーター(※3)を装着すれば最大で800 mm(※1)の超望遠撮影もお楽しみいただけます。さらに、4K動画撮影中のズームやパンニング時の露出変化制御、AFサーチ時の高速・高精度・静音化を実現し、快適な動画撮影をサポートします。

本製品の発売により、パナソニックの「マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ」は31本となり、レンズ交換による表現の楽しみをさらに拡げていきます。撮影目的やスタイルに合わせてボディとレンズの組み合わせが拡がることで、カメラ愛好家から初めてデジタル一眼を手にされる方まで、幅広い方に写真撮影や動画撮影の楽しみを提案します。

<特長>
1. ズーム全域で高画質、美しいボケ味を活かした撮影ができる開放F値2.8-4.0 「LEICA DG VARIO-ELMARIT」レンズ
2. 望遠100 mm(※1)から400 mm(※1)までの領域をカバーし、更にテレコンバーター(※)に対応した望遠ズームレンズ
※ 1.4xテレコンバーター、2.0xテレコンバーターは別売オプション
3. 最新の光学設計と高速・高精度AFで4K動画撮影をサポート

【品名】マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ
【品番】H-ES50200
【メーカー希望小売価格(税抜)】255,000円
【発売日】2018年5月24日
【月産台数】1,500台

※1 35 mm判換算。
※2 パナソニック製防塵・防滴対応カメラボディに装着時。
※3 テレコンバーター DMW-TC20 装着時、F値が2段分暗くなります。2018年2月22日発売。

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 アプライアンス社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 広報課
電話:03-5781-4183(直通)

【商品に関するお問い合わせ先】
LUMIX・ムービーご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-638(受付9時~20時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ H-ES50200 を発売(2018年2月27日)
(リンク »)

<関連情報>
・パナソニック デジタルカメラ ルミックス
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。