不慣れなお客様がご利用しやすい旅行者向け券売機を導入します。

東京メトロ 2018年02月27日

From PR TIMES

3月27日(火)銀座線上野駅から69駅に順次導入

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:山村 明義)では、近年増加を続ける訪日外国人のお客様をはじめ当社線ご利用の不慣れなお客様が、わかりやすく安心してご利用いただけるよう旅行者向け券売機を導入します。2018年3月27日(火)から昨年12月にリニューアルした銀座線上野駅を皮切りに、旅行者のご利用が多い浅草駅などに順次導入してまいります。



[画像1: (リンク ») ]

本取り組みは、2016年から東京都交通局と共同で開発・施行運用に取り組んできたもので、試行運用時の機能に新たに、「ピンインによる駅名検索機能」及び「待機画面への金額ボタン」を搭載します。
また、上野駅、浅草駅、銀座駅に設置する旅行者向け券売機は、家族やグループで利用の方でも画面が見やすくなるよう通常の券売機よりも大きい32インチの大型ディスプレイを採用しました。
今後も、地下鉄をわかりやすく快適にご利用いただき、日本はもとより海外からのお客様にも東京を存分に楽しんでいただけるよう努めてまいります。
[画像2: (リンク ») ]

「旅行者向け券売機」詳細について
1 導入日及び導入駅
2018年3月27日(火)から上野駅を皮切りに浅草駅、銀座駅等旅行者の利用が多い69駅に順次拡大
2 画面サイズ
21.5インチ・32インチの2種類
※32インチは、家族やグループでのご利用の多い上野駅、浅草駅、銀座駅に設置。
3 対応言語
7か国語
日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、フランス語、スペイン語、タイ語
4 主な機能
(1)乗車券購入方法
○路線図で探す 駅名を探して選択
[画像3: (リンク ») ]

○観光スポットで探す 観光目的のお客様が多い浅草や東京スカイツリーなどの観光スポットから選択(目的地までの乗車経路を表示し、さらに到着駅から目的の観光スポットまでのルート案内を表示)

[画像4: (リンク ») ]

○駅名で探す 予測変換により駅名を探して選択
※中国人旅行者のお客様に向けて、ピンインによる入力が可能となります。
[画像5: (リンク ») ]

○ナンバリングで探す 各路線から駅ナンバーを探して選択
(2)チャージ
チャージ金額を設定しなくても、投入した金額を自動でカウントし、一部又は全額をチャージできるようになります。
(3)おトクな乗車券購入
東京メトロ24時間券、東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券、東京フリーきっぷをお買い求めいただけます。
[画像6: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東京メトロの関連情報

東京メトロ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。