Innodiskインダストリアルモジュール全シリーズの新製品を発表ソフトとハードの相互接続性を高め積極的に市場に進出

innodisk 2018年02月27日

From PR TIMES

インダストリアルFLASH,DRAM製品ラインナップ、新製品がドイツEmbedded Worldで大きな注目を集める



[画像1: (リンク ») ]

2018年2月27日、台湾、台北– ワールドワイドのインダストリアルモジュールリーディングカンパニーであるInnodiskは、長年に渡ってインダストリアルモジュール領域を開発し、製品を全世界に販売、昨年インダストリアルコントロールソフトウェアプラットフォームiCAPを大々的に発表したことに続いて、今年2月のドイツEmbedded Worldの開催期間中に、業界をリードするインダストリアルSSDの新製品を発表、その中でも世界最小のメモリモジュールOcuLinkDOM、最新NVMeSSDシリーズ製品および3D NANDフルレンジインダストリアルモジュールが多くの注目を集めています。Innodisk Corporation Randy Chien(Chairman)は、この会議で自らiCAPのオペレーションを実演し、「ソフトとハードを統合し、ソフトとハードの相互接続性を高める」という戦略を示しました。

[画像2: (リンク ») ]

Innodisk Corporation Randy Chien(Chairman)

Innodiskは今年2月27日にドイツEmbedded Worldに出展し、その会期中に世界最小でPCIe Gen3 x2に対応したメモリモジュールOcuLinkDOMを発表しました。サイズの優位性だけでなく、配線も不要でプラグアンドプレイに対応し1Uサーバーに使用可能であり、大きな可能性を秘めています。また、Innodisk最新のNVMe M.2 SSD製品は、PCIe Gen 3 x2およびPCIe Gen 3 x4の2種類の規格対応品をリリースし市場を積極的に獲得、独自のデータセキュリティファームウェア技術であるiData GuardおよびiCellに対応しているだけでなく、2242/2280からサイズを選択可能で、低消費電力、高速放熱を実現、SATAが次世代のインダストリアルモジュールのトレンドとなることが期待されています。


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

昨年、インダストリアルIoTに向けてiCAPソフトウェアプラットフォームを発表した後、Innodiskは「ソフトとハードの相互接続性の向上」戦略をかかげ、プラットフォームの優位性によりグローバルチェーン小売業界への参入に成功しました。FLASH事業部門のシニアディレクターであるCharles Leeは、「インダストリアル4.0の自動化およびスマートファクトリー等の傾向に付随して、2018年の業界の需要は徐々に現れてきており、サーバーとインダストリアルコンピュータ機器のビジネスについては楽観的で、今年Q2末にリリース予定の3D NANDフルレンジインダストリアルモジュールにより、全世界のミリタリー、航空、車載、ゲームおよび監視等のオートメーション産業の受注を積極的に狙っていく。このほかにも、大型機器や車両管理用車載システムCAN Bus J1939拡張モジュールのアプリケーションにおいても世界市場への参入に成功しており今後についても可能性がある」と語っています。

[画像5: (リンク ») ]

ワールドワイドでインダストリアルモジュールの主力製造会社であるInnodiskは、市場の要求に応える形で、昨年末に宜蘭サイエンスパーク内に宜蘭工場を新設、4つの生産ラインを増設して今年の生産増大に備えています。FLASHシリーズ、アンチサルフェーションDDR4および車載システムCAN bus J1939モジュール等を含んだ新製品も順次リリースされ、Q2に宜蘭工場が稼働されることで重要な助力となり、全体のパフォーマンスが向上することが期待されます。

展示会情報
2018 Embedded World
開催地:ドイツ・ニュルンベルク(Nuremburg, Germany)
開催日:2018/02/27~2018/03/01
ブース位置:Hall3A-531

Innodisk新製品展示情報

世界最小PCIe Gen3x2対応メモリモジュールOcuLinkDOM
Intel等のメジャーブランドが積極的にOcuLinkを導入していることに付随し、関連製品は将来サーバーおよびインダストリアルコンピュータ業界の中心となっていくと予想されます。現在Innodiskは業界をリードしており、世界最小でPCIe Gen3 x2に対応したメモリモジュールOCuLinkDOMをリリース、コンパクトで1Uサーバーに直接使用することが可能、追加の配線も不要で、軽量で、且つ高速という究極の目標を容易に達成する完全な基板エッジデザインとなっています。

NVMe SSDシリーズデビュー
InnodiskはEmbedded World会期中に最新のNVMe M.2 SSD製品である、3TE2および3TG2-Pをリリースし、PCIe Gen 3 x2およびPCIe Gen 3 x4の2種類の規格により市場を積極的に狙います。市場予測によると、将来的にはコスト効率の高いPCIe Gen 3 x2がSATAのスピードのボトルネックに取って代わり、業界のメインストリームになると予想されます。Innodiskがリリースする3TE2は速度が向上する以外に、低消費電力/高性能かつ高速動作時の過熱の問題もなく、2242/2280のサイズが選択可能で、各種インダストリアルアプリケーション市場に積極的に参入します。3TG2-Pは、最大3,000Mbpsの書き込み速度を持ち、独自のファームウェアテクノロジーであるiData GuardおよびiCellにも対応しており、最も完全なデータ保護を提供します。

Innodisk独自のiCAPインダストリアルコントロールソフトウェアプラットフォーム
昨年、インダストリアルIoTに向けて、iCAPソフトウェアプラットフォームを発表した後、多くの業界より注目を集め、現在既にグローバルチェーン小売業界およびインダストリアルオートメーションへの参入に成功、ユーザーは直感的なユーザーインターフェースで、ネットワークを介してウェブブラウザにより直接各種リモート機器の状態を簡単に監視することが可能となります。このほか、iCAPはコンテンツ置換機能等の設定追加といった各種のカスタマイズサービスも提供。将来的にはオートメーション業界、小売業界、運送業界および監視分野においてもクラウド管理の優位性が浸透していくものと思われます。

アンチサルフェーションDDR4 2666
ネットコミュニケーション、鉱業、石油化学製品、車載および航空宇宙産業等インダストリアルコンピュータはしばしば汚染された大気に曝され、サルフェーションによるシステムの故障が発生します。Innodiskのアンチサルフェーションメモリモジュールはインダストリアルグレードの金メッキ30umゴールドフィンガーを採用し、保護コーティング、広温度範囲対応、サイドフィル等のオプションにも対応し、過酷な条件下での完全な保護を提供致します。空気中の各種有害物質から有効に隔絶可能で、サルフェーション抵抗による製品の問題を解決、かつ伝送速度最大2,666MB/sに達し、劣悪な環境下でも優れた性能を発揮します。

CAN Busコミュニケーションインターフェース拡張モジュールJ1939
車載システムにおいては、InnodiskはCAN BusシステムのJ1939インダストリアルコントロールモジュールをリリース致しました。車速/燃料消費量/エンジン温度およびエンジン回転数等の車載診断情報を動的に表示が可能となり、さらにiCAPソフトウェアと共に使用することで運転状況等の情報をリモートに送信し閲覧することが可能となります。全てのシリーズは広温度範囲対応と絶縁特性を備えており、過酷な環境下で最大2,500Vまでの耐高電圧/サージ保護、-40~85℃の環境下での完全な動作が可能で、大型機械、鉱業、フリート管理など様々な産業において広く使用することが可能で、現在すでに世界中で成功事例があり、継続してカーネットワークのビジネスチャンスを攻め続けています。

M.2 2242 通信カード
マザーボードの発達とシステム小型化のトレンドに対応するため、InnodiskはM.2 2242規格でインダストリアルグレード広温度範囲標準(-40~85℃)に対応したシリアル拡張カードとネットワーク通信カードを発表し、車載、オートメーション、小売りおよび医療等の業界に向けたより完全な拡張カードソリューションを提供します。Innodiskシリアル拡張カードはドーターボードの追加は不要で、ソフトウェアによってRS232/422/485の3種類のモードを切り替え可能です。GbEネットワークカードはハードウェア高電圧アイソレーション設計となっており、最大2,000ボルトの電気的衝撃に耐えることができ、ボード面積も35%大幅に縮小、小型システムでの統合は容易になります。

CyberMedia Press Centerでもっとニュースを見るなら: (リンク »)

innodisk(イノディスク)について
2005年に台北本社を設立、製品は世界各地に出荷し、アメリカ、中国、ヨーロッパならびに日本等にエリア事業所を設けており、インダストリアルデータストレージおよびメモリモジュールの世界的なブランドリーダーとしての地位を確立、フォーブス社によるアジア優良企業200社のうちの1社にも選ばれています。弊社製品は、航空宇宙、国防、運送、クラウドストレージ等の各種産業用組込製品に幅広く言使用されており、プロフェッショナルなソフト/ハードおよびファームウェアチームが各顧客向けに最適なソリューションを提供します。Innodiskの関連製品、技術およびアプリケーション等の詳細については以下のウェブを参照してください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。