フルサイズ一眼レフカメラ用交換レンズ「opera 50mm F1.4 FF」を発表

株式会社ケンコー・トキナー 2018年02月28日

From PR TIMES

CP+2018にて出品

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区 代表取締役社長:山中 徹)は、フルサイズ一眼レフカメラ用の交換レンズとして「opera 50mm F1.4 FF」を発表いたします。
「opera 50mm F1.4 FF」は明日よりパシフィコ横浜にて開催されるCP+2018のケンコー・トキナーブースにて参考展示いたします。




[画像1: (リンク ») ]


株式会社ケンコー・トキナーは、トキナーレンズ( (リンク ») )のラインナップのひとつして、新レンズを発表いたします。

品名 希望小売価格 発売日
opera 50mm F1.4 FF ニコンF 未定 2018年夏発売予定
opera 50mm F1.4 FF キヤノンEF 未定 2018年夏発売予定

特長
トキナーの新シリーズ「opera」は、フルサイズ一眼レフに向けた高級レンズの新たなシリーズ。
「opera 50mm F1.4 FF」はフルサイズ機対応(FF=フルフォーマット)で、AF駆動はリング型超音波モーター。随所にシーリングを施し、レンズとしては防塵・防滴仕様を実現しています。トキナーレンズ初、ニコンマウントに電磁絞りを採用しました。ピントリングの回転方向はニコン用、キヤノン用ごとに設定しています。


Tokina operaシリーズとは
[画像2: (リンク ») ]


近年のデジタル一眼レフカメラ(DSLR)の画質、性能向上には著しいものがあります。高画素センサーをはじめとする最新テクノロジーを搭載した、フルフレームハイエンドデジタル一眼レフカメラの性能をあますところなく発揮するためには、それに最適化された設計のレンズで撮影することが必要です。そんな新世代フルフレーム一眼レフカメラのために特別に開発された新世代プレミアムレンズ、それが'opera(オペラ)'シリーズです。
従来から高い評価をいただいているTokina AT-Xシリーズに加え、今後フルフレーム対応上位モデル群として、Tokina operaシリーズを拡充してまいります。
'opera(オペラ)'という言葉は、現代では舞台総合芸術の一ジャンルとして使われることが多いですが、本来イタリア語で「仕事」「作品」という意味を持つ言葉です。
舞台芸術の'Opera(オペラ)'は、もともと'Opera musicale (音楽の作品)'と呼ばれていたものが省略されてこの語義が生じたものです。また、'Opera'の語源はラテン語の'Opus'にさかのぼることができ、現在においても'Magnum opus'、'Opera Magna'は「大作」「傑作」の意味で使用されることがあります。私たちは'opera'という語に『作品』『傑作』を創造するためのレンズ」という意味を込め、一眼レフカメラ用プレミアムレンズのシリーズ名として採用することにしました。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ケンコー・トキナーの関連情報

株式会社ケンコー・トキナー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]