AIの京都観光案内、チャットボット「Kyoto Guide ENA」の実証を開始

株式会社 FKAIR 2018年03月01日

From PR TIMES

外国人観光客によるインバウンド需要の取込みをAI チャットボットとの会話から実現、ユーザーの行動情報を人工知能(AI)で解析し、混雑予測などの行動予測やマーケティングに利用する

人工知能(AI)スタートアップの株式会社FKAIR(エフケアー)(本社:京都市下京区)と京都府南丹広域振興局が外国人観光客向けのAIチャットボット「Kyoto Guide ENA」の実証実験を開始する。JR亀岡駅観光案内所、トロッコ亀岡駅観光案内所、京都総合観光案内所(京ナビ)にチラシを配布、外国人観光客への利用を促す。



年々増加する海外からの観光客に、英語や中国語など外国語で応対するインフォメーションセンターの人材確保が急務で、そのニーズに合わせてAIチャットボットを株式会社FKAIRが開発した。まずは英語のテキスト入力でのチャットボットをリリース、日本語や中国語などへの多言語対応や音声入力・発話対応も順次実装予定。 
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


「Kyoto Guide ENA」はユーザーの位置情報を取得することで、「近くのおみやげ屋はどこ?」のような問いかけに的確に回答し、「保津川下りへの行き方は?」などにもアドバイス。京都観光に必要な情報を教えてくれる。

チャットボットから収集したユーザー情報をAIで解析しマーケティングや行動分析に利用するのが狙い。また、AIによる施設の混雑予測などのデータとして活用する。

[画像2: (リンク ») ]


今後このチャットボットが自ら対話文を作り出し、ユーザーと自由に対話をしながらユーザの要望に応えるパーソナルAIに成長していくというコンセプトで、これが完成すれば世界にないAI技術の誕生となる。
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]