新たな事業創出を目的とする合弁会社の設立について

パナソニック 2018年03月01日

From PR TIMES

Scrum Ventures(スクラムベンチャーズ 以下、SV社)とパナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、新規事業の創出促進を目的とした新会社「株式会社BeeEdge(ビーエッジ)」を設立します。

新会社は、米国サンフランシスコをベースに、シリコンバレーと日本でアーリーステージのスタートアップへの投資を行うSV社と、新規事業の創出を目指すパナソニック家電事業部門のアプライアンス社が共同で出資、運営します。SV社は、最先端トレンドへの知見、新規技術・ビジネスモデルに対する情報収集力を駆使し、さまざまな事業化支援を行ってきました。パナソニックは、家電を中心とした製品提案でお客様のくらしに貢献するだけでなく、近年では次世代の家電ビジネス創出に向けた新規事業の創出にも注力しています。

今回設立した新会社は、お客様ひとりひとりに寄り添いながら、新しいくらしを提案していくため、まずパナソニック社内の有望な新規ビジネスアイデアを切り出して事業会社化するスタートアップを中心に出資し、適切な支援を行うことなどによるスピーディーな事業化を実現します。

<合弁会社概要>
【社名】株式会社BeeEdge
【代表取締役社長】春田 真
【本社所在地】東京都港区浜松町1-17-14
【設立予定日】2018年3月
【資本金】1億円 出資比率:SV社:51%、パナソニック:49%
【役員構成】
代表取締役:春田 真(SV社 Partner)
取締役:宮田 拓弥(SV社 General Partner)
取締役:深田 昌則(パナソニック Game Changer Catapult)
監査役:木下 歩(パナソニック コンシューマーマーケティング ジャパン本部)
事業内容:スタートアップに対する投資・事業化支援

尚、パナソニックはScrum Ventures Fund IIIへの出資を予定しています。

※Scrum Venturesについて
Scrum Ventures(本社:米国サンフランシスコ州 ジェネラルパートナー:宮田拓弥)は、シリコンバレーにおいてアーリーステージのスタートアップに投資する日系のベンチャーキャピタルとして2013年に創業し、主にMobility、Fintech、IoT、VR、コマース、ヘルスケアなど幅広いカテゴリーで革新的な50社を超えるスタートアップに投資を実行してきました。加えて、シリコンバレーのスタートアップや著名ベンチャーキャピタルとの積極的な関わりを通じ、戦略的投資機会の創出、および企業内の新規事業開発に役立つ仕組みを提供しています。

▼[プレスリリース] 新たな事業創出を目的とする合弁会社の設立について(2018年3月1日)
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。